MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ 広島県人権12月10日告知 日本Hp
  • 広島県人権12月10日告知 日本Hp キャリアカレッジジャパン
  • 日本Hp キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース 三共ディスプレイ
  • セールスフォース 三共ディスプレイ 広島県人権12月10日告知

LAST UPDATE:2017/05/16

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

P3 HIROSHIMAの活動の一環として、千葉和彦選手とアンデルソン・ロペス選手が、広島赤十字・原爆病院を訪問しました

5月15日(月)、P3 HIROSHIMAの結成10周年記念事業の一環として、広島交響楽団の楽団員4名、広島東洋カープのスラィリーと一緒に千葉和彦選手とアンデルソンロペス選手が、広島赤十字・原爆病院を訪問しました。
オープニングでは、P3全員のサインパネルに併せて、サンフレッチェ広島は、両選手のサイン入りユニフォームをプレゼントしました。
 
オープニングセレモニーに続いて行われた広島交響楽団4人の弦楽器奏者によるロビーコンサートでは、千葉選手が飛び入りで指揮者として登場し、鑑賞に来ていた女性サポーターを巻きこんで会場を大いに盛り上げました。
 
ロビーコンサート終了後は、入院患者さんや訪れた来場者との写真撮影、サインなど親睦を深めました。
 
その後、小児科病棟に移動し、血液疾患を治療している子供たちと触れ合いました。
病原菌を持ちこまないように完全に隔離された病棟内のプレイルームには、SANFRECCE・CARPのロゴや音符を切り抜いた色紙の壁面飾りが施され、選手たちを温かく迎えてくれました。
まず、広響の弦楽4重奏でとなりのトトロなどのアニメソングを鑑賞したのち、千葉選手、アンデルソンロペス選手とスラィリーが子供たちとふれあい、楽しいときを過ごしました。
 
P3は2007年5月に発足し、ちょうど10周年を迎えました。
今後も三団体が一体となり、社会貢献活動を継続していきたいと思います。
ページのTOPへ