2021‐22 Yogibo WEリーグ 第5節

試合開始日時
2021年10月10日(日)  14:03キックオフ 
試合会場
NACK5スタジアム大宮
天気・気温
曇のち晴、弱風 、気温28.2℃ 、湿度47.0%
入場者数
1,526人
芝状況
全面良芝
主審
宮崎真理
副審
草処和江 、 桐原純子
第4の審判
中本早紀
試合終了
5

大宮アルディージャVENTUS

Away

4-1

3前半1
1後半0
18

サンフレッチェ広島レジーナ

ゲームレポート

10'井上 綾香
30'有吉 佐織
42'井上 綾香
70'井上 綾香
得点 38'川島 はるな
5 シュート 12
8 GK 0
1 CK 7
3 直接FK 4
3 間接FK 3
3 オフサイド 3
0 PK 0
監督
岡本 武行 中村 伸
スターティングメンバー
GK 1 望月 ありさ
GK 1 木稲 瑠那
DF 2 坂井 優紀
DF 18 松原 志歩
DF 5 乗松 瑠華
DF 6 左山 桃子
DF 4 長嶋 洸
DF 4 中村 楓
DF 3 鮫島 彩
DF 5 木﨑 あおい
MF 8 上辻 佑実
MF 23 柳瀬 楓菜
MF 24 源間 葉月
MF 15 小川 愛
MF 6 有吉 佐織
MF 7 川島 はるな
MF 13 仲田 歩夢
FW 26 立花 葉
FW 9 井上 綾香
FW 9 上野 真実
FW 27 髙橋 美夕紀
FW 11 中嶋 淑乃
控え
GK 21 スタンボー 華
GK 31 福元 美穂
DF 20 日野 李保
DF 2 松原 優菜
DF 19 村社 汐理
MF 10 近賀 ゆかり
MF 25 村上 真帆
MF 19 齋原 みず稀
MF 7 山崎 円美
MF 14 山口 千尋
MF 11 小島 ひかる
FW 20 島袋 奈美恵
FW 28 カトラー グレイス エリン
FW 13 谷口 木乃実
交代
65' 鮫島 彩 → 村上 真帆
46' 松原 志歩 → 松原 優菜
65' 有吉 佐織 → 村社 汐理
46' 立花 葉 → 谷口 木乃実
76' 仲田 歩夢 → 山崎 円美
63' 柳瀬 楓菜 → 近賀 ゆかり
76' 髙橋 美夕紀 → カトラー グレイス エリン
76' 川島 はるな → 島袋 奈美恵
90'+2 井上 綾香 → 小島 ひかる
警告
退場

試合前情報

photo
本日のスターティングイレブンです!

photo
ただいま、ウォーミングアップ中です!

photo
選手を乗せたバスがスタジアムに到着しました!

photo
「NACK5スタジアム大宮」のロッカールームです。

photo
本日はアウェイの大宮アルディージャVENTUS戦です! 敵地での難しい戦いが予想されますが、チーム全員の力で勝利を目指しますので、熱い後押しをよろしくお願いします!

中村伸監督 ハーフタイムコメント

・もっとテンポをあげていこう
・最後のところを丁寧に
・後半もみんなで点を取りにいこう

GAME PHOTO REPORT

photo
photo

photo
photo

photo
photo

photo
photo

photo
photo

photo
photo

photo
photo

photo
photo

中村伸監督 試合後コメント

非常に残念な結果。各自がしっかりと意図をもちゲームに入ってくれた。入りとしては悪くなかった。
安易な失点をし、少し余裕がなくなってしまった。最後のところは継続して取り組んできている部分だが、
崩す形の数とクオリティをもう少し合わせていかなければいけない。
ただ、中央から崩して得点することができ、今までにない形でゴールを奪えた。
難しい状況の中での戦いとなったが、最後まで1つ返そうという姿勢を見せ続けてくれたことは次に繋がる。
そこは失ってはいけないという話を今選手たちとしてきた。その部分を含め継続して高い意識を持って取り組んでいきたい。

ーーー内容と結果がかみあっていない、大きくずれた試合。安易な失点、なぜそうなったかという要因と、修正ポイントは

相手のストロングは共有し、ゲームに臨んだが、最初の失点で、前にかかる重心が、後ろ重たくしてしまった。
そこで後手を踏む状態を前半つくってしまい、守備の部分が上手くはまらなかったのが原因だと思う。
ハーフタイムには選手たちに、負けている状況もあり、リスクを負ってでも攻撃をしようと伝えた。
そこは後半、プレーで示してくれ、ゲームの中で修正できたのは良かった。
ただ、時間帯も含め、押し込む状況が多かった中で、特に4点目、あのような形で失点するのは、ゲームをさらに難しくする。
こういう展開だからこそ、隙を作らないよう、さらに高めていきたい。

ーーーラストの部分の精度、守備も含めて個人の判断のところの課題について

ハーフタイムに選手に話をしたのは、攻撃の部分でも、ひとつ間が出来てしまうところ。何をするのかを含めて、ワンテンポ自分で時間を作る部分を省くこと。
守備の部分では、どちらのボールか一瞬足が止まってしまうところ、そこを踏み込んで表現すること。
その判断を間違って入れ替わったとしても、チームとしてカバーしてくれる仲間がいる。
思い切って自分の判断を信じて決断していこうと話をした。今後もその部分を高めてやっていかないといけない。

ーーー課題山積、次の相手浦和戦に向けて

積み上げてきた部分をゲームの中でどれだけトライし続けれるか。
今日の試合でも、継続していかなければならない部分、高めていかなければならない部分がある。
その高めた部分をゲームで表現したい。
守備の部分はひとつのミスや、失い方で押し込まれ、流れが変わるので、そこは突き詰めて次に挑みたい。