MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ 広島県信用組合 キャリアカレッジジャパン
  • 広島県信用組合 キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース タイ観光案内サイト
  • セールスフォース タイ観光案内サイト 三共ディスプレイ
  • タイ観光案内サイト 三共ディスプレイ 広島県信用組合

LAST UPDATE:2011/02/01

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄キャンプ3日目

キャンプ3日目は、なんと夜明け前からのスタートとなりました。
朝7時。選手が眠い目をこすりながら到着したのは、練習場の付近にあるゴルフ場。
傾斜のきつい100mのショートホールをアップダウンし、体を鍛えます。
最初、全員でコースをゆっくりと走って周回したあと、
1組4人に分かれて、上り坂をダッシュ、下りはジョギングという往復を12本。
歩いて登るだけでも負荷が掛かる坂道を、選手は何度も駆け上がりました。
この早朝トレーニングは、時間にして約40分。
「もう足がパンパン…」と選手たちは悲鳴をあげていましたが、
それでもしっかりとメニューをこなしていました。

もちろん、この日の練習はそれだけでは終わりません。
午前の練習はいつもより少し遅めの11時からスタート。
ここでは、ランニング、体幹トレーニング、ボールワーク、
3人のパス交換からのシュート練習、ハーフコートの2対1など、
約1時間35分、精力的に汗を流しました。

さらにトレーニングは、まだまだ続きます。
午後の練習は17時から、選手たちも「記憶にない」という3部練習が行われました。
ランニング、鳥かご、ボールワークと続き、
その後は9対9のハーフコートでのポゼッション、ハーフコートでのミニゲーム。
練習が終了したのは18時半で、太陽はすっかりと山の陰に隠れ、
最後は照明をたいた中での練習となりました。

朝7時から夜7時までの12時間で、選手たちがトレーニングに励んだ時間は、
なんとトータルで3時間45分。
その間に2回の食事と休憩をはさみながらも、かなりハードな練習となりました。

この沖縄キャンプを通じてしっかりと体を作り、1年間を戦い抜ける力を培っています。
キャンプはまだ序盤。
日々、激しさを増すキャンプは、選手にとってとても充実したものとなりそうです。



一方で、アジアカップ優勝に沸く日本代表メンバーが、夕方に帰国。
優勝カップを手に空港から登場した森脇選手の姿を
テレビでご覧になった方も多いのではないでしょうか。

そして、なんといっても李忠成選手。
決勝で見事なボレーシュートを決め、日本を優勝に導いたヒーローは、
帰国直後にも関わらず、夜の各局のニュース番組に生出演を果たしました。

李、西川、森脇の3選手は、3日のオフを経て、
2月4日からキャンプに合流する予定です。
ページのTOPへ