MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース タイ観光案内サイト
  • セールスフォース タイ観光案内サイト 三共ディスプレイ
  • タイ観光案内サイト 三共ディスプレイ キャリアカレッジジャパン

LAST UPDATE:2010/12/31

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

槙野智章選手、1.FCケルンへの完全移籍合意のお知らせ

サンフレッチェ広島所属の槙野智章選手が、1.FCケルン(ドイツ・ブンデスリーガ1部)に完全移籍加入することに合意いたしましたのでお知らせします。
槙野 智章選手 プロフィール
氏名槙野 智章(まきの ともあき)
生年月日1987年 5月11日
出身地広島県広島市
身長/体重182cm/75kg
ポジションDF
サッカー歴井口明神FC
⇒サンフレッチェ広島ジュニアユース
⇒サンフレッチェ広島ユース
⇒サンフレッチェ広島
出場記録              リーグ戦    リーグカップ    天皇杯
2006年 広島/J1  1試合 0得点  1試合 0得点  0試合 0得点
2007年 広島/J1 18試合 1得点  4試合 0得点  5試合 0得点
2008年 広島/J2 41試合 7得点   ―   ―   4試合 1得点
2009年 広島/J1 33試合 8得点  2試合 0得点  2試合 0得点
2010年 広島/J1 34試合 4得点  4試合 1得点  1試合 1得点
通  算     J1 86試合13得点 11試合 1得点 12試合 2得点
         J2 41試合 7得点
日本代表歴(主要大会)U−17日本代表
U−18日本代表
U−19日本代表(AFCユース選手権2006)
U−20日本代表(FIFA U−20ワールドカップ カナダ)
日本代表(FIFA ワールドカップ南アフリカ アジア最終予選)
※通算成績:4試合出場/0得点
備考なお、1月初旬に予定されているメディカルチェックの結果などによっては、正式契約に至らない可能性もありますので、あらかじめご了承下さい。
コメントこのたび、ブンデスリーガのFCケルンに移籍することが決まりました。

僕がサッカーを習い始めてから常に、W杯に出場したい、プロ選手になりたい、
そしてもう1つ、海外でプレーしたい、と思っていました。
その夢がやっと叶い、満足しているとともに、スタートラインに立ったな、と感じています。

海外でプレーしたいという思いは、小さい頃から抱いていました。
ただ、なかなかそれに近づくことができませんでした。その思いが強くなったのは、2年前からです。

(ケルンを選んだのは、ドイツでは)日本人選手がたくさんプレーしており、
経済面、環境面、そして自分のプレースタイルなど、トータルで考えた結果、自分が活躍できると信じて決めました。

ブンデスリーガのイメージは、ハードワークをして球際にも強く、
サッカーというよりも“戦い”というイメージがあります。

海外でプレーすることを夢見て、それがかない満足している部分もありますが、
これまで一緒に戦ってきた仲間とプレーできなくなることは心残りです。
ジュニアユースから広島で育ててもらい、たくさんの人に支えてもらったからこそ、今の自分があると思っています。
そんな方たちと当たり前のようにサッカーをし、楽しく笑っていた自分が、
広島のみなさんの前でプレーできなくなるのは寂しいです。

広島という素晴らしいチームで教わったことを、ピッチの中でも外でも発揮し、
ドイツでも新しい槙野智章を作り上げたいと思います。
今よりももっとハードに、そしてタフに、海外でも活躍できるようなDFWとして、
守備だけでなく攻撃の部分でも通用する選手になりたいです。

自分の目標であった2010年南アフリカのW杯のピッチに立つことができず、
2010年のリーグ戦が終了に近づくにつれ、あと4年間で自分が何をしなければいけないのか、考えた結果、
国内よりも海外でもっと自分を大きくしたいという思いが強くなりました。
海外に挑戦するだけでなく、自分をもっと1ランク2ランク上げなければ、4年後のW杯の舞台に立てません。
僕にとっては日々が勝負です。

1つ上の先輩である森脇くんには、非常に支えてもらいました。
サッカーはもちろん、プライベートでも面倒をみてもらい、いつもわがままをきいてくれました。
プロだけでなく、ユース時代もふくめて、いい思い出ばかりがあります。
これから一緒にプレーできなくなることは、残念に思います。
(高萩)洋次郎くんや(高柳)一誠くんや、ずっと一緒に戦ってきた選手とプレーできなくなるのはつらいです。

常日頃から、自分の中でサッカー文化を興し、子ども達に夢を与えたいと思っていました。
こうやって広島で育ち、サンフレッチェで育った僕が海外に挑戦することで
広島の子ども達に少しでも夢を与えるきっかけになったのではないかと思います。

2年目から試合に出るようになり、(サポーターのみなさんには)J2降格という悲しい思いをさせてしまいました。
そしてJ1に復帰し、ACL出場権の獲得や、ヤマザキナビスコカップ準優勝と波のある結果になったかもしれません。
ただ、その中でも僕にとって一番うれしかったのは、5年目になって、僕の応援歌を作って歌ってくれたことです。
今まで、自分の所属する学校でプレーしたことのなかった僕を、初めて素晴らしい応援歌で支えてくれました。
勝手に始めたサンフレ劇場に期待し、笑って喜んでスタジアムに足を運んでくれたサポーターには、感謝の気持ちでいっぱいです。
今年からやり始めたパフォーマンスも、反対することなく僕達をバックアップしてくれました。
本当に感謝しています。

まだスタートラインに立ったばかりなので、広島で育ち、広島から日本へ、
広島で育った槙野智章というフレーズを世界に広げるために大いに躍動し、
ドイツでも沸かせるようなパフォーマンスをして盛り上げたいと思います。
ページのTOPへ