MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ 広島県信用組合 キャリアカレッジジャパン
  • 広島県信用組合 キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース タイ観光案内サイト
  • セールスフォース タイ観光案内サイト 三共ディスプレイ
  • タイ観光案内サイト 三共ディスプレイ 広島県信用組合

ご挨拶 テーマ1チーム強化と選手育成について 質疑応答1 テーマ2サッカースタジアム建設について

テーマ3試合運営について テーマ4顧客戦略部の取り組みについて 質疑応答2

試合運営について(運営部長 山西博文)

 昨季は多くのお客様にエディオンスタジアム広島にご来場、熱いご声援をいただき、誠にありがとうございます。試合運営にあたっては、ご不便をかけた点が多々あったかと思います。改めてお詫びを申し上げます。今季は安心・安全、そして快適なスタジアムづくりを目指し、少しでも皆さまのご期待に沿えるよう、努力してまいりますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、皆さまの質問にご返答させていただきます。「試合運営関連」「交通アクセスについて」「スタジアムの施設改善について」。この3つについて、お話しします。

〈1.試合運営関連〉

★待機列のシートチェック開始時間について

 現在は開場の1時間前から行っていますが、早すぎるという意見を多くいただきました。これについて皆さまのご要望に少しでもお応えできればと思い、15分前倒しして、開場45分前にシートチェック、という形に変更させていただきます。待機列の整理時間、先行入場後の一般入場開始時間を考え、このような判断となりました。

★シート割りの一部変更について

 メインスタンドのシート割りを一部変更いたします。「SA指定席(ホーム・ビジター東)」の一部を「SA指定席ビジター」とし、「SA指定席ホーム東」と2つに分けます。また、「ビジターシート」の一部を「SBビジターゾーン指定席」に分けます。したがって、メインスタンド側のSS指定席からアウェイ側に向かって、(1)SA指定ホーム東(2)SA指定席ビジター(3)SBビジターゾーン指定席(4)ビジターシート、の並びになります。これはセキュリティーの観点から、ホームのサポーターの方とアウェイのサポーターの方が、できるだけ混在しないようにと考えての変更です。

★再入場の運用継続について

 一昨年まで再入場はシーズンパスご購入の方のみを対象としていましたが、昨年からすべての方を対象としました。週末の試合では平均3500人弱、多いときで6000人以上の方にご利用いただきました。1試合につき4人に1人はご利用いただいた計算になります。皆さまにはご好評いただいており、場内・場外のにぎわいの創出にもつながっていると考えています。今後も引き続き、すべての方を対象に再入場を継続していきたいと考えています。

 ただ、このサービスを導入するにあたり、一昨年以上に「席取り」の案件が増えています。席を取ってから、外に出て再入場するために席を離れるわけで、防ぎようのないことだと認識しておりますが、今後は開場後の「複数の席をまたいでの席取り」はご遠慮いただくよう、継続的に注意喚起をしていきます。

〈2.交通アクセスについて〉

 スタジアム周辺の環境についてですが、「西風新都そらの」に、中四国最大ともいわれるイオン初のアウトレットモールが、この4月にオープンすることになっています。さらに「西風新都こころ」の空き地も、工事着工の予定が入っており、現在お借りしている臨時駐車場も、今季途中から使用できなくなる可能性があります。

 そういった状況を鑑みて、当クラブとしては臨時駐車場を有効活用するため、また、利用される方のご不安やご不便を解消するために、お出かけになる前に臨時駐車場を予約できるサービスの導入を検討しています。事前に申し込みをされた方が安心して確実に臨時駐車場を利用できるよう、準備を進めております。申し込み方法、料金などの詳細は現在、関係各所と調整中ですので、決まり次第、ご案内したいと思っております。

 これに伴い、公共交通機関での来場促進や、選択肢を増やすための仕掛けづくりを、関係団体と一緒になって行うことが必要になってくると考えております。本年も広島駅様、ゆめタウン廿日市様のご協力の得ての直行バスの運行、また広島電鉄、アストラムライン・広島高速交通様と共同で行っている「公共交通機関でスタジアムに行こうキャンペーン」などを継続していきたいと考えております。

〈3.エディオンスタジアム広島の施設改善について〉

 Jリーグのスタジアム検査基準を満たしていない洋式トイレ、観客数の個席数について、広島市に改善を進めていただいております。

 トイレの洋式化工事の着工は平成30年度を予定しており、工期は10カ月と想定されています。和式トイレ144室が洋式トイレ144室に改修されます。ちなみに、「観客1000人につき、少なくとも5室」としているJリーグの基準からすると、144室は2万8800のお客様に対応できる規模ということです。

 メインスタンドのベンチ席の個席化工事は、平成30年度から31年度の2年間の工期が想定されています。併せて通路、階段部分の防水シートの老朽化に伴う改修も行われます。これにより、現在のSS指定席の個席は1848席ですが、5000席に改善されます。工期は、Jリーグの試合運営に影響のないようにご配慮いただきます。

 以上がご質問に対するお答えです。今後とも皆さまのご理解・ご協力をいただきながら運営を進めていきたいと思っております。

テーマ4 顧客戦略部の取り組みについて>

ページのTOPへ