MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース タイ観光案内サイト
  • セールスフォース タイ観光案内サイト 三共ディスプレイ
  • タイ観光案内サイト 三共ディスプレイ キャリアカレッジジャパン

03月04日(日)

2018  明治安田生命J1リーグ 第2節   浦和レッズ戦

Last Update:2018/07/19

浦和レッズ

サンフレッチェ広島

#1
1 前 半 0
#2
0 後 半 2
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK戦 -
:43 青木拓矢
得 点 :66 柴崎晃誠
:79 稲垣祥
10 シュート 5
3 G K 6
3 C K 3
23 直接FK 17
3 間接FK 2
3 オフサイド 2
0 P K 0
:15 マウリシオ
:45+1 阿部勇樹
:70 遠藤航
警 告 :17 柏好文
退 場
OUT IN   OUT IN
74マルティノスズラタン交代選手56ティーラシン柴崎晃誠
79武藤雄樹武富孝介71青山敏弘吉野恭平
83長澤和輝李忠成88川辺駿工藤壮人
Pos No. PLAYER   Pos No. PLAYER
GK1西川周作先 発GK1林卓人
DF6遠藤航DF33和田拓也
DF2マウリシオDF2野上結貴
DF5槙野智章DF4水本裕貴
DF3宇賀神友弥DF19佐々木翔
MF22阿部勇樹MF36川辺駿
MF15長澤和輝MF6青山敏弘
MF16青木拓矢MF15稲垣祥
FW11マルティノスMF18柏好文
FW30興梠慎三FW39パトリック
FW9武藤雄樹FW31ティーラシン
GK28福島春樹控 えGK34中林洋次
DF26萩原拓也DF28丹羽大輝
DF31岩波拓也MF23吉野恭平
MF7武富孝介MF27馬渡和彰
MF38菊池大介MF30柴崎晃誠
FW20李忠成FW20渡大生
FW21ズラタンFW9工藤壮人
堀孝史 監 督 城福浩
DATA
日時 03月04日(日)16:04 キックオフ
天気・気温 晴、弱風、気温18.2℃、湿度48%
場所 埼玉スタジアム2002
入場者数 41,324人
芝状況 全面良芝、乾燥
主審 木村博之
副審 木川田博信、林可人
第4の審判 鶴岡将樹
試合監督コメント

城福浩 監督

城福浩 監督
 
今日は広島から約2,200名ものサポーターが来てくれたと聞いている。彼らの思いをかなえられて本当に良かった。

試合を振り返ると、前半は少しボールは持たれたが、決定的に崩されるシーンは少なかったように思っていた。ただ、最後のところで我々の左サイドを崩されて嫌な時間帯に点を取られた。後半は選手がもう一度気持ちをリセットしてよく戦ってくれたと思うし、何よりも追加点を取られずに我慢しながら自分たちの目指しているサッカーをやろうとしてくれた90分だったという意味では、開幕戦よりも少し進歩したかなと思う。浦和レッズという素晴らしいクラブに対し、アウェイで逆転できたのは大きな自信になると思っている。

(後半に川辺のポジションを変えた狙いは)ボールを握れるようなエリアができたと思う。前半のほうがよりコンパクトだったので難しそうなイメージはあったが、後半は間延びとまでは言わないが、お互いがオープンになってきたのでボールを握るための配置に変えた。

(今日は守備が堅かったが)もちろん我々はボールを握りたい。年間を通じてそういうチームになりたいが、強固な守備がなければリーグ戦は戦えない。システムを含めた守備のやり方はもちろん刷り込んでいかないといけないが、高いレベルのベーシックな部分で、より半歩まで相手に近付くとかボールのないところでいかに準備をするかはずっとプレシーズンが始まった時から選手に言い続けてきた。今日の選手は少しだけの成功体験を得られたと思っている。

(ティーラシンのパフォーマンスについて)開幕戦も厳しい相手だったと思うが、言わばノーマークの状態だった。ただ、開幕戦で得点したことで(今日の)彼へのマークは明らかに厳しかったと思う。相手を外してボールを受けられるシーンがそんなになかったという意味では、今日の彼が特別に良くなかったというよりも、マークされるべき選手になりつつあるということだと思う。これを乗り越えていって、相手にとって嫌なところでボールを触れる回数が増えていけばより我々のチームにとってプラスになる。

(柴崎に期待した仕事は)彼はスペースを見つけるのがうまくて、小さなスペースでも受けてクッションになってボールがつながり、起点になれる選手。「ボールが動きそうなので、どんどん受けてくれ」と。もう一つはこれ以上は失点したくなかったので、そこは「しっかりと守備から入ってくれ」と、二つのことを言ってピッチへ送り出した。

(チームに植え付けようとしていることはどれぐらい浸透しているか)一番考えないといけないのは、このチームの最大値を出すこと。今現在のメンバーで最大値は何なのかと。メンバーあるいはサブも含めて、ピッチに出た選手が各々の特長を消さないようにしながらボールを握るということはどういうことなのか。それを我々は追求している。そういう意味では、「カウンターが迫力がある」というふうに見ていただいたのであれば、それは今起用しているFWの特長がそういうことなので、そこは消したくない。だけれども、それだけにはなりたくない。今日は90分というスパンで見た時には、少しだけでも両方見せられたと思っている。
ページのTOPへ