MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ 日本Hp キャリアカレッジジャパン
  • 日本Hp キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース 三共ディスプレイ
  • セールスフォース 三共ディスプレイ 日本Hp

04月01日(土)

2017  明治安田生命J1リーグ 第5節   柏レイソル戦

Last Update:2017/04/01

日本郵便 スポンサードゲーム

サンフレッチェ広島

柏レイソル

#0
0 前 半 1
#2
0 後 半 1
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK戦 -
得 点 :1 大谷秀和
:76 ディエゴ・オリヴェイラ
9 シュート 10
10 G K 5
5 C K 4
19 直接FK 18
0 間接FK 7
0 オフサイド 7
0 P K 1
:20 千葉和彦
:74 林卓人
:81 清水航平
:87 青山敏弘
警 告 :28 大谷秀和
退 場
OUT IN   OUT IN
60フェリペ・シウバ柴崎晃誠交代選手57武富孝介伊東純也
70工藤壮人宮吉拓実75大津祐樹クリスティアーノ
79千葉和彦皆川佑介87中川寛斗細貝萌
Pos No. PLAYER   Pos No. PLAYER
GK1林卓人先 発GK23中村航輔
DF33塩谷司DF13小池龍太
DF5千葉和彦DF4中谷進之介
DF4水本裕貴DF5中山雄太
MF3高橋壮也DF22輪湖直樹
MF6青山敏弘MF8武富孝介
MF2野上結貴MF7大谷秀和
MF16清水航平MF19中川寛斗
MF10フェリペ・シウバMF17手塚康平
MF44アンデルソン・ロペスMF10大津祐樹
FW50工藤壮人FW11ディエゴ・オリヴェイラ
GK21廣永遼太郎控 えGK1桐畑和繁
MF15稲垣祥DF2鎌田次郎
MF28丸谷拓也DF27今井智基
MF7茶島雄介MF37細貝萌
MF30柴崎晃誠MF28栗澤僚一
FW31宮吉拓実FW14伊東純也
FW22皆川佑介FW9クリスティアーノ
森保一 監 督 下平隆宏
DATA
日時 04月01日(土)14:04 キックオフ
天気・気温 晴、中風、気温15.3℃、湿度27%
場所 エディオンスタジアム広島
入場者数 13,639人
芝状況 全面良芝、乾燥
主審 高山啓義
副審 今岡洋二、戸田東吾
第4の審判 正木篤志
試合監督コメント

森保一 監督

森保一 監督
 
今年はまだ勝利がない状態で迎えたホームの試合。今日は何としてでも勝ちたかったが、勝利できず残念に思う。今日は広島で様々なイベントがある中、13,639人もの方がエディオンスタジアムに足を運び、我々を後押ししてくれた。声援に応えられず申し訳ない。

試合開始の失点で流れをうまくつかみとれず、それが最後まで結果に響いた。途中、決定的なチャンスを作り、同点にする機会も、逆転する機会もあったが、決めなければいけない場面でプレッシャーがかかる状況になっていた。そういった意味で、スタートの失点が痛かった。

前半は相手がプレッシャーをかけてきたことで、ボールをうまく動かすことができなかった。後半はミスもあったが、もう一度、ホームで勇気を出して、チャレンジ精神をもって戦うことは続けてくれたと思う。この部分はこれからも続けていかなければいけない。

(試合前に)まずは原点に返る、という話はしていたが、試合の中で攻守において、すべてできるものではない。基本に立ち返って、我々の強みは何かを確認した、ということ。ただ、そういった状況にならなければ、違う選択肢をとらなければいけない。開始1分で失点したが、選手たちは落ち着いて、中断期間でやってきた守備から攻撃の部分をトライし、形にも表れていた。ブロックを作ってからの守備については崩されていないが、カウンターを決めきれなかった。もっとクオリティを上げていかなければいけない。攻撃を完結させるところについてはまだ課題がある。ただ、できることを表現するというところでは、選手たちはよくやってくれた。ただ、(基本に立ち返るという部分では、)ビハインドをおって違う選択肢をとらなければいけなかった。形が崩れても、粘り強くすることをやってくれていた。結果が出ていなければすべてを否定することにはなるが、私はそう思っている。

前節から先発を変えて、ロペス、野上、高橋を起用した。彼らは練習からいいプレーを見せていた。皆川と宮吉の交代については、運動量が多い試合になったため、よりフレッシュな選手を入れてチームを活性化しようとした。最後に皆川を投入して2トップにし、より攻撃の部分でターゲットを作りたかった。
ページのTOPへ