MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ 広島県人権12月10日告知 日本Hp
  • 広島県人権12月10日告知 日本Hp キャリアカレッジジャパン
  • 日本Hp キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース 三共ディスプレイ
  • セールスフォース 三共ディスプレイ 広島県人権12月10日告知

05月14日(日)

2017  明治安田生命J1リーグ 第11節   セレッソ大阪戦

Last Update:2017/05/14

セレッソ大阪

サンフレッチェ広島

#5
3 前 半 1
#2
2 後 半 1
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK戦 -
:29 杉本健勇
:33 清武弘嗣
:43 マテイ・ヨニッチ
:58 杉本健勇
:76 マテイ・ヨニッチ
得 点 :13 アンデルソン・ロペス
:56 ミキッチ
16 シュート 11
8 G K 4
3 C K 3
7 直接FK 10
2 間接FK 1
2 オフサイド 1
0 P K 0
警 告
退 場
OUT IN   OUT IN
83山村和也茂庭照幸交代選手65森崎和幸フェリペ・シウバ
90+1杉本健勇木本恭生73工藤壮人皆川佑介
90+2松田陸田中裕介83ミキッチ高橋壮也
Pos No. PLAYER   Pos No. PLAYER
GK21キム・ジンヒョン先 発GK1林卓人
DF2松田陸DF33塩谷司
DF14丸橋祐介DF5千葉和彦
DF22マテイ・ヨニッチDF4水本裕貴
DF23山下達也MF14ミキッチ
MF6ソウザMF8森崎和幸
MF10山口蛍MF6青山敏弘
MF24山村和也MF18柏好文
MF46清武弘嗣MF44アンデルソン・ロペス
FW8柿谷曜一朗MF30柴崎晃誠
FW9杉本健勇FW50工藤壮人
GK27丹野研太控 えGK34中林洋次
DF3茂庭照幸DF2野上結貴
DF5田中裕介MF28丸谷拓也
MF7関口訓充MF16清水航平
MF15木本恭生MF3高橋壮也
MF17福満隆貴MF10フェリペ・シウバ
FW11リカルド・サントスFW22皆川佑介
尹晶煥 監 督 森保一
DATA
日時 05月14日(日)15:03 キックオフ
天気・気温 晴、弱風、気温27.1℃、湿度32%
場所 キンチョウスタジアム
入場者数 14,351人
芝状況 全面良芝、乾燥
主審 西村雄一
副審 唐紙学志、川崎秋仁
第4の審判 大塚晴弘
試合監督コメント

森保一 監督

森保一 監督
 
今日はアウェイの戦いの中でもたくさんのサポーターが駆け付けてくれて、我々を応援していただいたことに感謝したい。

試合は先制点を挙げた中で引っくり返されてしまった。今、我々が残留争いをしている中で力が足りないところが出てしまった。チームとしてレベルアップしながら次につなげるために、先制したら勝ち切る力を付けること。メンタル的に相手が圧力をかけてくる中でも落ち着いて少しでも自信を持って試合を進められるようにしないといけない。

森崎の起用に関しては、我々の戦い方を体現してくれるという部分では良い働きをしてくれたと思う。先制点の形もビルドアップも落ち着いて相手のプレッシャーをかいくぐっていく、崩していくことができていた。そういうコントロールをしてくれた。チームに落ち着きとやろうとすることへの自信をもたらしてくれたと思う。今日の試合は90分もたなくてもいいと思って先発に起用した。彼が今できるところまでチームのためによく戦ってくれたと思っている。

選手起用については、毎試合、起用は変わっている。これからもベストな布陣、選手起用をしていきたい。5失点については、先制点を取ってから守備で少し受ける部分があるところを、まずは仕方ないと割り切ってピンチがあっても守れるようにしたい。そういう落ち着きや守備の割り切りは必要だと思う。失点は守備だけでなく、攻撃の縦パスを入れるところからボールロストしてカウンターを受けた。1−0でリードしているところから相手の背後にボールを蹴ってリスクを少なくする戦い方もあるかもしれないが、それでは結局、相手の圧力に押されてしまう。我々がやろうとすることを相手にボールを奪われることなくやり続ける。クオリティーを上げるトライは必要だと思う。また、C大阪は我々との対戦前に11得点を奪っていたが、その内の5点はセットプレーからだった。序盤戦はそのセットプレーで勝っている中、今日は相手のストロングポイントを出させてしまったのは大いに反省しないといけない。
ページのTOPへ