広島のために 世界のために サッカーファンのために

画像の中心をクリックすると、
スタジアム全景がご確認いただけます

当社は広島市のど真ん中、旧広島市民球場跡地に、多目的な使用が可能なサッカースタジアム、
「ヒロシマ・ピース・メモリアル・スタジアム」の建設をご提案いたします。

NEW! 6月3日(金)
Hiroshima Peace Memorial Stadium(仮)の実現可能性について

Hiroshima Peace Memorial Stadium(仮)更なる詳細プランを発表しました。

  1. (1)スタジアム詳細図面
  2. (2)スタジアム事業収支
  3. (3)資金調達スキーム
  4. (4)経済効果

資料をダウンロード(PDF)

5月13日(金)記者会見映像

記者会見映像 発表編

記者会見映像 質疑応答編

Hiroshima Peace Memorial Stadium
5月13日(金) 記者会見資料(PDF)

久保会長インタビュー(4月22日)

・選手からのメッセージについて
・皆様からの応援メッセージを紹介します
・作業部会(県・市・商工会議所)資料の問題点
・5月13日の当社記者会見について

NEW!佐藤選手からのメッセージを追加しました

  • 佐藤寿人選手
  • 青山選手
  • 千葉選手
  • ミキッチ選手
  • 森葺a幸選手
  • 森附_司選手
  • 茶島選手
  • ウタカ選手
  • 宮原選手

過去のインタビュー動画

広島県サッカー協会から、ご賛同をいただきました。(3月25日)

詳細はこちら

記者会見映像 発表編

記者会見映像 質疑応答編

建設プランについての提案資料(PDF)

このスタジアムのコンセプトは、この3つに集約されます。

  • 将来の広島の発展のために
  • 平和都市・広島からの情報発信機能を高めるための基地に
  • スポーツ文化そのものの永続的な発展の基盤にそのものの永続的な発展の基盤に

全くの焼け野原になってしまった戦後の広島市の復興の象徴、平和記念公園にほど近い旧広島市民球場跡地でしか実現できない、クラブの監督や選手たちの声も反映する、全世界の老若男女を問わないすべてのスポーツファンのための、また、広島そのものの永続的な発展に貢献しうるスタジアムです。

当社は、日本を代表するクラブチームに育ったサンフレッチェ広島の持つ力のすべてを、このスタジアムの成長のために、注ぎ込んでいくべきだと考えています。
広島に本当にサッカー専用スタジアムを創るならば、サンフレッチェの声こそ聞いてほしい。これまでの3年間で40万人もの方々から署名もいただきました。

「今こそ、ワシら、スタジアムを使う選手・監督・サポーター・クラブ経営のプロの声を聴いてほしい」。 そのプロセスも含め、みんなが納得のいく形でスタジアムを創ってほしい。このプランは、その一念で生まれました。当然、課題はたくさんありますが、「先立つもの」も含め、大きな希望も見えています。
これからもサンフレッチェ広島は、このスタジアムとともに広島のために、日本のために、世界のために貢献しうる役割を果たしていきたいと考えています。ぜひ、ご期待ください。

2016年3月
株式会社サンフレッチェ広島

「サッカースタジアム」の潮流

  1. ピッチとスタンドの距離が近い、臨場感溢れる劇場スタイルのスタジアム
  2. 県民・市民が誇りを抱く、街のシンボルとしてのスタジアム=ホームスタジアム
  3. 交通の便が良く、性別、年齢、ハンディを超えて、誰もが日常的に集い、利用できるスタジアム
  4. プロアマ問わず、地域スポーツ振興の場となるスタジアム
  5. 街の活性化の新たな求心力=街の集客装置としてのスタジアム
  6. 365日、試合のない日も人を呼ぶ多機能複合型のスタジアム
  7. 国際試合招致やイベント開催など、収益を生み出すスタジアム
  8. 太陽光発電など再生可能エネルギーを活用した環境に優しいスタジアム

スタジアムの未来?サンフレッチェ広島 森保一 欧州へ?

広島の街を、スポーツを、そしてサッカーを愛するサンフレッチェ広島 森保監督が ドイツ・スイスの最新スタジアムをこの目で確かめるため、欧州スタジアム視察を敢行! ピッチから眺めていたスタジアムとは違う、スタジアムの魅力やビジネスの様子に森保監督が 直に触れるスペシャル番組を放送しました。ぜひご覧ください。

これまでの歩み

ご協力いただきました現在の署名

420,372

※2016/06/14 現在

署名PDF

ページのTOPへ