まちスタ!プロジェクト

まちスタ!プロジェクトとは

現在、2024年開場に向け、「街中(中央公園広場/広島市中区)」の立地を生かし、365日たくさんの人が集い、幅広い世代に楽しんで頂けるスタジアムとなるよう建設に取り組んでいます。
本プロジェクトは、「交通アクセスに優れた広島のまちなか(都市の中心部)に立地する、広島の“まち”を元気にする“スタ(ジアム)”」の実現に向けたプロジェクトです。

寄附に協力する

本ページでは、まちスタ!プロジェクトに関連する情報を随時掲載させて頂きます。
是非、SNS等での情報発信・拡散にご協力を宜しくお願い申し上げます!

新スタジアム建設に向けた
寄附ご協力のお願い

この度、賛同いただける多くの皆さんのご支援・ご協力を賜りたく、ふるさと納税制度を用いた「新スタジアム建設に向けた寄附」を広島市が主体となり開始することとなりました。集まった寄附は、広島市の「サッカースタジアム建設基金」に積み立てられ、スタジアムを建設するための資金に活用されます。

募集期間
2019年10月1日~2023年3月31日(予定)
目標額
1億円

寄附方法

  1. クレジットカード決済による寄附
    • ※以下広島市ホームページからお手続きが必要となります。
  2. 納付書、口座振込による寄附
    • ※以下の広島市ホームページからのお手続き又は広島市への寄附申出書の提出が必要となります。
      http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1561365856898/index.html
    • ※サンフレッチェ広島ホームゲーム開催会場、各イベント等でも受付ブースを設置する予定です。
      設置情報は随時ご案内させて頂きます。
寄附特典及び税制上の優遇措置

(寄附特典)
1回あたりの寄附額に応じて以下の特典がございます。
広島市外在住の方には、ふるさと納税の返礼品もございます。詳細は、広島市ホームページでご確認ください。
※寄附額は合算しませんのでご注意ください。

(税制上の優遇措置)
この寄附金はふるさと納税制度の対象となるため、確定申告を行うことにより、所得税や住民税から寄附金控除を受けることができます。
詳細は、広島市ホームページでご確認ください。
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1561365856898/index.html

1回あたり1万円以上
  1. シリアル番号入り記念カード
  2. スタジアム完成後の内覧会ご招待
シリアル番号入り記念カード
1回あたり5万円以上
  1. シリアル番号入り記念カード
  2. スタジアム完成後の内覧会ご招待
  3. スタジアム内への芳名板(ネームプレート)掲出
シリアル番号入り記念カード 芳名板(ネームプレート)

本寄附は、広島市が主体となって募集を行い、集まった寄附金は、
市の設置する「サッカースタジアム建設基金」に全額積み立てられます。

詳細につきましては、広島市・サッカースタジアム建設寄附募集ページへおすすみください
サッカースタジアム建設寄附募集!!

寄附に関するお問い合わせ先

広島市都市整備局公園整備課スタジアム建設担当

TEL:082-504-2237
Email:park@city.hiroshima.lg.jp

また、「新スタジアム建設に向けた募金箱」をVpoint店頭・ホームゲーム試合会場・イベント会場等に設置させて頂きますが、本募金箱へのご協力に対しては、特典・返礼品等の対応はございませんので十分にご注意ください。
設置情報は、随時ご案内させて頂きます。
期間:2019年10月1日~2023年3月31日予定

「第1回広島を元気にする『まちなかスタジアム』シンポジウム」
(まちSTA!シンポジウム)活動報告
-2018年7月11日更新-

2018年7月1日(日)広島国際会議場 国際会議ホール「ヒマワリ」にて「第1回広島を元気にする『まちなかスタジアム』シンポジウム」(まちSTA!シンポジウム)を開催いたしました。
約500人もの方々にご来場いただき、大盛況の内に終了いたしました。
お越しいただいた皆さまには、改めまして御礼申し上げます。
ありがとうございました。
当日の様子、資料を公開いたします。

1.スポーツ庁による基調講演 / スポーツ庁 忰田参事官補佐

当日の資料は以下よりダウンロードできます。

スポーツ庁まちSTA!シンポジウム資料

2.日本政策投資銀行による特別講演 / 株式会社日本政策投資銀行 桂田参事役

当日の資料は以下よりダウンロードできます。

日本政策投資銀行まちSTA!シンポジウム資料

3.Jリーグ欧州スタジアム視察について / Jリーグ 佐藤スタジアム推進役

講演の中で動画が上映されました。

4.パネルディスカッションⅠ部「スタジアムと地域活性化、まちづくり」

5.パネルディスカッションⅡ部「フットボール専用スタジアムの魅力」

サンフレッチェ広島ではこれからも「まちなかスタジアム」の活動を通し、広島の「まちなかスタジアム」の早期実現に向け、様々な取り組みを行ってまいります。

「第1回広島を元気にする『まちなかスタジアム』シンポジウム」
(まちSTA!シンポジウム)概要

(開催終了しました)

サンフレッチェ広島は、サッカースタジアム建設の早期実現をめざす「広島みんなの『まちなかスタジアム』プロジェクト(「まちSTA!プロジェクト」)」を立ち上げました。
この度、同プロジェクトの取組みの一環として、公益財団法人広島県サッカー協会、サンフレッチェ広島後援会と共催し、第1回まちSTA!シンポジウムを開催いたします!

