MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ 日本Hp キャリアカレッジジャパン
  • 日本Hp キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース 三共ディスプレイ
  • セールスフォース 三共ディスプレイ 日本Hp

07月26日(水)

2017   JリーグYBCルヴァンカップ プレーオフステージ 第2戦   FC東京戦

Last Update:2017/07/27

FC東京

サンフレッチェ広島

#1
0 前 半 0
#0
1 後 半 0
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK戦 -
:64 室屋成
得 点
15 シュート 9
12 G K 11
6 C K 0
11 直接FK 12
2 間接FK 0
2 オフサイド 0
0 P K 0
:90+2 高萩洋次郎
警 告 :16 皆川佑介
:44 青山敏弘
:48 アンデルソン・ロペス
退 場
OUT IN   OUT IN
69橋本拳人米本拓司交代選手59アンデルソン・ロペスフェリペ・シウバ
88ユ・インス東慶悟65皆川佑介工藤壮人
90+1前田遼一永井謙佑79青山敏弘千葉和彦
Pos No. PLAYER   Pos No. PLAYER
GK33林彰洋先 発GK34中林洋次
DF22徳永悠平DF40丹羽大輝
DF5丸山祐市DF2野上結貴
DF36山田将之DF4水本裕貴
MF8高萩洋次郎DF3高橋壮也
MF2室屋成MF6青山敏弘
MF37橋本拳人MF7茶島雄介
MF21ユ・インスMF44アンデルソン・ロペス
MF25小川諒也MF30柴崎晃誠
FW20前田遼一MF18柏好文
FW23中島翔哉FW22皆川佑介
GK1大久保択生控 えGK21廣永遼太郎
DF4吉本一謙DF5千葉和彦
MF7米本拓司MF8森崎和幸
MF10梶山陽平MF28丸谷拓也
MF17河野広貴MF16清水航平
MF38東慶悟MF10フェリペ・シウバ
FW15永井謙佑FW50工藤壮人
篠田善之 監 督 ヤン・ヨンソン
DATA
日時 07月26日(水)19:34 キックオフ
天気・気温 曇、無風、気温25.7℃、湿度76%
場所 味の素スタジアム
入場者数 7,357人
芝状況 全面良芝、乾燥
主審 山本雄大
副審 聳城巧、作本貴典【追加副審】東城穣、高山啓義
第4の審判 大川直也
試合監督コメント

ヤン・ヨンソン 監督

ヤン・ヨンソン 監督
 
今日の相手はオーガナイズされたいいチームだったが、接戦のゲームができたと思う。第1戦は0−1で負けていたので、今日は我々も得点を取りに行った。前半は耐える時間もあったが、徐々に我々のペースになって、いい形も作れた。前半終了間際にはカウンターからいい攻撃の形もあった。そして、後半には(フェリペ・シウバの)シュートがポストに当たるシーンもあったが、それが入らず、その直後にボールを失ってしまい相手に決められてしまった。

(今日のゲームのポジティブなところは?)いろいろと形を変えながら先週から練習をしてきた。それがゲームの中でうまくできたのはポジティブな面だと思う。また、何人かの選手も私がやろうとしていることをやってくれた。左サイドの高橋壮也もうまくやってくれたと思う。

(監督が目指しているスタイルは?)攻撃の中でいくつかテーマがある。その中の一つは、できたら手間をかけずに直接的に攻撃を仕掛けていきたい。また、ペナルティーエリア付近ではコンビネーションプレーもある。それらをうまくミックスしたゲーム展開にしていきたいと思っている。今日のFC東京は組織立ったいいチームだったが、そこを崩していくためには速攻やコンビネーションプレーを今後よくしていかないといけない。今後のリーグ戦も踏まえてだが、今日の試合で足りなかったのは、クロスを入れて攻撃を仕掛けることが少し足りなかった。クロスを入れるクオリティーも今後はよくしていかないといけない。

守備面ではコンパクトにディフェンスをしようと言っている。相手に勢いがある時は、耐えないといけない時間帯はあると思う。その中でコンパクトにしながら、どのタイミングでボールを取りにいくかを明確にしてディフェンスしないといけない。

(3人目の交代で千葉和彦選手を入れ、野上結貴選手をボランチにした意図は?)今日は何人かいい選手がいた中で先ほどは高橋壮也の名前を挙げたが、野上もすごく良かった。そのため、野上は外したくなかった。千葉を最終ラインに入れて、野上が中盤でどういう働きができるのかを見たかった。時間は足りなかったが、サイドの選手がしっかりと上がり、ボックスの中で野上が勝負できる局面を作りたかった。

(現状を乗り越えようとする気持ちを選手から感じるか?)選手は毎日の練習で元気よく臨んでくれている。日々のパフォーマンスの積み重ねが今後につながってくる。その中でチームは一歩づつ進んでいかないといけないが、私が言っていることもうまく吸収してやってくれている。今回のカップ戦は残念ながら次のラウンドへ進めなかったが、リーグ戦に向けてみんなで集中してやっていきたい。

(決定機をポストに当て、失点に絡むパスミスをした)シウバとは話をしないといけないが、あそこで決めていたら、その後の彼のプレーは変わっていたと思う。シュートを外した後にミスがあった。精神的にダメージがあったのかもしれないが、体も重たく感じたし、動きも悪くなっていた。それは見受けられた。
ページのTOPへ