試合運営について(運営部長 山西博文)

 昨年は新型コロナウィルスによる未曾有の影響下にも関わらず、サンフレッチェ広島「ファミリー」の皆さまには、ホームゲーム時にエディオンスタジアム広島へ足をお運びいただき、さらに試合以外の場面でもクラウドファンディングなど多大なご支援を賜りました。改めて心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

 また、ホームゲームにお越しいただいた皆さまには、新型コロナウィルス感染防止対策のためにさまざまな制限を強いての試合開催となり、ご来場・ご観戦の際には大変なお手間とご不便をお掛けいたしました。皆様のご理解とご協力、重ねて御礼申し上げます。

Jリーグ・Jクラブのコロナ禍での試合開催対応について

 2020明治安田生命J1リーグ(以降J1リーグ)並びに2020JリーグYBCルヴァンカップ(以降YBC杯)は、開幕直後の2月26日(水)、YBC杯グループステージ第2戦から新型コロナウィルス感染症拡大の影響により約4カ月間という長期の中断となりました。

 これまでに経験したことのない先行きの見えないコロナ禍において、Jリーグ・Jクラブは試合再開に際し、「全日程を開催すること」「1人でも多くのお客様を安心・安全にお迎えして試合をおこなうこと」が最重要の命題であると考えて準備して参りました。Jリーグでは公式試合の全日程が消化できない場合も想定して「リーグ規約・規程」を見直し、大会を成立させることを第一優先に、各クラブが様々な制限や制約を受け入れ、リーグ全体がひとつになったことで、何とか全日程を開催、乗り切ることができました。(2020年12月20日にJリーグ、2021年1月4日にカップ戦の全日程を終了)

 中断直後からこれまで、JリーグはNBP(一般社団法人日本野球機構)、日本の感染症学会の専門家の方々と共に2週間に1度「Jリーグ・NBP・専門家コロナ対策連絡議会」を定期的に開催し(2020年12月末までに22回)、感染対策に関する専門家の意見と政府の見解を基に作成した『Jリーグ新型コロナウィルス感染症対策ガイドライン』に従って、各クラブの選手・スタッフのみならず試合運営に関わるすべての関係者が感染防止対策を行って参りました。

ホームゲーム試合運営について

 弊クラブは7月8日(水)大分トリニータ戦から、リモートマッチ(無観客試合)での再開となりました。その後は全国の感染状況と、政府の見解・方針に沿って示された『Jリーグ新型コロナウィルス感染症対策ガイドライン』を遵守し、J1リーグ戦ホーム17試合を開催・運営して参りました。

参考

サンフレッチェ広島 2020年全試合数:合計36試合 
【ホーム動員総数:77,271人 平均:4,829人】
  • J1リーグ戦34試合 8位/18チーム
  • YBC杯戦2試合 グループステージ敗退

 試合運営については、このコロナ禍が1日も早く終息し、平常開催できることを願うばかりですが、現状の感染拡大状況からすると当面の間は期待できないのが実際のところと思われます。つきましては、今季もまずは『Jリーグ新型コロナウィルス感染症対策ガイドライン』に沿っての試合開催となりますこと、何卒ご了承ください。

 昨年、サンフレッチェ広島「ファミリー」の皆さまには感染防止対策の一環として、トップチームの吉田サッカー公園および公式戦前日のトレーニング見学中止や、スタジアムご来場時のマスク着用、入場時の検温(37.5度以上の場合は観戦をご遠慮いただく)、手指消毒、ソーシャルディスタンシング、新しい応援様式、着座位置の記録など、感染防止対策に対するご理解とご協力、誠にありがとうございました。お陰様で、スタジアムに足をお運びいただいた皆さま、および試合運営に関わるすべての関係者から1人も感染者を出すことなく2020シーズンを終了することができましたこと、改めて感謝申し上げます。

 引き続きのコロナ禍となりますが、2021シーズンは昨シーズンの経験と知見を活かし、感染防止対策を徹底しながら全日程を開催すること、1人でも多くのお客さまに安心感を持ってスタジアムへお越しいただき、試合を楽しんでいただくことが弊クラブの使命と考えております。コロナと向き合いつつ、そしていずれこの難局を乗り越えたときのために、これからも安心・安全で快適なスタジアムづくりを目指し、ホームゲームのホスピタリティ向上を図り、サンフレッチェ広島「ファミリー」の皆さまのご期待に添えるよう努力していくことに変わりはございません。スタジアムへご来場いただく皆さまには、まだまだ試合に際しての制限やお願いをさせていただくことも多くあるかと存じますが、今は未曽有のコロナ過を乗り切るため、何卒ご理解をいただけますと幸いです。