このシンポジウムでは、国内外の最新のサッカースタジアムの機能や事例を紹介するとともに、まちづくりや地方創生の観点から、広島市中心部に立地する国際平和文化都市「広島」に相応しい、都市型・未来型サッカースタジアムについて考えていくことで、広島の「まちなかスタジアム」の早期実現に向け、県民市民の皆さまと一緒に、機運の盛り上げを図ってまいります。

パネルディスカッションは2部構成で、Ⅰ部では、有識者が「スタジアムと地域活性化、まちづくり」をテーマに議論を展開します。またⅡ部では、当クラブの城福監督、千葉選手、丹羽選手、森崎アンバサダーが「フットボール専用スタジアムの魅力」について大いに語ります。

とても魅力的なプログラムになっています。ぜひふるってご参加ください。

日程 2018年7月1日(日)14:00開始~17:00終了(13:00開場)
※途中入場できませんので、開始時間に間に合うようにお越しください。
会場 広島国際会議場 国際会議ホール「ヒマワリ」
広島市中区中島町1-5(平和公園内)
参加対象 広島の「まちなかスタジアム」にご興味のある方ならどなたでも
定員 500名(先着順)
※参加費無料
※事前申し込み不要
※定員オーバーの場合、入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。
主なプログラム
  1. スポーツ庁による基調講演 / スポーツ庁 忰田参事官補佐
    「スタジアム・アリーナ改革」について
  2. 日本政策投資銀行による特別講演 / 株式会社日本政策投資銀行 桂田参事役
    スマート・ベニューの実現に向けて
  3. Jリーグ欧州スタジアム視察について / Jリーグ 佐藤スタジアム推進役
    「私たちの街、私たちのクラブ、私たちのスタジアム」
  4. パネルディスカッションⅠ部「スタジアムと地域活性化、まちづくり」
    忰田氏(スポーツ庁)、桂田氏(日本政策投資銀行)、佐藤氏(Jリーグ)、山本社長、城福監督、信江室長
  5. パネルディスカッションⅡ部「フットボール専用スタジアムの魅力」
    城福監督、千葉選手、丹羽選手、森崎アンバサダー、山本社長、信江室長
  6. 「まちSTA! アイデア」グッドアイデア賞のご紹介
    募集期間:2018年4月2日(月)~4月30日(土)
    応募総数:約100件
    ※一級建築士など専門知識をお持ちの方から一般の方まで、多くの方にアイデアを応募いただきました。
    選考方法:応募されたアイデアから、サンフレッチェ広島社内の選考委員会で選考し、ユニークなアイデアについて、シンポジウム当日に、事務局からご紹介します。
主催 公益財団法人広島県サッカー協会、株式会社サンフレッチェ広島、サンフレッチェ広島後援会
後援
  • 経済産業省 中国経済産業局
  • スポーツ庁
  • 公益財団法人日本サッカー協会
  • 公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)

スピーカープロフィール

忰田 康征氏
スポーツ庁 参事官(民間スポーツ担当)付 参事官補佐

1986年福岡県北九州市生まれ。
2009年早稲田大学卒業後、経済産業省に入省。地域経済政策や貿易政策等を担当。2015年から2年間、オーストラリアのグリフィス大学でスポーツマネジメント修士号(Master of Business and Marketing(Sports Management))を取得後、2017年6月からスポーツ庁に出向し現在に至る。スポーツ庁では、スポーツの成長産業化実現に向けて、スタジアム・アリーナ改革やスポーツ経営人材の育成・活用、スポーツオープンイノベーションの促進等の施策を担当。

桂田 隆行氏
株式会社日本政策投資銀行 地域企画部 参事役

1975年兵庫県西宮市生まれ。
1999年北海道大学法学部卒業、日本開発銀行(現 日本政策投資銀行)入行。入行後はエネルギー部、中国支店、産業・技術部、北海道支店、中堅・成長企業ファイナンスグループにて化学業、ホテル・旅館業、観光業等への企業の融資業務に従事。現在は地域企画部にてスタジアム・アリーナを活かしたまちづくりやわが国スポーツ産業市場についての企画調査等を担当しているほか、スポーツ庁の会議や全国各地のスタジアム・アリーナ整備構想に有識者や企画メンバーとして参画している。早稲田大学スポーツビジネス研究所招聘研究員。

佐藤 仁司氏
公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)
クラブライセンス事務局 スタジアム推進役

1957年東京都世田谷区生まれ。
1980年、三菱自動車工業株式会社に入社。三菱サッカー部チーム付き審判員、主務兼運営委員を経てプロ化準備業務を担当。1992年から2005年11月まで、浦和レッズで運営部長、広報部長を歴任。
2005年12月より、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に於いて、技術・アカデミー、イレブンミリオンプロジェクトを担当し、2009年6月よりスタジアム担当。公益財団法人日本サッカー協会 施設委員および殿堂委員