MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ 日本Hp キャリアカレッジジャパン
  • 日本Hp キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース 三共ディスプレイ
  • セールスフォース 三共ディスプレイ 日本Hp

08月05日(土)

2017  明治安田生命J1リーグ 第20節   ジュビロ磐田戦

Last Update:2017/08/05

ジュビロ磐田

サンフレッチェ広島

#2
2 前 半 1
#3
0 後 半 2
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK戦 -
:16 中村俊輔
:28 大井健太郎
得 点 :24 柏好文
:58 パトリック
:63 アンデルソン・ロペス
21 シュート 12
6 G K 12
10 C K 1
9 直接FK 11
5 間接FK 1
5 オフサイド 1
1 P K 0
警 告
退 場
OUT IN   OUT IN
64上田康太上原力也交代選手77柴崎晃誠森島司
76川又堅碁松浦拓弥85アンデルソン・ロペス丸谷拓也
86松本昌也齊藤和樹
Pos No. PLAYER   Pos No. PLAYER
GK21カミンスキー先 発GK34中林洋次
DF3大井健太郎DF40丹羽大輝
DF5櫻内渚DF5千葉和彦
DF35森下俊DF4水本裕貴
DF41高橋祥平DF3高橋壮也
MF7上田康太MF6青山敏弘
MF10中村俊輔MF2野上結貴
MF13宮崎智彦MF44アンデルソン・ロペス
MF14松本昌也MF30柴崎晃誠
MF15アダイウトンMF18柏好文
FW20川又堅碁FW39パトリック
GK36三浦龍輝控 えGK21廣永遼太郎
DF2中村太亮MF28丸谷拓也
DF24小川大貴MF16清水航平
MF9太田吉彰MF7茶島雄介
MF11松浦拓弥MF10フェリペ・シウバ
MF30上原力也MF29森島司
FW16齊藤和樹FW50工藤壮人
名波浩 監 督 ヤン・ヨンソン
DATA
日時 08月05日(土)19:03 キックオフ
天気・気温 晴、弱風、気温26.8℃、湿度79%
場所 ヤマハスタジアム(磐田)
入場者数 14,515人
芝状況 全面良芝、乾燥
主審 廣瀬格
副審 西尾英朗、林可人
第4の審判 小椋剛
試合監督コメント

ヤン・ヨンソン 監督

ヤン・ヨンソン 監督
 
今日は全体的に良いゲームができたと思う。狙いとして「積極的に攻撃を仕掛けていこう」と選手へ伝えていた。やはり攻撃が最大の守備になると思っているし、今日は全体的に攻撃する時間を多く作れたと思う。最後の時間帯は守らないといけない展開になったが、そこでも選手たちは強さを見せてくれてうまく守り切ってくれた。相手は6連勝中であり、そういう相手に対して我々はうまくゲームを運ばないといけなかった。前節・鳥栖戦を振り返っても、良い試合をしながら勝てなかったが、今日はクラブ、選手にとって大きな勝利になったと思う。選手は勝利に値するパフォーマンスを見せてくれた。

(3得点に絡んだパトリックは)いいパフォーマンスを見せてくれた。最後の(丸谷の)4点目が決まりそうなシーンも彼が作ってくれた。今日はパトリックだけでなく、みんなに「お互いに忠誠心を持って戦おう」と求めていた。その中でパトリックは攻撃面でもよくやってくれたし、ディフェンス面でもよく貢献してくれた。

前半の高橋のファウルについて、「不必要なファウルをするな」と伝えていたが、結果的にPKを与えてしまった。ハーフタイムには少し厳しく彼には言った。ただし、後半はしっかり気持ちを切り替えて力強いパフォーマンスをしてくれた。そういう部分を含めて、我々の選手は後半、力強く戦い抜いてくれたと思う。

(監督就任後)Jリーグ初勝利になったが、本当は前節・鳥栖戦で地元・広島のファンの前で勝ちたかった。8〜10本は決定的なチャンスもあった。鳥栖の見事なシュートで失点してしまったが、選手たちはいいパフォーマンスを見せ続けてくれた。そのゲームを見て、近いうちに勝ってくれると期待していた。今日はアウェイだったが、初勝利をもたらせたことはすごく嬉しく思っている。

今日のゲームで勝点3を獲れたことはチームに良い影響をもたらすと思う。私がこのチームに来た時にネガティブな空気はそんなに感じなかった。自信が足りないところが少しあったが、その自信を付けていくために一番重要なのは、パフォーマンス。その積み重ねが自信を生んでいく。前節はそれに値する素晴らしいパフォーマンスを見せてくれていたので、今日は自信を持って試合に臨めた。そして勝利できた。それは当然、今後のチームに良い形で影響すると思っている。
ページのTOPへ