MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース タイ観光案内サイト
  • セールスフォース タイ観光案内サイト 三共ディスプレイ
  • タイ観光案内サイト 三共ディスプレイ キャリアカレッジジャパン

08月22日(水)

2018  天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 3回戦   名古屋グランパス戦

Last Update:2018/09/26

サンフレッチェ広島

名古屋グランパス

#4
1 前 半 1
#1
0 後 半 0
2 延長前半 0
1 延長後半 0
- PK戦 -
:6 工藤壮人
:99 パトリック
:105+1 パトリック
:117 パトリック
得 点 :18 深堀隼平
20 シュート 14
11 G K 19
11 C K 8
7 直接FK 15
1 間接FK 5
1 オフサイド 5
0 P K 0
:25 吉野恭平
:102 馬渡和彰
警 告 :91 中谷進之介
退 場
OUT IN   OUT IN
62フェリペ・シウバ青山敏弘交代選手64石田凌太郎兵藤健斗
66工藤壮人パトリック68八反田康平中谷進之介
76川井歩稲垣祥74深堀隼平ジョー
90東俊希柏好文97佐藤寿人梶山幹太
Pos No. PLAYER   Pos No. PLAYER
GK1林卓人先 発GK18渋谷飛翔
DF27馬渡和彰DF41菅原由勢
DF5千葉和彦DF5新井一耀
DF4水本裕貴DF3櫛引一紀
DF26川井歩DF14秋山陽介
MF41東俊希MF46石田凌太郎
MF36川辺駿MF21八反田康平
MF23吉野恭平MF9長谷川アーリアジャスール
MF10フェリペ・シウバMF29和泉竜司
FW16ベサルト・ベリーシャFW32深堀隼平
FW9工藤壮人FW11佐藤寿人
GK34中林洋次控 えGK16武田洋平
DF2野上結貴DF20中谷進之介
MF15稲垣祥MF33梶山幹太
MF6青山敏弘MF42萩野滉大
MF18柏好文MF45倍井謙
FW31ティーラシンFW7ジョー
FW39パトリックFW49兵藤健斗
城福浩 監 督 風間八宏
DATA
日時 08月22日(水)19:03 キックオフ
天気・気温 晴、弱風、気温27.3℃、湿度73%
場所 エディオンスタジアム広島
入場者数 2,822人
芝状況 全面良芝、水含み
主審 笠原寛貴
副審 鈴木規志、野村修
第4の審判 吉田哲朗
試合監督コメント

城福浩 監督

城福浩 監督
 
今日はサポーターの人数が多かったかと言うとそうではないが、今日のような日に来てくれたサポーターを喜ばせないと我々の存在意義はないと思っていた。最後は最低限の結果は得られたと思うし、彼らと喜び合えて本当に良かった。

試合は延長戦に入ってはいけないゲームだったと思う。1点目を取った後に、もう1点を簡単に取れそうな空気の中で非常に軽いプレーで我々の左サイドを崩された。おそらく相手の最初の攻撃で失点したのは大いに反省しないといけない。やはり若い選手は自分の一つの軽率なプレーが、緊張感のないプレーがチームにとって苦しい思いになるのはよく学ばないといけない。ただし、その後はチームが崩れずに失点しなかったこと、途中から出た選手が自分の役割を全うしてくれたこと、次のラウンドに進めたことはチームとして非常に良かったと思う。

(ベリーシャの出来は)攻守において役割を全うしながらも彼の特長を出してほしいと思っていた。今日は120分とは思っていなかったが、できるだけ長い時間、彼にプレーしてもらいたかった。そういう意味では、完全に足が止まった状況でなかったのは良かった。ディフェンスの部分もまったく的外れではなかったし、攻撃でも中盤のところでボールを受けた時にロストすることはなかった。チームとしての流れを作ってくれたと思う。得点は取りたかったと思うが、彼も少し焦ったところもあるし、ゴール前に入っていったんだけどボールが入ってこなかったのもある。辛抱強く動き続けたという部分では評価したい。

(同点に追い付かれた後の戦い方は)例えば2トップがポジショニングのところで同じラインに入ってしまったり、自分たちでギャップを作れなかったり、サイドハーフにシンプルにボールを預ければいいところで少し最終ラインで数秒だが持ち過ぎることでビルドアップのリズムを作れなかったりした。それはパスの出し手もそうだし、受け手の意思表示も数秒遅かったのもあった。少し詰まる場面はあったと思う。ただ、後半はそこが少しスムーズになったと思っている。
ページのTOPへ