MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース タイ観光案内サイト
  • セールスフォース タイ観光案内サイト 三共ディスプレイ
  • タイ観光案内サイト 三共ディスプレイ キャリアカレッジジャパン

03月18日(日)

2018  明治安田生命J1リーグ 第4節   ジュビロ磐田戦

Last Update:2018/07/19

高宮運送 スポンサードゲーム

サンフレッチェ広島

ジュビロ磐田

#0
0 前 半 0
#0
0 後 半 0
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK戦 -
得 点
8 シュート 9
12 G K 5
3 C K 2
16 直接FK 16
3 間接FK 3
3 オフサイド 3
0 P K 0
:2 野上結貴
:15 稲垣祥
警 告 :25 大南拓磨
:5 櫻内渚
退 場
OUT IN   OUT IN
59ティーラシン吉野恭平交代選手46ギレルメ山本康裕
74青山敏弘柴崎晃誠82山田大記松浦拓弥
80川辺駿馬渡和彰89アダイウトン小川航基
Pos No. PLAYER   Pos No. PLAYER
GK1林卓人先 発GK21カミンスキー
DF33和田拓也DF3大井健太郎
DF2野上結貴DF5櫻内渚
DF4水本裕貴DF6ギレルメ
DF19佐々木翔DF25大南拓磨
MF36川辺駿DF41高橋祥平
MF6青山敏弘MF7田口泰士
MF15稲垣祥MF14松本昌也
MF18柏好文MF15アダイウトン
FW39パトリックMF19山田大記
FW31ティーラシンFW20川又堅碁
GK34中林洋次控 えGK36三浦龍輝
DF28丹羽大輝DF24小川大貴
MF23吉野恭平DF35森下俊
MF27馬渡和彰MF8ムサエフ
MF30柴崎晃誠MF11松浦拓弥
FW20渡大生MF23山本康裕
FW9工藤壮人FW18小川航基
城福浩 監 督 名波浩
DATA
日時 03月18日(日)16:03 キックオフ
天気・気温 曇、弱風、気温20.0℃、湿度64%
場所 エディオンスタジアム広島
入場者数 16,962人
芝状況 全面良芝、水含み
主審 山岡良介
副審 田中利幸、福岡靖人
第4の審判 戸田東吾
試合監督コメント

城福浩 監督

城福浩 監督
 
詳しい数字は分からないが、開幕戦に迫るほどの観客の方にお越しいただき、期待を肌で感じた。全勝で中断期間に入りたかったが、勝点3をとることが簡単でないことを思い知った。磐田のコンパクトな守備を崩すのに苦労した。プレーの質をもっと上げていかなければいけない。ただ、こういった試合でも勝点1をとれたことは評価したい。4試合で1失点。積み上げてきた守備では、高いレベルのものを見せられたと思う。この守備を見せながら、攻撃の質を上げて、中断明けから前に進んでいきたい。

ここまで我々がやってきたことの背中を押してくれるスタートを切ることができたが、もっと質を上げていかなければ勝点3を積み上げるのは簡単ではないと思っている。守備の構築の部分では、選手の意識が研ぎ澄まされてきたが、どの試合も勝点1で終わってもおかしくなかったし、勝点0になった可能性もあった。内容的にいい試合をしたからこその勝点ではあるが、もっと質を追求していかなければいけないと改めて感じた。

攻撃の部分では、後ろからのビルドアップからアタッキングサードでの崩しについて、全体的な質を上げなければいけない。何か1つだけよくすればいいということではない。詳しいことはここでは話さないが、ベーシックな部分、選手たちのコンディション面も含めて、見直していきたい。

守備面では、失点して勝点0になる可能性もあった。ゴール前ではしっかりと固めるところは固めて、前から行くところは行く。それができているところもあった。

(ティーラシンから吉野への交代については)攻撃のことを考えながらも、後半の頭からアダイウトンに右サイドから突破を仕掛けられてクロスを上げられていたので、その部分の守備を強化しつつ、中の守備もしっかりしたいと思って交代した。もう少し右サイドをケアするように指示したが、位置が低かった。ただ、それは稲垣がよくなかったということではない。守備面を考えて、もう少し攻撃的にいきたいと思ったので、そのあと、稲垣をボランチに戻した。
ページのTOPへ