MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ 広島県人権12月10日告知 日本Hp
  • 広島県人権12月10日告知 日本Hp キャリアカレッジジャパン
  • 日本Hp キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース 三共ディスプレイ
  • セールスフォース 三共ディスプレイ 広島県人権12月10日告知

03月04日(土)

2017  明治安田生命J1リーグ 第2節   清水エスパルス戦

Last Update:2017/03/04

第一タクシー スポンサードゲーム

サンフレッチェ広島

清水エスパルス

#0
0 前 半 0
#1
0 後 半 1
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK戦 -
得 点 :53 鄭大世
10 シュート 8
9 G K 13
4 C K 4
6 直接FK 3
1 間接FK 1
1 オフサイド 1
0 P K 1
警 告
退 場
OUT IN   OUT IN
56茶島雄介柴崎晃誠交代選手74鄭大世北川航也
70森島司宮吉拓実88枝村匠馬杉山浩太
77稲垣祥丸谷拓也90+3金子翔太ミッチェル・デューク
Pos No. PLAYER   Pos No. PLAYER
GK1林卓人先 発GK13六反勇治
DF33塩谷司DF5鎌田翔雅
DF5千葉和彦DF3犬飼智也
DF4水本裕貴DF45角田誠
MF14ミキッチDF25松原后
MF29森島司MF7六平光成
MF15稲垣祥MF44フレイレ
MF16清水航平MF22枝村匠馬
MF7茶島雄介MF10白崎凌兵
MF10フェリペ・シウバMF30金子翔太
FW50工藤壮人FW9鄭大世
GK21廣永遼太郎控 えGK43植草裕樹
DF2野上結貴DF26二見宏志
MF28丸谷拓也DF27飯田貴敬
MF3高橋壮也MF6杉山浩太
MF30柴崎晃誠MF11村田和哉
FW31宮吉拓実FW23北川航也
FW22皆川佑介FW19ミッチェル・デューク
森保一 監 督 小林伸二
DATA
日時 03月04日(土)14:04 キックオフ
天気・気温 晴、弱風、気温17.0℃、湿度29%
場所 エディオンスタジアム広島
入場者数 13,489人
芝状況 全面良芝、乾燥
主審 佐藤隆治
副審 山内宏志、清水崇之
第4の審判 池内明彦
試合監督コメント

森保一 監督

森保一 監督
 
Jリーグ開幕から、1節と2節をホームで戦うことができ、1試合目は引き分けたこともあり、今日は何としても勝とうという気持ちで準備してきた。しかし、勝点3を獲ることができず、残念で悔しい。応援していただいたサポーターに勝点3を届けられず、申し訳なく思う。サポーターの応援には感謝している。

形はどうあれ、まずは勝つことを考えて試合に臨んだ。清水も開幕戦を落とし、今日の試合では勝点3がほしいと思っていたはず。お互いミスが多くなり、勝たなければいけないという思いとプレーがマッチしていなかった。選手たちは前半からピンチをしのいで我慢しながら攻撃の形を作ろうとしていた。その部分はよくやってくれていたと思う。

後半も我慢強くやっていたが、失点につながったPKの場面では、あそこまで持って行かれてしまっている。球際の強さやその前の予測の部分で、失点したあたりのプレーは、相手の方が上回っていた。攻撃では縦パスを入れたり、サイドからクロスを入れる形ができつつある。最後にシュートで攻撃を完結させられるように、成長しなければいけない。

前節から柏がケガをし、青山が体調不良で欠場したことはチームにとっては痛い。逆に主力選手をケガで欠いたときにしっかりと勝利して、勝点を拾っていくチーム力を示すことができればと思っていたが、勝点がとれず負けてしまったのは残念。シーズンを通して、誰かが欠けるなど、いろんなことが起こるのは当たり前。プレーできる選手で勝っていかなければいけない。今日はそのチャンスだと思ったが、それを活かせなかった。もっとチーム力を上げていかなければいけない。相手の守備を完全に突破できるように、クオリティを上げていく必要がある。ビルドアップからの縦パスでは、森島から何本も通っていた。そこからシュートまで持っていけるようなコンビネーションを構築しなければいけない。

まだすべてが道半ばだが、目の前にあるのは現実しかない。今の立ち位置を鵜h前て、這い上がっていきたい。
ページのTOPへ