試合運営関係の特記事項

  • ①シーズンパスをお持ちのお客様の「優先入場」の再開

     2021年のシーズンパスは、すでに販売を開始しております。伴いまして、シーズンパスお持ちの方のホームゲーム「優先入場」を再開し、コロナ以前同様に【キックオフ2時間30分前】より入場可能とさせていただきます。

    • 優先入場 開門時間:キックオフ2時間30分前
    • 一般入場 開門時間:キックオフ2時間前

    ※なお、入場前のシートチェック時間は従来通り、各開門45分前からといたします。

  • ②思いやりシャトルの運行

     2020シーズンより、アストラムライン広域公園前駅からエディオンスタジアムのメインスタンド前までの区間において、お身体に障害をお持ちの方・ご高齢の方・妊婦の方・お怪我などで坂道の歩行が難しい方などを対象に無料シャトルの運行を開始いたしました。(週末開催試合にて/キックオフ3時間前から試合開始まで)大変ご好評を得ることができましたので、2021シーズンも引き続き運行をいたします。

  • ③ビジターサポーターへの対応(セキュリティ対応)

     コロナ禍での試合運営に限らず、Jリーグ規約・規程において各クラブは「ホームクラブによる公式試合の運営に関し、試合の前後および試合中において、自クラブのサポーターに秩序ある適切な態度を補助させる義務」を負っています。昨年も、ビジター席が設けられた試合ではお互いの運営担当者が事前段階から「コロナ禍における観戦ルール&マナー」など情報を共有し、自クラブサポーターへの遵守を徹底するように申し合わせを行い、試合当日も警備員と同行しての現場対応を行ってきました。

     しかしながら、昨年来広されたビジタークラブのサポーターのなかには、残念ながらその「観戦ルール&マナー」が遵守されない事象も散見されました。スタジアムでの感染リスクにつながりかねない状況もあり、サンフレッチェ広島ファミリーの皆さま、株主・パートナー企業様へもご不快な思いをさせてしまったことは、ホームクラブにとっては大きな問題と捉えております。「ビジタークラブの義務」を果たせなかった相手クラブと、一部サポーターによる問題行為について、弊クラブとしてはJリーグへも経緯を全て報告し、引き続きの指導とともにクラブ自らの変革を強く要望しております。今後もそのような事象が起きた場合には、毅然とした態度で対処して参ります。

  • ④新しい応援スタイルとスタジアム演出について

     再開後のコロナ禍での試合観戦では、感染防止のため多くの制限が定められました。なかでもスタジアムでの「応援」については、声を出しての応援やタオルマフラーを振っての応援など、平常行っていただいている応援方法のほとんどがNGとされる状況で、スタジアムの様子もコロナ前とは全く雰囲気が変わってしまいました。

     しかしながら、選手たちにとっても特に「チャント」や「声援」は大きな後押しとなっているものであり、コロナ制限下でもなんとか普段と同じように、選手たちに応援の「声」が届くなかで試合に臨むことができるよう、採用した方法のひとつが「リモート応援システム」であり、シーズン終盤の「太鼓等の鳴り物解禁」もそのための一助となればと願っての緩和でした。2021シーズンも引き続き、「コロナ制限下でも、できることで最大限、ご来場いただいた皆さまに楽しんでいただけるスタジアムの雰囲気づくり・会場演出」に力を入れてまいります。

  • ⑤エディオンスタジアム広島の改修について

     エディオンスタジアム広島は、広島市が1994年アジア大会開催のために1992年9月に建設し、稼働からすでに28年が経過しております。伴って、所管する広島市には、老朽化している箇所やJリーグおよびアジアサッカー連盟のスタジアム基準改定に合わせた改修を随時、行っていただいており、今後も必要に応じ実施されていく見込みです。今後の改修・修繕につきましても、都度ご報告させていただきます。

    参考

    • 2019年 シーズン前:
      アジアサッカー連盟のAFCチャンピオンズリーグのスタジアム規程に適合させるため、スタンドのベンチシート部分を背もたれ付きの個席へ換装する工事を行いました。
      メインスタンド側 約6,000席、バックスタンド側 中央約5,000席、合計約11,000席を確保し、同年のAFCチャンピオンズリーグ戦を無事に戦うことができました。
    • 2020年 3月末まで:
      Jリーグのクラブライセンス(J1スタジアム基準)に合わせて、和式の割合が高かった個室トイレの洋式化工事が完了しております。
      【改修前】(174室)
      洋式:30室(男子:8室、女子:22室) 和式:144室(男子:28室、女子:116室)
      【改修後】(168室)
      洋式:148室(男子:28室、女子:120室) 和式:20室(男子:8室、女子:12室)

 以上、2021年サポーターズカンファレンスにおける試合運営に関する回答とさせていただきます。

 なお、来る2月27日(土)のホーム開幕戦に向け、試合運営・観戦に関わる情報は改めて弊クラブホームページなどで随時お知らせして参ります。今シーズンも引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

テーマ5 広報について