MAZDA Be a driver(9月中旬に更新予定)
  • 三共ディスプレイ 広島県信用組合 キャリアカレッジジャパン
  • 広島県信用組合 キャリアカレッジジャパン セールスフォース
  • キャリアカレッジジャパン セールスフォース 三共ディスプレイ
  • セールスフォース 三共ディスプレイ 広島県信用組合

LAST UPDATE:2018/02/16

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎キャンプ8日目

昨日、疲労を考慮して急きょチームトレーニングは休みとなり、
それぞれリラックスした束の間の時間を過ごした選手たち。
心と体をしっかり休めて迎えた宮崎キャンプ8日目の本日は、
午前練習のみのトレーニングで汗を流しました。

この日の練習で城福監督が強調していたのは、攻撃時の“テンポ”でした。
一昨日(2月14日)のトレーニングマッチ・ファジアーノ岡山戦の1本目では
リズムの良いパスワークが鳴りを潜めたこともあってか、
今日は練習中から指揮官の「テンポ」という声が連発。
池田誠剛フィジカルコーチの下、時間をかけてウォーミングアップを行い、
その後の6対6(フリーマン二人)のパスゲームから城福監督の指導が始まりました。

「それぐらいのテンポで回そう!」
「(パスを)動かしながら考えろ!」
「テンポが上がらないとサッカーにならないぞ!」
「テンポは他のチームより一個上に行きたい。そこにチャレンジしよう!」

プレーする選手たちへ、指揮官はそんな言葉を常に投げかけ続け、
それに呼応するように選手たちも質の高いボールポゼッションにチャレンジ。
良いプレー、連係が見られた際には城福監督の「そうだ!」という声が響くなど、
“人もボールも動く”スタイルの習得作業が続きました。

その後に行われたフルコートの紅白戦でも、攻撃の連係を入念に確認。
「勇気を持って!」
「あれぐらいのテンポでいきたいね」
スピーディーなパスワークで相手を攻略するべく、
今日はパスサッカーの質を追求する一日となりました。

9日間の宮崎キャンプもいよいよ明日で最終日。
チームは宮崎産業経営大学とのトレーニングマッチを行ってキャンプを打ち上げ、
2月18日(日)のプレシーズンマッチvs.レノファ山口戦へ向かいます。
まずは明日の最終日までチームとして取り組んできたことをしっかりと積み上げ、
宮崎キャンプを締めくくりたいと思います!
ページのTOPへ