MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ 広島県信用組合 日本Hp
  • 広島県信用組合 日本Hp キャリアカレッジジャパン
  • 日本Hp キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース 三共ディスプレイ
  • セールスフォース 三共ディスプレイ 広島県信用組合

02月27日(土)

2016  明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第1節   川崎フロンターレ戦

Last Update:2016/02/27

エディオン スポンサードゲームオリコ スポンサードゲーム

サンフレッチェ広島

川崎フロンターレ

#0
0 前 半 0
#1
0 後 半 1
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK戦 -
得 点 :84 小林悠
13 シュート 12
8 G K 8
9 C K 3
5 直接FK 5
0 間接FK 2
0 オフサイド 2
0 P K 0
警 告
退 場
OUT IN   OUT IN
60柏好文清水航平交代選手68狩野健太中野嘉大
68佐藤寿人浅野拓磨72森谷賢太郎森本貴幸
82茶島雄介ピーター・ウタカ90+3小林悠田坂祐介
Pos No. PLAYER   Pos No. PLAYER
GK1林卓人先 発GK1チョン・ソンリョン
DF33塩谷司DF18エウシーニョ
DF5千葉和彦DF3奈良竜樹
DF19佐々木翔DF5谷口彰悟
MF14ミキッチDF20車屋紳太郎
MF6青山敏弘MF10大島僚太
MF8森崎和幸MF14中村憲剛
MF18柏好文MF19森谷賢太郎
MF25茶島雄介MF25狩野健太
MF30柴崎晃誠FW11小林悠
FW11佐藤寿人FW13大久保嘉人
GK13増田卓也控 えGK30新井章太
DF4水本裕貴DF4井川祐輔
MF9ピーター・ウタカMF6田坂祐介
MF27キム・ボムヨンMF15原川力
MF28丸谷拓也MF16長谷川竜也
MF16清水航平MF22中野嘉大
FW10浅野拓磨FW9森本貴幸
森保一 監 督 風間八宏
DATA
日時 02月27日(土)14:04 キックオフ
天気・気温 雨、弱風、気温8.3℃、湿度78%
場所 エディオンスタジアム広島
入場者数 18,120人
芝状況 全面良芝、水含み
主審 西村雄一
副審 田中利幸、村上孝治
第4の審判 前田拓哉
試合監督コメント

森保一 監督

森保一 監督
 
Jリーグ開幕戦で負けてしまった。たくさんのサポーターが悪天候の中、エディオンスタジアムに足を運んでくれたが、勝利を届けることができず、申し訳なく思う。サポーターの応援にはありがとうと伝えたい。

試合の入りは悪くなかった。前半から相手は集中力を持って守備をしてくる。隙を見せてくれなかった。攻撃でも我々に対して仕掛けてきたところで、ピンチがあってもしのいでいた。攻撃面ではもっとシュートで終わること、チャンスを作ることを修正して後半に入った。後半はチャンスを作ることができたと思う。前半、後手を踏んでいた川崎のパスワークに対しても対応でき、どちらにもチャンスはあった。その中で川崎が点をとって試合を決めた。これが現実。我々が勝っていてもおかしくはなかったと思う。

今日の試合を通して、今季の戦い方として、相手は我々に対してより高いモチベーションで臨んでくると改めて感じた。厳しい試合になると教えられた。選手たちには、次に向かって切り替えていこうということを伝えた。

失点は、ビルドアップの部分で青山がボールを奪われてカウンターを受け、クロスからの失点だった。相手はうちを研究してきている。ビルドアップのとき、誰が起点になっているかというところで、青山を狙ってくる。それは、失点の場面だけではない。相手のプレッシャーがよりかかってきた中でもビルドアップできるように精度を上げていかなければいけないが、リスクを負わずに前線にボールを蹴るサッカーをしようとは思っていない。青山も責任を感じていると思うが、それは私が「やれ」と言っていること。私の責任だと思う。回避できるようにトレーニングを積み、プレスをかけられてもかわせるようにならなければいけない。今日の失点は単純なミスというよりも、我々の形から奪われてカウンターを受けた。もっとクオリティを上げていきたい。

柏は疲れていると思い、よりフレッシュな清水を投入した。今日は開幕戦だが、柏、青山、千葉、塩谷、林にとっては、すでに3連戦目。少し疲れがあったと思う。
ページのTOPへ