MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース タイ観光案内サイト
  • セールスフォース タイ観光案内サイト 三共ディスプレイ
  • タイ観光案内サイト 三共ディスプレイ キャリアカレッジジャパン

05月14日(土)

2011  Jリーグディビジョン1 第11節   横浜 F・マリノス戦

Last Update:2011/05/14

サンフレッチェ広島

横浜 F・マリノス

#3
2 前 半 1
#2
1 後 半 1
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK戦 -
:17 李忠成
:33 李忠成
:67 ムジリ
得 点 :43 中澤佑二
:69 中村俊輔
7 シュート 15
14 G K 7
2 C K 5
10 直接FK 11
5 間接FK 2
4 オフサイド 1
0 P K 0
:72 高萩洋次郎
:79 李忠成
警 告 :11 栗原勇蔵
:60 森脇良太
退 場
OUT IN   OUT IN
63佐藤寿人高萩洋次郎交代選手37小林祐三天野貴史
70横竹翔盛田剛平58小野裕二キムクナン
73ムジリ山崎雅人72波戸康広長谷川アーリアジャスール
Pos No. PLAYER   Pos No. PLAYER
GK1西川周作先 発GK21飯倉大樹
DF24森脇良太DF13小林祐三
DF8森崎和幸DF4栗原勇蔵
DF22横竹翔DF22中澤佑二
MF14ミキッチDF20波戸康広
MF35中島浩司MF29谷口博之
MF7森崎浩司MF6小椋祥平
MF16山岸智MF25中村俊輔
MF10ムジリMF7兵藤慎剛
MF9李忠成FW10小野裕二
FW11佐藤寿人FW9渡邉千真
GK34中林洋次控 えGK1榎本哲也
DF19盛田剛平DF26青山直晃
MF5トミッチDF5キムクナン
MF20石川大徳DF2天野貴史
MF28丸谷拓也MF14狩野健太
MF15高萩洋次郎MF8長谷川アーリアジャスール
FW30山崎雅人FW11大黒将志
ペトロヴィッチ 監 督 木村和司
DATA
日時 05月14日(土)15:04 キックオフ
天気・気温 晴、中風、気温22.8度、湿度21%
場所 広島ビッグアーチ
入場者数 17,004人
芝状況 全面良芝、乾燥
主審 井上知大
副審 原田昌彦、武田光晴
第4の審判 前田拓哉
試合監督コメント

ミハイロ・ペトロヴィッチ 監督

ミハイロ・ペトロヴィッチ 監督
 
我々は今日、横浜FMがどんなチームなのか、しっかりと分析して、理解した上で試合に臨んだ。横浜FMは立ち上がり、10人がひいて守りを固めてきた。そこで我々はボールを持ったときでも我慢し、取るべきところで得点し、リードした。ただ2−0とリードしたところで、前半残り1分くらいだったが、CKから失点している。サッカーの2−0は危険なスコアだが、1点返されたことでさらに悪い状況になり、前半を終えた。

ハーフタイムでは、「勝利するためには3点目、4点目を取りにいかなければいけない」ということを話した。そういった状況で森脇が後半の早い段階で退場し、数的不利になってしまった。ただ、興味深いのは、数的不利な状況ながらも決定機を作ることができたことだ。4点目をとるチャンスもあったが、決めきれず、それが2失点目につながった。

我々がリードすれば、相手には高さがあるため、長いボールを入れてくることは予測していた。そこで盛田をベンチに入れていた。盛田は14ヶ月、試合から遠ざかり、練習試合も行っていないのに、今日の試合で交代で入ってくれたことには感謝している。厳しい戦いになったが、最後までチームで戦ってくれた。全員で勝ち取ったチームの勝利だ。

今日の試合には水本と青山をケガで欠いたが、次の試合では李と森脇が出場停止と4人が出られない。しかし、チームとして戦い、勝利できるように頑張りたい。今日は、水本、青山、高柳のためにどうしても勝利したいという選手たちの気持ちが、結果に表れた。
ページのTOPへ