MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース 三共ディスプレイ
  • セールスフォース 三共ディスプレイ キャリアカレッジジャパン

03月10日(土)

2012  Jリーグディビジョン1 第1節   浦和レッズ戦

Last Update:2012/03/10

デオデオ スポンサードゲーム

サンフレッチェ広島

浦和レッズ

#1
0 前 半 0
#0
1 後 半 0
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK戦 -
:49 佐藤寿人
得 点
14 シュート 5
6 G K 9
7 C K 7
11 直接FK 16
4 間接FK 2
3 オフサイド 2
0 P K 0
:35 千葉和彦
:70 青山敏弘
警 告 :90+4 柏木陽介
退 場
OUT IN   OUT IN
74ミキッチ石川大徳交代選手55田中達也デスポトビッチ
90石原直樹大崎淳矢77山田直輝ポポ
Pos No. PLAYER   Pos No. PLAYER
GK1西川周作先 発GK18加藤順大
DF24森脇良太DF26濱田水輝
DF5千葉和彦DF22阿部勇樹
DF4水本裕貴DF20槙野智章
MF14ミキッチMF14平川忠亮
MF6青山敏弘MF13鈴木啓太
MF8森崎和幸MF34山田直輝
MF16山岸智MF7梅崎司
MF9石原直樹MF8柏木陽介
MF15高萩洋次郎MF24原口元気
FW11佐藤寿人FW11田中達也
GK13増田卓也控 えGK1山岸範宏
DF2ファンソッコDF2坪井慶介
MF20石川大徳DF17永田充
MF29野津田岳人MF3宇賀神友弥
MF27清水航平MF27小島秀仁
FW25大崎淳矢FW16ポポ
FW18平繁龍一FW21デスポトビッチ
森保一 監 督 ペトロヴィッチ
DATA
日時 03月10日(土)14:04 キックオフ
天気・気温 曇一時雨のち晴
場所 広島ビッグアーチ
入場者数 29,603人
芝状況 全面良芝、乾燥
主審 松尾一
副審 大塚晴弘、村井良輔
第4の審判 池内明彦
試合監督コメント

森保一 監督

森保一 監督
 
今日はホーム開幕戦ということもあり、特別な試合だった。いろんな意味で話題性もあった試合。しかし選手たちはしっかりと集中して90分間を戦っていた。互いが支えあって連動し、規律をもって戦った結果、勝利することができた。選手たちはタフに戦い、走り続けていた。互いにサポートし合ったことが勝利につながったと思う。

結果は1−0だったが、前半から何度もチャンスを作り、後半の早い時間帯に得点できた。前半は硬さがあったが、得点を入れた後は緊張が解けていい展開になったと思う。カウンターもあり、ポゼッションもあり、その中でチャンスをつくることができた。1−0ということで、最後には浦和に決定的なチャンスを作られたが、規律をもって戦い、西川のスーパーセーブもあって勝つことができた。

ビッグアーチに到着する前、多くのサポーターに迎えてもらい、大声援を受けながらスタジアム入りすることができた。それで選手のモチベーションも上がったと思う。試合でも3万人に近いサポーターの後押しをもらい、さらにモチベーションが上がったはず。それが勝利につながった。

最後は守り勝ったが、うちが目指しているのは攻撃的なサッカー。1点しか入らなかったが、チャンスは数多く作っていた。そこで2点、3点と入れることができればよかったと思う。結果的に1−0だったが、決して守備的になったわけではない。確かに守備を整備しようとやってきたが、1点を取った後に守ったのではなく、あくまで90分間規律をもって戦った結果。いい守備から攻撃につなげることができたし、選手たちはよく集中してた戦ってくれたと思う。

浦和が対戦相手ではあったが、選手たちには「相手どうこうではなく、ホームの開幕戦で必ず勝利しよう」と言っていた。それを実行してくれた。浦和の誰かと戦っているのではなく、自分たちのサッカーをすることが(チームの)哲学。ミシャ(ペトロヴィッチ監督)が広島に来て5年半、攻撃的なサッカーを続けてくれたからこそ、今につながっている。選手たちにもそこは忘れてほしくない。その財産をプラスに進化させることを忘れず、これからも選手とともに戦っていきたい。今回はミシャを相手に戦ったが、広島のサッカーを築き上げたのはあくまでもミシャ。今でも尊敬する監督さんでもある。

ピッチに12人目の選手はいないが、今日は自分も一緒にプレーをしている感じだった。頭の中のイメージでは、選手と一緒にボールを追いかけていた。緊張感がありつつも楽しむことができた。
ページのTOPへ