MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ 広島県信用組合 キャリアカレッジジャパン
  • 広島県信用組合 キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース タイ観光案内サイト
  • セールスフォース タイ観光案内サイト 三共ディスプレイ
  • タイ観光案内サイト 三共ディスプレイ 広島県信用組合

05月12日(土)

2018  明治安田生命J1リーグ 第14節   ベガルタ仙台戦

Last Update:2018/05/12

ベガルタ仙台

サンフレッチェ広島

#1
1 前 半 1
#3
0 後 半 2
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK戦 -
:12 奥埜博亮
得 点 :41 パトリック
:71 柏好文
:89 パトリック
9 シュート 10
6 G K 7
2 C K 10
9 直接FK 16
4 間接FK 0
4 オフサイド 0
0 P K 0
警 告 :17 パトリック
:59 佐々木翔
退 場
OUT IN   OUT IN
63関口訓充永戸勝也交代選手62渡大生ティーラシン
72富田晋伍板倉滉77柴崎晃誠吉野恭平
76奥埜博亮梁勇基85青山敏弘川辺駿
Pos No. PLAYER   Pos No. PLAYER
GK21関憲太郎先 発GK1林卓人
DF34椎橋慧也DF33和田拓也
DF27大岩一貴DF2野上結貴
DF39金正也DF4水本裕貴
MF17富田晋伍DF19佐々木翔
MF7奥埜博亮MF30柴崎晃誠
MF4蜂須賀孝治MF6青山敏弘
MF40関口訓充MF15稲垣祥
FW30西村拓真MF18柏好文
FW23中野嘉大FW39パトリック
FW11石原直樹FW20渡大生
GK1シュミット・ダニエル控 えGK21廣永遼太郎
DF2永戸勝也DF23吉野恭平
DF6板倉滉DF27馬渡和彰
DF13平岡康裕MF36川辺駿
MF10梁勇基MF14森島司
MF31茂木駿佑MF10フェリペ・シウバ
FW19ジャーメイン良FW31ティーラシン
渡邉晋 監 督 城福浩
DATA
日時 05月12日(土)16:03 キックオフ
天気・気温 曇、弱風、気温26.2℃、湿度35%
場所 ユアテックスタジアム仙台
入場者数 15,115人
芝状況 全面良芝、水含み
主審 松尾一
副審 武部陽介、林可人
第4の審判 野堀桂佑
試合監督コメント

城福浩 監督

城福浩 監督
 
今日もアウェイの応援エリアに800人という心強い塊があった。最後に彼らに対してお礼が言えたのは良かったし、共に喜び合えて良かった。

試合は早々に失点し、仙台の洗練されたポゼッションに少し回された感があった。そこで崩れることなく、もう一度自分たちがアグレッシブに行くことを確認しながら、選手たちも自分たちで確認をして、早めに追い付くことができた。前半の半ば以降は我々の高いインテンシティを発揮できたし、トータルで言うと60分〜70分は自分たちらしさは見せられたと思う。前半の良い入りをしようとした中で失点したのは反省しないといけないが、そこから3点を取って逆転したのは評価したい。3日前のJリーグYBCルヴァンカップ・G大阪戦で、我々は2点を取ったが3点取られて逆転負けした。それに対して全員が心に思うところがあった。なので、今日は後から途中交代で入った3人もエクセレントだった。すべてはつながっていると思うし、チーム一体となって次のルヴァンカップ・浦和戦も勝ちに行きたいと思っている。

(2得点を奪ったパトリックの活躍について)もちろん、「満足している」と言ってあげたいが、彼をもっともっと良くしたい。どんどんうまくなっているし、体も動くようになっている。もっと素晴らしい選手になってほしいので、課題と成果をしっかり提示しながら彼の良さを引き出していきたい。とにもかくにも攻守において本当にハードワークしている。最後(の3点目)、あのドリブルで中央を突破する彼のフィジカルコンディションは、毎日努力し続けてきた成果だと思うし、そこは共に喜び合いたい。クオリティーのところも含めて、彼の良さをもっともっと引き出していくことを目指していきたい。

(前半から)もともともう少し前から行きたかったが、前線と最終ラインの動きが同機していなかった。0-0なので、当たり前だが、セーフティーな判断があったと思う。ただ、1失点を喫した時にみんなが集まって、「もう一度、我々がやりたいことをやろう」、「やろうとしていることをやろう」と確認をしてキックオフを迎えられたのが良かったし、彼らの成長を感じた。

(前半半ばから)よりコンパクトにしたことで、青山や稲垣がボールを取れる要因になったと思う。よりコンパクトにするためには、前線が正しいタイミングでプレッシャーに行かない限り、ラインはステイできないし、ラインは上げられない。全体が同機してきたことによって、ボールの出所が分かり、ボランチのところでボールを刈り取ることができるようになった。ただ、“刈り取り切る”というのは、体が動かないとできないし、読みがないとできない。そういう意味では、青山はパサーだけでなく、ボールを刈り取ることもできる能力を見せてくれた試合だったと思う。
ページのTOPへ