MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ 日本Hp キャリアカレッジジャパン
  • 日本Hp キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース 三共ディスプレイ
  • セールスフォース 三共ディスプレイ 日本Hp

11月22日(日)

2015  明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第17節   湘南ベルマーレ戦

Last Update:2015/11/23

中国電力 スポンサードゲーム中電工 スポンサードゲーム

サンフレッチェ広島

湘南ベルマーレ

#5
3 前 半 0
#0
2 後 半 0
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK戦 -
:24 ドウグラス
:25 青山敏弘
:42 佐藤寿人
:72 ドウグラス
:89 ドウグラス
得 点
15 シュート 15
12 G K 6
4 C K 3
9 直接FK 7
0 間接FK 0
0 オフサイド 0
0 P K 0
警 告
退 場
OUT IN   OUT IN
61佐藤寿人浅野拓磨交代選手57古林将太山田直輝
68ミキッチ柏好文57大槻周平藤田祥史
85清水航平山岸智73藤田征也坪井慶介
Pos No. PLAYER   Pos No. PLAYER
GK1林卓人先 発GK1秋元陽太
DF33塩谷司DF3遠藤航
DF5千葉和彦DF4アンドレ・バイア
DF19佐々木翔DF17三竿雄斗
MF14ミキッチMF14藤田征也
MF8森崎和幸MF2菊地俊介
MF6青山敏弘MF6永木亮太
MF27清水航平MF10菊池大介
MF9ドウグラスFW5古林将太
MF30柴崎晃誠FW19大槻周平
FW11佐藤寿人FW23高山薫
GK13増田卓也控 えGK25イ・ホスン
MF37宮原和也DF20坪井慶介
MF28丸谷拓也DF30島村毅
MF16山岸智MF16石川俊輝
MF18柏好文FW8山田直輝
MF24野津田岳人FW9キリノ
FW29浅野拓磨FW11藤田祥史
森保一 監 督 ゙貴裁
DATA
日時 11月22日(日)13:36 キックオフ
天気・気温 晴のち曇、弱風、気温18.9℃、湿度58%
場所 エディオンスタジアム広島
入場者数 33,210人
芝状況 全面良芝、乾燥
主審 佐藤隆治
副審 八木あかね、武部陽介
第4の審判 武部陽介
試合監督コメント

森保一 監督

森保一 監督
 
難しい試合をものにできて、年間勝点1位と2ndステージ優勝を勝利でつかみとることができてよかった。スタジアムに入る前から、サポーターが雰囲気を作ってくれ、選手が思い切ってプレーできる環境にしてくれた。サポーターには感謝している。今シーズンはチャンピオンシップがあり、まだ道半ばだが、今日でリーグ戦34節、2ndステージ17節という区切りとして、改めてサポーターには感謝したい。

試合の入りは、少し堅いところがあった。ただ、全体を通しては思い切ってプレーし、連係・連動をしながら攻守にわたって我々らしいサッカーをしてくれた。今日だけでなく優勝を懸けて生き残れるか脱落するか、という試合は何回かあったが、常にいい準備をして落ち着いて試合に臨んでくれた。自分が何をすればいいのか、力を出せたか、出せなかったか、というところで最善の準備をして、プレッシャーのかかったところでも力を発揮してくれた。選手の成長を感じている。

今日はいい試合ができた。チームとしても成長していると思う。シーズン当初は主力が移籍し、改めてチーム作りをしていく必要があったが、選手にも「チームとして成長しながら、結果を出していこう」ということを合言葉のようにしてきた。成長しながら結果を出すと口で言うのは簡単だが、それを実行するのは難しい。いろいろな状況の中、結果が出せるときもあれば連敗したこともある。ただ、いつも前向きに成長することを考えてこられたのが、今季の結果につながったのだと思う。

試合後のロッカーでも、選手たちは全く浮かれていなかった。まだ道半ば、という雰囲気だった。我々は、ファンやサポーター、株主・スポンサー、応援をしてくれる広島をはじめとした、全国のみなさんのおかげで結果を出すことができ、喜んでいただけたのはよかったと思う。

どのクラブにもコンセプトはある。我々もベースを強固にして、そのベースからの積み上げがあってこその結果。そのベースというのは、当たり前だが、相手より走って、球際を粘り強く戦うこと。今日もハードワークの部分は出せていたと思う。もちろん試合だけでなく、ベースには練習も入っている。練習をするにあたって、プライベートの時間からどれだけいい状態で向かっていけるかが大切になる。当たり前のことだが、簡単ではない。それをやり続けてくれた結果が、年間勝点1位、さらには34節での歴代最多勝点につながった。当たり前を続けることから、特別が生まれた。

(2012年から)特に変わったことはない。選手と、選手が力を発揮するためのスタッフの力によって、優勝やACLという経験ができた。いろんな経験ができたことは幸せ。今日も勝ちにこだわった自分の姿勢が選手には伝わっていたと思う。どんな形であれ、勝ったチームが強い。勝ちにこだわり、クオリティを求めながらやっていきたい。

サポーターも広島の中心地にサッカースタジアムがほしいと思っていると思う。横断幕はそのメッセージでもある。これまでも40万人の署名をもらった。広島にもスタジアム建設の機運があったが、まだ決定するまでにはいたっていない。多くの資金を必要とするため、簡単に決定することはできない。ただ、これだけの署名を書いてもらっており、すぐにあきらめるのではなく、機運や思いが消えないように、発信し続けなければいけない。

サッカースタジアムはサッカーやサンフレッチェが好きな人のためだけではない。広島の街にとってもいいものになると思う。Eスタではミスチルのコンサートも開催されたが、サッカーをしていないときも機能できる施設にすることが大切。最近では、競技の日だけ使えるようにするスタジアムはあまりない。スイスやドイツのスタジアムを見に行ってきたが、365日稼動し、街の人が集まれる場所になっていた。街づくりの機能の1つとして、経済的にもプラスにできる。そんなスタジアムが広島にもできればいいと思っている。

今日は7時に朝食を摂ったが、そのときスタッフがインターネットを見て、すでに6時ごろから渋滞があったと知った。渋滞を覚悟してたくさんのサポーターが来てくれたが、街の中心地にスタジアムがあれば、より気軽に集まることができる。Eスタの近くに住んでいる人もいるが、多くの人は街の中心地の方が近い。いい試合をすれば、アクセスがよければもっと観衆も増えると思っている。ドイツでも2006年のワールドカップでは、新しいスタジアムができて、そこから観客動員が増えている。

チャンピオンシップは、相手がどこでも決勝の第2戦をEスタで戦うことができる。我々が年間王者をつかみとれるように、戦っていく。
ページのTOPへ