MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース タイ観光案内サイト
  • セールスフォース タイ観光案内サイト 三共ディスプレイ
  • タイ観光案内サイト 三共ディスプレイ キャリアカレッジジャパン

10月10日(日)

2010  Jリーグヤマザキナビスコカップ_準決勝 第2戦   清水エスパルス戦

Last Update:2010/10/10

清水エスパルス

サンフレッチェ広島

#1
0 前 半 0
#1
1 後 半 1
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK戦 -
:87 小野伸二
得 点 :64 山岸智
22 シュート 8
8 G K 19
4 C K 2
11 直接FK 13
0 間接FK 1
0 オフサイド 1
0 P K 0
:25 小野伸二
:80 藤本淳吾
:90+3 山本真希
警 告 :69 森崎和幸
:75 中林洋次
退 場
OUT IN   OUT IN
35ボスナー太田宏介交代選手46ストヤノフミキッチ
46大前元紀藤本淳吾65高柳一誠桑田慎一朗
72兵働昭弘原一樹70森崎和幸丸谷拓也
Pos No. PLAYER   Pos No. PLAYER
GK21西部洋平先 発GK34中林洋次
DF25市川大祐DF24森脇良太
DF26平岡康裕DF2ストヤノフ
DF33ボスナーDF8森崎和幸
DF2児玉新MF16山岸智
MF13兵働昭弘MF6青山敏弘
MF17山本真希MF35中島浩司
MF30小野伸二MF17服部公太
FW22大前元紀MF15高萩洋次郎
FW18ヨンセンMF13高柳一誠
FW8枝村匠馬FW9李忠成
GK31武田洋平控 えGK1下田崇
DF5岩下敬輔MF32岡本知剛
DF4太田宏介MF28丸谷拓也
MF7伊東輝悦MF7森崎浩司
FW10藤本淳吾MF14ミキッチ
FW11原一樹MF20桑田慎一朗
FW36伊藤翔MF25大崎淳矢
長谷川健太 監 督 ペトロヴィッチ
DATA
日時 10月10日(日)15:00 キックオフ
天気・気温 曇、無風、気温24.0℃、湿度81%
場所 アウトソーシングスタジアム日本平
入場者数 12,384人
芝状況 全面良芝、乾燥
主審 扇谷健司
副審 名木利幸、宮島一代
第4の審判 佐藤隆治
試合監督コメント

ミハイロ・ペトロヴィッチ 監督

ミハイロ・ペトロヴィッチ 監督
 
コメントは日本人的なものと外国人的なもの、どちらがいいでしょうか(笑)。日本人的に言うならば、内容はともかくとして決勝に出られたことは素晴らしい。日本は内容よりも結果がよければそれでいい、という部分がある。私も約5年間の時を経て、半分くらい日本人になってきたが、まだまだなりきれていないところもある。我々には今日、ラッキーな部分があった。特に前半はそうだ。

前半はしっかりとポゼッションすることなく、長いボールを多用していた。選手たちはつなぐことを怖がっていたのかもしれない。準決勝2戦目という緊張感もあったのだろう。ただ、後半からは少しずつ組み立てがうまくいき始めた。コンビネーションもよくなってきたと思う。ゴール以外ではミキッチの決定的なチャンスがあったが、今日は清水の方が勝利に値する試合をしていた。

ただ、我々にはラッキーがあったが、それは偶然のものではない。今シーズン、厳しい状況の中でいい結果を残してきたからこそだ。ACL、リーグ戦、ナビスコカップ、そして天皇杯と、ほぼ全試合でレギュラーを4〜5人欠いて戦ってきた。その頑張りがこのラッキーに結びついたのだと思う。

みなさんもご存知だと思うが、我々のユースチームも高円宮杯の決勝に残っている。我々も決勝に残った。サンフレッチェは日本の見本になるチームになったのではないかと思う。若い選手が育ってトップチームで活躍しているが、それは簡単なことではない。育成という非常に我慢を要する仕事を続けてきたからこそだ。クラブは素晴らしい努力をしてきた。そのことに私も感謝したいし、賞賛の言葉を述べたい。

決勝は常に特別なものだ。我々は東京で決勝を闘うが、それは広島市民にとっても特別なことではないか。今日の社会情勢を考えると、仕事をなくしていたり、お金がなくて困っている人が広島にもいるだろう。ただ、我々が決勝に残ったことで、11月3日まではそれを楽しみに期待を持ってもらえることをうれしく思う。
ページのTOPへ