MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ 日本Hp キャリアカレッジジャパン
  • 日本Hp キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース 三共ディスプレイ
  • セールスフォース 三共ディスプレイ 日本Hp

LAST UPDATE:2015/01/29

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿児島キャンプ3日目

体力作りをメインにハードな練習が続いている第1次・鹿児島キャンプ。
3日目となった本日は前日を上回る厳しいトレーニングが待っていました。

特に目を引いたのは、この日の午前練習です。
松本フィジカルコーチ主導の下、ランニングからトレーニングをスタートすると、
その後に向かった先はグラウンドのすぐ傍にある66段の階段。
そう、坂道ダッシュならぬ“階段ダッシュ”です。
序盤は半分の33段を使ってダッシュしたり、両足飛びを繰り返していましたが、
最後のほうでは66段を全力で走破。
トレーニングを見ている側も過酷さが十分に伝わるほどで、
選手たちは苦しい顔を見せながらも気合いを入れて“階段ダッシュ”を乗り切りました。

しかし、この日の午前練習はそれだけでは終わりません。
グラウンドに戻り、ランニングシューズからスパイクへ履き替えた選手たちに待っていたのは、
ボールを使わないスプリントトレーニング。
50m、70m、100mと徐々に距離を伸ばしていき、
それぞれ100%の力で全力ダッシュ。
ただでさえ“階段ダッシュ”で足腰がパンパンな上に
このスプリントを実施したことで最後の100mを走り切った後には
グラウンドで座り込む選手もいたほどでした。

そんな過酷な午前練習を終え、迎えた午後のトレーニングは、
一転してボールを使ったゲーム形式のメニュー。
8対8のポゼッション練習やゴールを使ったハーフコートの9対9といった
ボールを使った本格的なトレーニングが今回の鹿児島キャンプで初めて組み込まれ、
日を追うごとに練習の熱が高まっていることを実感するキャンプ3日目となりました。

本日の午前練習後にインタビューにこたえた松本フィジカルコーチは、
「選手はオフ期間中にいい準備をしてくれていた。
始動日からスムーズに集中してできている」と現状についてコメント。
現在は離脱者が一人もおらず、トレーニングは順調に進行中。
約2週間に及ぶ鹿児島キャンプはまだまだ続きますが、
今後も1日、1日を大切にトレーニングに取り組んでいきます!
ページのTOPへ