MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ 広島県信用組合 キャリアカレッジジャパン
  • 広島県信用組合 キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース 三共ディスプレイ
  • セールスフォース 三共ディスプレイ 広島県信用組合

LAST UPDATE:2011/02/25

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎キャンプ10日目

24日は、宮崎キャンプの総仕上げ、モンテディオ山形とのトレーニングマッチが行われました。
1試合目に出場したのは、実績のある選手が多いいわゆる主力組。
試合毎に変わるシャドーのポジションには、最初、山崎選手と高萩選手が入りました。

試合は、しばらくいこう着状態が続きます。
相手にほとんどチャンスを与えることはなかったのですが、
こちらもなかなかチャンスを創り出せず、ゴールネットを割ることができません。
ただ、キャンプの疲れがある中でも、選手たちはサンフレッチェのサッカーを表現すべく、戦いました。

ようやくゴールネットを割ったのは、メンバーを入れ替えた後半30分。
服部選手のクロスをムジリ選手が折り返し、最後は浩司選手が右足で決めました。
これでムジリ選手は、自身のゴールを含めて、今キャンプ中の出場した全試合で得点に絡むことになりました。

そのまま逃げ切ったサンフレッチェは、この宮崎キャンプでの初完封勝利。
いい形で締め括ることができました。
この試合では6名の選手が入れ替わりましたが、それぞれが持ち味を発揮。
開幕戦に向けて、スターティングイレブン、そしてベンチ入りの争いは、ますます激しいものとなりそうです。


そして、若手中心の2試合目は、スコアが象徴している通りの素晴らしい試合となりました。
前半からいい形で戦っていたものの、ゴールが割れず、
反対にセットプレーと自分たちのミスから、2点を失ってしまいます。
ただ、ここで下を向いてしまうことはありませんでした。
後半15分、清水選手がFKを直接ゴールに叩き込んだのが反撃の狼煙。
27分には、またもや清水選手、そして34分、36分には、
サンフレッチェの選手として初めてトレーニングマッチに出場する鮫島選手、西岡選手がそれぞれゴールを決めて、
なんと大量4得点で逆転に成功します。

27分の清水選手のゴールは、丸谷選手の右サイドへの展開に、
石川選手が持ち味を活かした素晴らしい走りで追いつき、そこから生まれたもの。
鮫島選手のゴールは、ボールを奪ったところから自分で持ち込んでシュートを決め、
西岡選手はコーナーキックから、打点の高いヘディングでネットを揺らしたゴール、
とどれをとっても見応えのあるゴールばかりでした。

若手選手たちにもキャンプの疲労感はあったはずですが、
戦う気持ちが前面に押し出され、とても躍動感のある試合を見せてくれました。
この試合内容に、ペトロヴィッチ監督も
「近い将来、この中から何人かはレギュラークラスになるだろう」と選手たちを称えました。

キャンプラストの2試合をともに勝利で飾ったサンフレッチェ。
この勢いを開幕につなげたいところです。
チームは明日、午前中にリカバリートレーニングを行い、広島に戻ります。
ページのTOPへ