MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ 広島県信用組合 キャリアカレッジジャパン
  • 広島県信用組合 キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース 三共ディスプレイ
  • セールスフォース 三共ディスプレイ 広島県信用組合

LAST UPDATE:2011/05/22

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウェイ・ヴィッセル神戸戦にて、たくさんのご声援ありがとうございました!

5月21日(土)J1リーグ第12節vs.ヴィッセル神戸@ホームズスタジアム神戸におきまして、
たくさんのご声援をお送りいただき、誠にありがとうございました。
約1,600人もの方に神戸までお越し頂き、相手チームに負けないほど、力強い後押しをいただきました。
アウェイの試合で、これほど多くの方からご声援をお送りいただいたこと、深く感謝申し上げます。

6戦無敗で迎えた1戦。しっかりと結果を残し、さらなる浮上を狙いたいところでしたが、
チームを取り巻く状況は、非常に厳しいものがありました。
水本選手、青山選手の負傷に加え、李選手、森脇選手が出場停止。
さらには試合当日、浩司選手が発熱によって離脱したうえに、
試合中には山岸選手にもアクシデントが発生し、途中交代してしまいました。
主力を大幅に欠く中での試合となり、なかなか思うように自分たちのサッカーができない中、
相手に先制点を許し、より苦しい展開となりました。

しかし、その中でも選手は力の限り戦いました。
試合終了のホイッスルが鳴った瞬間には、何人もの選手が疲れ果てて、その場でピッチに崩れ落ちたほど。
結局、同点に追いつくことができず、開幕戦以来の無得点に終わってしまいましたが、
その気持ちは必ず次の試合につながっていくはずです。

苦しい試合にはなりましたが、明るい話題がなかったわけではありません。
トミッチ選手が公式戦に初出場、初先発。
序盤こそ堅さがみられたものの、時間を経過するごとに攻撃面で持ち味を発揮しました。
また、サンフレッチェの鉄人・服部選手は、
史上22人目となるJ1リーグ通算350試合出場を果たしています。

次の試合は5月29日(日)。広島ビッグアーチに強豪・鹿島を迎えます。
李選手、森脇選手も復帰し、神戸戦の分まで、奮起してくれるはずです。
チームとしても、連敗を喫するわけにはいきません。
再びチーム一丸となって勝利を目指して戦います。
皆さんも一緒に、ともに戦いましょう!
引き続き、熱いご声援をよろしくお願い申し上げます。


株式会社サンフレッチェ広島
ページのTOPへ