MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース タイ観光案内サイト
  • セールスフォース タイ観光案内サイト 三共ディスプレイ
  • タイ観光案内サイト 三共ディスプレイ キャリアカレッジジャパン

11月24日(土)

2018  明治安田生命J1リーグ 第33節   名古屋グランパス戦

Last Update:2018/11/24

広島ガス スポンサードゲーム

サンフレッチェ広島

名古屋グランパス

#1
1 前 半 2
#2
0 後 半 0
- 延長前半 -
- 延長後半 -
- PK戦 -
:36 柏好文
得 点 :39 ジョー
:44 小林裕紀
13 シュート 8
7 G K 6
4 C K 1
8 直接FK 16
0 間接FK 3
0 オフサイド 3
0 P K 0
:29 稲垣祥
:55 ティーラシン
警 告
退 場
OUT IN   OUT IN
64川辺駿森崎和幸交代選手73秋山陽介前田直輝
75稲垣祥東俊希82玉田圭司新井一耀
80柴崎晃誠青山敏弘90+1和泉竜司櫛引一紀
Pos No. PLAYER   Pos No. PLAYER
GK1林卓人先 発GK22ランゲラック
DF33和田拓也DF20中谷進之介
DF5千葉和彦DF17丸山祐市
DF2野上結貴DF29和泉竜司
DF19佐々木翔MF47相馬勇紀
MF18柏好文MF4小林裕紀
MF30柴崎晃誠MF15エドゥアルド・ネット
MF15稲垣祥MF14秋山陽介
MF27馬渡和彰FW28玉田圭司
FW36川辺駿FW7ジョー
FW31ティーラシンFW10ガブリエル・シャビエル
GK34中林洋次控 えGK16武田洋平
DF4水本裕貴DF3櫛引一紀
MF23吉野恭平DF5新井一耀
MF8森崎和幸DF31金井貢史
MF6青山敏弘MF9長谷川アーリアジャスール
MF41東俊希MF25前田直輝
FW16ベサルト・ベリーシャMF38児玉駿斗
城福浩 監 督 風間八宏
DATA
日時 11月24日(土)14:03 キックオフ
天気・気温 晴、弱風、気温18.4℃、湿度44%
場所 エディオンスタジアム広島
入場者数 21,997人
芝状況 全面良芝、水含み
主審 山本雄大
副審 作本貴典、塚越由貴
第4の審判 吉田哲朗
試合監督コメント

城福浩 監督

城福浩 監督
 
チームが個に負けた感が強いが、これがサッカーだと思う。これを受け入れないといけないし、これが今の我々の課題。5分間の2失点はチームで戦うのであれば隙を見せてはいけなかったし、我々のやるべきことをやったと言い切るには、あの5分間は隙があったと思う。今日はホーム最終戦ということで多くのサポーターの方々に来ていただいた。皆さんと喜び合いたかったし、カズを気持ち良くセレモニーに送り出したかったが、それができずに残念。また、チームとしてプレーしながら個に負けた残念さも刻んでおきたい。

(森崎和幸を最初に投入した意図は)本来であればこういうことを言うべきではないと思うが、彼は先発を含めてずっと悩んでいた。それぐらい彼が回復したかどうかを日々見極めながら試合の準備をしてきた。もちろん1年間ずっと体を動かしてきたわけではないので、体作りという意味では急造の感は否めないが、それでも彼は与えられた時間の中でコンディションを戻してくれたと思っていた。あとはゲームの中のインテンシティーはなかなか経験できない状況なので、そこだけは心配していたが、彼の技術や判断はおそらくこのチームにとって大きなモノをもたらせるだろうと思っていた。ゲームの状況がどうであろうが、彼を早めに投入することは決めていた。よくやってくれたと思う。

(引退については)彼がここまでチームやサポーターに愛される存在なのは、まず素晴らしいサッカー選手であるということ。また、サッカーにひた向きに向き合う人間性も素晴らしい。この二つがなければここまで愛される存在、惜しまれる存在にはならない。それはチームメートとして過ごしてあらためて思った。彼との時間はあと1週間だが、できることならもっともっと長く一緒にやりたかった。それが偽らざる気持ち。本当に「ごくろうさま」と伝えたい。

(今日のゲームの)モチベーションに関してはもちろんお客さんが多いければ多いほど上がりやすいものではあるが、我々は常に高く保ってきたと思っている。ただ、前節・仙台戦はその内に秘めたものを見せることができなかった数少ないゲームだった。それがなぜなのかを我々はエモーショナルな部分だけでなく、サッカーという側面からも少し考えさせられた前節・仙台戦だった。今回はサッカーの質もそうだが、気持ちを見せられる試合にしたいと思っていた。もちろん勝てなかったことは残念だし、我々が「やるべきことをやっていなかった」と言われるのは私の立場だと思う。ただ、チームはやるべきことをやったと私は思っている。結果は甘んじて受けるが、選手が手を抜いたということはない。

(東俊希の投入意図は)意図という意味では、彼は左足のキックが素晴らしくいいモノを持っている。セットプレー、あるいは流れの中でのクロスで決定的なシーンを作ってほしかった。基本的に評価はあまりしないが、彼は高校生なのであえて言うと、何もできなかったことを心に命じないといけない。それが次のステージに行くことにつながっていく。私の起用が問題だったかもしれないが、大事なのは彼が与えられた時間で何ができたかということをグラウンドで表現できるような毎日を過ごさないといけない。
ページのTOPへ