MAZDA Be a driver
  • 三共ディスプレイ 広島県信用組合 キャリアカレッジジャパン
  • 広島県信用組合 キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース 三共ディスプレイ
  • セールスフォース 三共ディスプレイ 広島県信用組合

03月01日(火)

2016  AFCチャンピオンズリーグ2016 グループリーグ 第2戦   FCソウル戦

Last Update:2016/04/20

FCソウル

サンフレッチェ広島

#4
1 前 半 1
#1
3 後 半 0
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK戦 -
:31 KIM WON SIK
:49 CARLOS ADRIANO
:56 CARLOS ADRIANO
:69 CARLOS ADRIANO
得 点 :25 千葉和彦
15 シュート 4
12 G K 10
5 C K 4
2 オフサイド 2
0 P K 0
警 告
退 場
OUT IN   OUT IN
80DEJAN DAMJANOVIC PARK CHUYOUNG交代選手69キム・ボムヨン柏好文
81JU SE JONGPARK YONGWOO75浅野拓磨宮吉拓実
88KIM DONG WOO JUNG INWHAN75ピーター・ウタカ皆川佑介
Pos No. PLAYER   Pos No. PLAYER
GK1YOO HYUN先 発GK1林卓人
DF4KIM DONG WOODF33塩谷司
MF2高萩洋次郎DF5千葉和彦
MF5OSMAR BARBA IBANEZDF4水本裕貴
MF6JU SE JONGMF27キム・ボムヨン
MF8SIN JIN HOMF37宮原和也
MF13GO YOHANMF28丸谷拓也
MF15KIM WON SIKMF16清水航平
MF27KO KWANG MINMF17野津田岳人
FW9DEJAN DAMJANOVICFW9ピーター・ウタカ
FW11CARLOS ADRIANOFW10浅野拓磨
GK31YU SANGHUN控 えGK13増田卓也
DF3JUNG INWHANDF19佐々木翔
MF7KIM CHIWOODF23吉野恭平
MF22PARK YONGWOOMF18柏好文
MF25LEE SEOKHYUNMF30柴崎晃誠
FW10PARK CHUYOUNGFW31宮吉拓実
FW19YUN JUTAEFW22皆川佑介
チェ・ヨンス 監 督 森保一
DATA
日時 03月01日(火)14:00 キックオフ
天気・気温 天気:very cold、気温1℃
場所 ソウルワールドカップスタジアム
入場者数 18,115人
芝状況  
主審 ADHAM MOHAMMAD MAKHADMEH
副審 AHMAD MOANNES ALROALLE、ISSA MAHMOUD AHMAD ALAMAWI
第4の審判 NGUYEN HIEN TRIET
試合監督コメント

森保一 監督

森保一 監督
 
アウェイで厳しい戦いになると予想していたが、結果は完敗だった。前半45分は、球際や攻守の切り替え、チームとしての戦いも五分五分だった。ただ、そこを90分できなかったことの差が出た。後半の45分は個の局面で相手に上回られた。そこは個のレベルをもっと上げていかないといけないし、個のレベルを上げるとともにチームの完成度も上げないといけない。いま、我々は100%チームが完成しているとは思っていないし、今日のFCソウルとの完成度の違いを今後埋めるべく、レベルアップしていきたい。ACLは連敗で厳しいスタートになったが、可能性のある限り我々は戦っていく。グループリーグ突破に向けてまだまだチャンスはあると思っているので、これからも続けて戦っていきたい。

我々は昨年のJリーグチャンピオンとして今年のACLに出場しているが、今年もチーム作りは一からだと思ってやっている。なぜかと言うと、昨年チームで一番得点を取ったドウグラスが移籍した。攻撃の連係構築、そしてチームとしての戦い方で一つのポイントになる部分をどうやって埋めていくかというところからチーム作りを始めている。ただ、昨年のJリーグチャンピオンチームとしての誇りは持っているし、自信も持っている。このACLを戦うにあたっても日本の代表として誇りと責任を持って戦っている。

(キム・ボムヨンについて)彼がチームに加わってまだ時間も経っていないし、これから我々の戦術の中に彼の持っているものをフィットさせるべくクオリティーを上げていかないといけない。今日はサイドのマッチアップの時に相手の選手に上回られている部分があったが、まだまだ彼は伸びる選手だと思うし、これからサンフレッチェで成長してもらってさらに良い選手になってもらえればと思っている。

チームの総合力でACL、Jリーグというスケジュールを戦い、結果を残していきたいと思っているし、これからもっと良い結果を残せるようにやっていきたい。今チームは公式戦3連敗中。結果がすべての世界なので、負けてオッケーということはない。選手が結果を出せていないのは自分に責任があると思っている。ただし、先ほども言ったように、我々は今年もチーム作りから始めている。昨年のJリーグチャンピオンとして今シーズンを戦うが、チャレンジャーだという思いは忘れてはいけない。我々は多くのお金を使って実績のある選手を獲得してチーム作りをするクラブではない。もちろん、毎年いい選手がクラブに加入してくれているが、経験の浅い選手を含めてチームとして成長しながら結果を出せるようにチャレンジしていかないといけない。そういうチームだと思っている。これからもその気持ちを忘れず、よりチームとして成功と野心を持って戦っていけば、必ずさらなるレベルアップと好結果につながっていくと思っている。
ページのTOPへ