MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ 日本Hp キャリアカレッジジャパン
  • 日本Hp キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース 三共ディスプレイ
  • セールスフォース 三共ディスプレイ 日本Hp

06月04日(日)

2017  明治安田生命J1リーグ 第14節   鹿島アントラーズ戦

Last Update:2017/06/04

ゆめタウン スポンサードゲーム

サンフレッチェ広島

鹿島アントラーズ

#1
0 前 半 3
#3
1 後 半 0
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK戦 -
:67 アンデルソン・ロペス
得 点 :14 中村充孝
:30 レアンドロ
:43 レアンドロ
11 シュート 18
11 G K 8
4 C K 3
12 直接FK 13
1 間接FK 0
0 オフサイド 0
0 P K 0
警 告
退 場
OUT IN   OUT IN
46塩谷司森島司交代選手67レアンドロ西大伍
80千葉和彦宮吉拓実75中村充孝金森健志
80ミキッチ清水航平88鈴木優磨小笠原満男
Pos No. PLAYER   Pos No. PLAYER
GK1林卓人先 発GK1クォン・スンテ
DF33塩谷司DF24伊東幸敏
DF5千葉和彦DF5植田直通
DF4水本裕貴DF3昌子源
MF14ミキッチDF16山本脩斗
MF2野上結貴MF20三竿健斗
MF6青山敏弘MF6永木亮太
MF18柏好文MF11レアンドロ
MF44アンデルソン・ロペスMF13中村充孝
MF30柴崎晃誠MF8土居聖真
FW22皆川佑介FW9鈴木優磨
GK34中林洋次控 えGK21曽ヶ端準
MF28丸谷拓也DF17ブエノ
MF16清水航平DF22西大伍
MF29森島司MF27梅鉢貴秀
MF10フェリペ・シウバMF26久保田和音
FW31宮吉拓実MF40小笠原満男
FW50工藤壮人FW14金森健志
森保一 監 督 大岩剛
DATA
日時 06月04日(日)14:03 キックオフ
天気・気温 晴、弱風、気温26.7℃、湿度36%
場所 エディオンスタジアム広島
入場者数 15,781人
芝状況 全面良芝、水含み
主審 村上伸次
副審 五十嵐泰之、岩田浩義
第4の審判 武田光晴
試合監督コメント

森保一 監督

森保一 監督
 
今日は鹿島が強かったというより、我々が前半、あまりにもよくなかった。後半に追いついて、逆転するチャンスを創出したが、(そこまでいたらなかったのは、)前半で苦しい戦いをした自分たちの責任。選手たちはいろんなプレッシャーを受けながらプレーしている。監督である自分が選手に自信と勇気を持たせられていない。自分も反省しなければいけない。後半はまったく違うチームのように、アグレッシブに戦うことができた。常に後半のような戦いをサポーターに見せられるように練習に励みたい。

サポーターに勝利をお届けすることができず、申し訳なく思う。ただ、後半、選手たちが集中を切らさず1点をもぎとり、2点目、3点目を目指すことができたのは、サポーターのおかげ。応援に感謝している。

前半で3失点したのは相手のボール保持者に1stDFがアプローチできず、連動もできなかったことが要因。前からプレッシャーをかけるにしても、ブロックを作って相手の攻撃に対して時間とスペースを消しても、ボールにアプローチできなければ数的優位が優位ではなくなる。自由にさせ過ぎたことが3失点につながった。ワンツーにしっかりとついていくことはミーティングでも選手に伝えてはいるが、実際にやれていない。それは私自身のアプローチが足りなかったからだと思っている。試合前の準備が足りていないことは反省しなければいけない。

後半の交代は、0−3でより攻撃的にいかなければいけない試合展開の中では当然のこと。本当に走って戦える、そしてチームに活力をもたらすプレーができる選手を投入しようとした。ルヴァンカップと練習を見ていく中で、他にも交代カードをきれるいい選手は何人かがいたが、中でも森島をチョイスした。塩谷を交代させたのは、彼のプレーがよくなかったこともあるが、1人だけのせいではない。チームとしてクオリティをもっと上げなければならないし、FIGHTするという部分も含めて、決して1人の責任ではない。
ページのTOPへ