MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ 広島県人権12月10日告知 日本Hp
  • 広島県人権12月10日告知 日本Hp キャリアカレッジジャパン
  • 日本Hp キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース 三共ディスプレイ
  • セールスフォース 三共ディスプレイ 広島県人権12月10日告知

03月18日(土)

2017  明治安田生命J1リーグ 第4節   北海道コンサドーレ札幌戦

Last Update:2017/07/19

北海道コンサドーレ札幌

サンフレッチェ広島

#2
2 前 半 1
#1
0 後 半 0
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK戦 -
:12 都倉賢
:44 オウンゴール
得 点 :21 水本裕貴
8 シュート 22
15 G K 5
3 C K 12
10 直接FK 18
1 間接FK 2
1 オフサイド 2
0 P K 0
:24 都倉賢
:24 マセード
:81 金園英学
:84 ク・ソンユン
警 告
退 場
OUT IN   OUT IN
78マセード荒野拓馬交代選手57稲垣祥アンデルソン・ロペス
85金園英学河合竜二78柴崎晃誠皆川佑介
90+2深井一希石井謙伍88工藤壮人宮吉拓実
Pos No. PLAYER   Pos No. PLAYER
GK25ク・ソンユン先 発GK1林卓人
DF20キム・ミンテDF33塩谷司
DF2横山知伸DF5千葉和彦
DF24福森晃斗DF4水本裕貴
MF23マセードMF14ミキッチ
MF10宮澤裕樹MF15稲垣祥
MF8深井一希MF6青山敏弘
MF6兵藤慎剛MF16清水航平
MF3田中雄大MF10フェリペ・シウバ
FW22金園英学MF30柴崎晃誠
FW9都倉賢FW50工藤壮人
GK1金山隼樹控 えGK21廣永遼太郎
DF29永坂勇人DF2野上結貴
MF4河合竜二MF3高橋壮也
MF19石井謙伍MF29森島司
MF27荒野拓馬FW31宮吉拓実
FW11ヘイスFW44アンデルソン・ロペス
FW13内村圭宏FW22皆川佑介
四方田修平 監 督 森保一
DATA
日時 03月18日(土)14:03 キックオフ
天気・気温 屋内、無風、気温22.7℃、湿度38%
場所 札幌ドーム
入場者数 12,624人
芝状況 全面良芝、乾燥
主審 木村博之
副審 名木利幸、馬場規
第4の審判 三上正一郎
試合監督コメント

森保一 監督

森保一 監督
 
私はいつも勝ったほうが強いと思っている。今日は2−1で札幌が勝ったので札幌が強かったということ。我々が力不足だった。選手はよく戦ってくれて結果に結び付けてあげられなかった自分の力のなさだと感じている。サポーターの皆さんは札幌までたくさん駆け付けてくれて選手の後押しをしてくれた。応援に感謝したい。そして応援にむくいることができなくて「申し訳ありませんでした」と伝えたい。

試合は前半は今季間違いなく一番良かった。ここまでの4節、右肩上がりに成長していることを今日の試合でも見せてくれた。ただ、勝っていくために決定力を持って仕留められるようにすること。試合で勝っていくためには相手のやりたいことをやらせてはいけない。我々からチャンスを与えてはいけない。最初は我々が攻め切れずにそこからカウンターを受けた。まずは攻め切るということ。2点目の失点もファウルでFKを与えた。相手がワンチャンスをモノにする狙いを持ってきている中、我慢できたかもしれないファウルを与えてしまって失点した。そういう部分で試合の流れをつかめなかった。

工藤も徐々にコンディションが上がってきて、チームの戦術にもフィットしてきている。彼の良さは出てきている。今日も前半にシウバのパスに裏へ抜け出して決定的なシュートがあった。前線で起点になる、体を張る。チームの戦いの中で彼の良さが出てきている。工藤も昨シーズンはケガがあったりしたし、今年は新加入で入ってきて最初からパーフェクトを求めるのは本人に酷。少しずつチームにフィットしてくれればという部分でキャンプの時から良くなってきている。開幕して4試合、悠長なことを言っていられないし、笑って話せる状況ではないが、徐々に良くなっていると思っている。

(2週間後の試合に向けて)前半の戦い方で最後はシュートを決めて終わること。前半の2失点はまさに相手がやりたいことを我々がやらせてしまった。そういう分析をした上で相手のやりたいことは絶対にやらせないこと。それは今日の前半の戦い方をしても十分に防げる。攻撃のクオリティーを上げること。あとは、選手がバタバタしないようにしたい。ジタバタしても反対に良いモノは作れない。これまでもチームのベースを作るために我慢しながらやっていこうということでやってきた。今のチームにとって正しいことをこの2週間でやっていきたい。その前に選手たちは精神的に相当な疲労があると思うので、一度休みを入れて、次に我々が這い上がっていけるメンタリティーを持って臨めるように、まずは選手にリフレッシュしてほしい。
ページのTOPへ