MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ 広島県信用組合 キャリアカレッジジャパン
  • 広島県信用組合 キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース 三共ディスプレイ
  • セールスフォース 三共ディスプレイ 広島県信用組合

クラブ全般について テーマ1チーム強化について テーマ2サッカースタジアム建設について 質疑応答1

テーマ3試合運営について テーマ4イベント・チケット販売などについて テーマ5グッズ販売について 質疑応答2

試合運営について(運営広報部長 山西博文)

【試合運営について】

 日頃よりエディオンスタジアム広島にお越しいただき、熱い応援、本当にありがとうございます。改めて感謝申し上げます。今シーズンも安心・安全・快適なスタジアムを目指して頑張っていきたいと思っております。

 運営部として今回、大きく3つに分けて話をさせていただきます。1つめが試合運営関連。2つめが交通アクセス。3つめがスタジアムの改修についてです。

 1つめの試合運営関連で、ご質問があった件です。試合前日の入場待機列の開始時間について、現在、試合前日の18時に場所取りの開始をしておりますが、季節によってはかなり暗くなることもあり、時間を変更してほしいという要望がございました。これにつきましては、試合前日は会場周辺の設営の準備時間や、さらに平日は働いている方もいらっしゃいます。そうしたことを含めて考慮したうえで、18時に設定させていただいた経緯がございます。我々としては今後も18時で進めさせていただきたいと考えておりますので、ご理解いただければと思います。

【交通アクセスについて】

 続いて2つめの交通アクセスの件、これは皆さまに日頃よりご迷惑をおかけしている点です。まず臨時駐車場についてですが、現在は約2,000台分が確保できています。広域公園内に約700台、昨年から広島修道大学様にお借りしている分などが合わせて1,500台、計2,000台あまりで運営しております。ただ今後、皆さまもご存知かと思いますが、2016年まで臨時駐車場として利用していたメリィハウス様も建物が完成していますし、セブン−イレブン横のスペースも、お店が2020年にオープンする予定とうかがっており、近々工事に入る予定です。すべてがなくなるわけではありませんが、一部使えなくなることになっています。少しずつ減っていく中で、我々も今後、対策を練っていきたいと考えております。

 ちなみにここ数年、最も臨時駐車場が多かったのは2012年です。臨時駐車場で4,100台を確保できており、広域公園内の744台を足すと、約5,000台を確保できていました。当時は、昨年から導入している事前申込制度がなく、すべて無料で、それでもある程度は対応できていたのですが、臨時駐車場が2,000台分から今後も減っていく可能性がある中で、運営をどう進めていくかが、今後の課題になっています。そういったことを鑑みて、昨年から安心してお車でお越しいただけるように、臨時駐車場の事前申込制度を導入しました。導入後は大きなトラブルもなく、安心してスタジアムまで車で行けると、非常に好評です。また周辺の交通渋滞、不法駐車、車による騒音問題の緩和にもつながっていると思っています。

 また、スタジアムオンライン調査というアンケートの結果で、2017年と2018年を比較すると、スタジアムまでの所要時間が2時間以上かかったという方が、2017年は14.1%、2018年は10.0%で、マイナス4.1%です。駐車場だけの問題ではないと思いますが、かなり短くなっています。次に、スタジアムでの滞在時間が、2017年が平均281分間、2018年が253分間で、約30分、短くなっています。2017年までは、お車が停められるかどうか分からず、かなり早めにお越しいただいていたため、滞在時間が長くなっていたと考えております。それが短くなっているということは、余裕を持ってお車でお越しいただいているのではないかと思っています。アクセスの満足度も、わずかですが0.05%アップしています。また別の集計では、1台の乗車人数が2017年は1.77人、2018年は2.15人でした。有料になったことで、乗り合わせてお越しいただいているという結果です。

 今後のアクセス対策については、当然ながら臨時駐車場を少しでも増やしていくことになると思います。もう一つは公共交通機関に関して、関係団体と一緒に進めていくことが我々の課題です。2019年も広島駅、廿日市のゆめタウン様から直行バスを運行しておりますし、アストラムライン様と共同での「PASPYでスタジアムに行こうキャンペーン」など、年間を通じて公共交通機関の利用促進を図っていきたいと思っています。公共交通機関の利用率は、2017年が全体の30.82%、2018年は33.73%で、前年比で2.91%増えているのは、それまで車でお越しいただいていた方が、駐車場が減っていることもあり、公共交通機関を利用されているものと思われます。限られた駐車スペースの利用をどう進めていくかと、公共交通機関の利用をどう促進していくかが今後の我々の課題です。

 なお駐車場の新規スペースとして、4月以降になりますが、NEC広島西風新都システムセンターの社員駐車場を一部、週末だけですが、87台借りられる予定になっております。さらに、昨年のホーム最終戦で実施しましたが、THE OUTLETS HIROSHIMAの社員様が利用される駐車場の一部をお借りすることも考えております。バス会社様の運転手の確保が大変なため、シャトルバスの運行が難しいのですが、そこがクリアできれば、利用していきたいと考えております。

【スタジアムの改修について】

 続きまして3つめ、スタジアムの改修についてです。2018年度は3月末まで洋式トイレへの改修を進めており、観客席のベンチシートから個席への改修は終了しました。トイレの洋式化は2018年6月からスタートし、年度末で終了しますが、改修前の和式トイレの数は計144室、男子が28室、女子が110室。洋室は計30室で、男子が8室、女子22室、合わせて174室でした。これが、洋式は計148室、男子28室、女子120室となり、和式は計20室、男子8室、女子12室で、合わせて168室になります。Jリーグの基準は、観客席1,000席に対して少なくとも5室ですので、計168室は、2万9,600人のお客様に対応できる数字です。

 ご質問にもありましたが、混雑時の、特に女子トイレの運用については、今季からハーフタイム中に案内スタッフを配置して、お客さまにスムーズにご利用いただけるように対策を講じております。まだ十分に要領良く運用されていないようなので、改善していきたいと思っております。

 次に、ベンチシートの個席化についてです。AFC=アジアサッカー連盟のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の規定では、個席が5,000席以上あることが試合開催におけるスタジアム基準となっています。エディオンスタジアム広島は、改修前の個席はSS席だけ、1,848席しかなかったため、それを残したうえで、まずメインスタンド側を改修しました。2018年シーズン終了後、昨年11月末からスタートして、2019年2月上旬に工事が完了、メインスタンド側の個席はSS席を含めて6,015席になりました。これでスタジアム基準をクリアしましたので、ACLで使用することが認められています。さらに、バックスタンド側の4,985席を個席化し、合わせて1万1,000席が個席となりました。

 今シーズンも選手・スタッフ・フロントが一丸となって、最後まで勝利を信じて戦っていきたいと思っておりますので、熱いご声援を引き続き、よろしくお願いいたします。

テーマ4 イベント・チケット販売などについて>

ページのTOPへ