MAZDA Be a driver
  • ハイセンス 三共ディスプレイ 日本HPオンラインストア
  • 三共ディスプレイ 日本HPオンラインストア キャリアカレッジジャパン
  • 日本HPオンラインストア キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース フレスタ
  • セールスフォース フレスタ ハイセンス
  • フレスタ ハイセンス 三共ディスプレイ

06月25日(土)

2016  明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第17節   ヴァンフォーレ甲府戦

Last Update:2016/06/26

ヴァンフォーレ甲府

サンフレッチェ広島

#0
0 前 半 1
#3
0 後 半 2
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK戦 -
得 点 :16 柴崎晃誠
:74 塩谷司
:80 ピーター・ウタカ
10 シュート 11
9 G K 9
4 C K 6
14 直接FK 14
4 間接FK 2
4 オフサイド 2
0 P K 0
:13 橋爪勇樹
:70 松橋優
警 告 :62 柴崎晃誠
:65 丸谷拓也
退 場
OUT IN   OUT IN
64津田琢磨田中佑昌交代選手64佐藤寿人キム・ボムヨン
78稲垣祥吉野峻光86浅野拓磨茶島雄介
79チュカ熊谷駿88ピーター・ウタカ皆川佑介
Pos No. PLAYER   Pos No. PLAYER
GK1河田晃兵先 発GK1林卓人
DF5新里亮DF33塩谷司
DF3畑尾大翔DF5千葉和彦
DF17津田琢磨DF8森崎和幸
MF28橋爪勇樹MF18柏好文
MF20黒木聖仁MF28丸谷拓也
MF27ビリー・セレスキーMF16清水航平
MF16松橋優MF10浅野拓磨
FW23稲垣祥MF30柴崎晃誠
FW11チュカFW11佐藤寿人
FW10クリスティアーノFW9ピーター・ウタカ
GK31岡西宏祐控 えGK13増田卓也
DF29渡邉将基DF23吉野恭平
MF7石原克哉MF27キム・ボムヨン
MF14田中佑昌MF34高橋壮也
FW15吉野峻光MF31宮吉拓実
FW25森晃太MF25茶島雄介
FW26熊谷駿FW22皆川佑介
佐久間悟 監 督 森保一
DATA
日時 06月25日(土)19:04 キックオフ
天気・気温 曇、弱風、気温26.6℃、湿度51%
場所 山梨中銀スタジアム
入場者数 11,816人
芝状況 全面良芝、乾燥
主審 上田益也
副審 五十嵐泰之、西尾英朗
第4の審判 榎本一慶
試合監督コメント

森保一 監督

森保一 監督
 
今はけが人が多かったり、出場停止などで選手が欠けていく中、試合に絡める選手たちは今日は厳しい試合になると覚悟して最善の準備をしてくれた。選手一人一人が自分の良さを出す、チームの戦術を理解してプレーする、チームとしてお互いを支え合ってプレーするということを90分間続けてくれたことで今日の勝利につながったと思う。

また、今日は我々がこのアウェイで戦う中でもスタジアムに入るところから多くのサポーターの方々が出待ちをしてくれて我々を鼓舞してくれた。試合の入りから良いモチベーションを持たせてくれたサポーターの方々に感謝したい。今日は失点をしてもおかしくない局面が何度もあったが、そこを粘り強く最後まで戦い抜けたのはサポーターの皆さんの応援のおかげだと思っている。サポーターの皆さんにも今日の勝利を喜んでいただけたことを嬉しく思うし、応援に感謝したい。

(今日はシステムを2トップにして戦ったが)選手には「どういう形で戦っても我々はやれるんだというところを示していこう」と。もちろん、システム上の役割は多少は変わるが、試合の流れの中ではシステム云々ではなく、攻撃、守備になった時に、その状況に合わせたポジショニングを判断してプレーすることが大切。今日はシステムが変わる中でも選手たちはやってくれたと思う。[4−4−2]システムでも[4−2−3−1]システムでも、いろんな形に対応できる柔軟さを選手たちは見せてくれたと思う。

今日の成果としては、これまでと違ったシステムで戦う中で攻撃ではより多くのチャンスを作ることができた。先制点もまさにトレーニングから選手たちがお互いの意思疎通を高めてくれたコンビネーションでの得点だった。ただ、カウンターを受けるシーンが何度かあった。カウンターを受けるのは覚悟の上だったが、それでももっと攻撃のクオリティーを上げていけばカウンターを受けることなく攻撃を完結する良い試合の進め方ができたと思う。

守備面においては、カウンターを受けないようにすることは考えないといけない。ただ、カウンター攻撃を受けた時には、選手たちは慌てず、とにかく最後はゴールを割らせないように攻撃の芽を摘むこと。最後まで粘り強く相手の攻撃に付いていくこと。今日はGK林が危険な場面で体を張って止めてくれたし、最後は体を張って相手の攻撃を止めることはシステムが変わる中でも選手たちはやってくれた。

(1stステージを振り返って)選手たちも私もサポーターの皆さんもこの結果には満足していないと思う。ただ、今シーズンはACLとリーグ戦を並行して戦う中、今日もそうだったが、多くのけが人や出場停止、あるいは不測の事態で想定外のチーム状況になってしまった。その中でも選手たちはタフに粘り強く戦い抜いてくれた。勝点、勝利をしぶとく拾っていくことで勝点29を取れたことは、想定外のことが起こった中ではスーパーなことを選手たちはやってくれたと思う。もちろん満足ではないが、選手たちはチームとしてアクシデントや不測の事態が起こった時に崩れず何とか踏みとどまってくれた。そこは、今後も続けてやっていきたい。これからの2ndステージに向けては、またいろんなことが起こると思う。そういった中でもチームの総合力として与えられた環境の中でやっていく。いる選手、出た選手で結果を出していく。今までやってきた考え方で残りのシーズンもチーム一丸となって続けていきたい。
ページのTOPへ