NEWS

2021/10/25
サッカースタジアム等整備事業の基本設計公開について

本日、サンフレッチェ広島(以下、当社)の新たなホームスタジアムとして計画されている、2024年開業予定の新サッカースタジアムの基本設計が完成し、広島市のホームページに公開されました。
広島の新たなシンボルとなるスタジアムパークが、多世代かつ多様な人々で365日賑わうことにより、広島市中心部活性化の起爆剤となるよう、当社は引き続き広島市、県、広島商工会議所等と協力して本事業を推進して参ります。

詳細は、広島市のホームページ内<都市整備局スタジアム建設部>ページをご覧ください。
https://www.city.hiroshima.lg.jp/soshiki/345/248315.html

2021/10/15
「サッカースタジアム建設寄附募集」の進捗と御礼について(2021年9月末現在)

サンフレッチェ広島(以下、当社)は、「サッカー事業を通じて、夢と感動を共有し、地域に貢献すること」をクラブ理念に掲げ、設立以来、日本一の育成・普及型クラブをめざして事業を展開しております。
また、当社は2024年開業予定のスタジアムパークが365日にぎわうスタジアムパークとなるよう、その実現に向けて広島市、県、広島商工会議所等と協力して計画を推進しております。

2019年10月1日から募集しております「ふるさと納税制度」を用いた『サッカースタジアム建設寄附募集(個人)』が、2021年9月末時点で、6,215件、303,427,337円 のご賛同、お申し出をいただきました。(※1)これも新サッカースタジアム建設へのご賛同、ご期待の大きさを示すものと、改めて、感謝申し上げます。

サッカースタジアム、そしてPark-PFIで整備される広場側の事業者も決まり、スタジアムと商業施設を内包する新たな都市公園が一体となった『スタジアムパーク』は、2024年開業予定です。

当クラブは、今後も継続して、より多くの方々からのご賛同を得られるように、広島市に全面的に協力し、サッカースタジアム建設に向けた寄附募集活動に注力してまいります。
現在、ホームゲーム試合会場(エディオンスタジアム広島)では、機運醸成を目的とした『スタジアムパークPRブース』を設置しております。(※2)
本ブースでは、公募パースパネル・1/500スケールの模型展示、および募金箱の設置を行っており、多くの皆さまからのご寄附やお声がけを賜っております。
引き続き、お一人でも多くの方のご理解とご賛同をいただき、お力を賜りますようお願い申し上げます。

※1:上記の件数及び金額は申出状況であり、入金済の件数、金額ではございません。
※2:V-POINTやエディオンスタジアム等での現金による寄付(募金)については、税控除及び特典等(記念カード、内覧会への招待、芳名板(ネームプレート)の掲出、ふるさと納税の返礼品)を受けることはできません。十分にご注意ください。

■ふるさと納税制度を用いた寄附募集について

現在、広島市が主体となり、ふるさと納税制度を用いた寄附募集を行っております。
集まった寄附金は、市の設置する「サッカースタジアム建設基金」に全額積み立てられます。
詳細につきましては、広島市・サッカースタジアム建設寄附募集ページへおすすみください。
https://www.city.hiroshima.lg.jp/soshiki/345/40036.html

サッカースタジアム建設に向けた寄附受付中 2024年3月29日まで(予定)

2021/09/17
スポーツ庁が進めるスポーツオープンイノベーション事業『INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD』への参画について

サンフレッチェ広島(以下、当社)は、「サッカー事業を通じて、夢と感動を共有し、地域に貢献」 をクラブ理念に掲げ、設立以来、日本一の育成・普及型クラブをめざして、事業を推進しております。
また、当社はこれまで、スタジアムパークプロジェクトの一環として、2024年開業予定のスタジアムパークが365日にぎわうスタジアムパークとなるよう、都心部の活性化推進に着目し、「サンフレッチェコイン」の実証実験や、広島市中心部の商店街の方々が開催するDXを活用した街歩きゲームイベントに参画するなど、都心エリアでのネットワークづくりを推進してまいりました。

このたび、当社はさらに新たな取り組みとして、スポーツ庁が取り組む「令和3年度スポーツ産業の成長促進事業『スポーツオープンイノベーション推進事業(地域版SOIP(※)の先進事例形成)』」に参画いたします。当事業を通じて、地域と共に新たな価値提供を目指すとともに、スポーツを通じて地方創生、地域活性化に取り組んでまいります。

※SOIP:スポーツの価値が社会に貢献する新たな財・サービスの創出を促進する場や仕組み。スポーツ庁は、SOIPを推進することで、スポーツ界と他産業界が連携することで新たなサービスが創出される社会の実現を目指す。

INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD CHUGOKU

INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILDについて
https://eiicon.net/about/innovation-league-sportsbb2021/

日本最大級のオープンイノベーションプラットフォームAUBA(アウバ)を運営するeiicon company(所在地:東京都港区青山)がスポーツ庁より受託運営する「INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD」は、推進するスポーツの力とあらゆる産業の共創で、地域の社会課題を解決しながら、新たなビジネス・価値の創出を目指すプロジェクト。

各地域のスポーツチーム/団体が地域で抱えている社会課題やテーマに基づき、課題の解決並びに新規ビジネスの創出・共創に取り組んで頂けるパートナー企業と事業アイディアを広く募集。
エントリーいただいた事業アイディアの中から書類選考で選ばれたパートナー企業は、地場企業や団体、全国のサポーター企業、スポーツビジネス・各業界に精通したメンターの協力のもと、スポーツチーム/団体と共にBUSINESS BUILD(スポーツクラブと企業のマッチングイベント)でディスカッション・ビジネスプランのブラッシュアップを実施し、共創ビジネスアイデアの社会実装・事業化を目指すことになります。

■中国地域募集ページ

中国地域は、中国経済産業局と伊藤忠ファッションシステム株式会社が運営事務局を務める、「ちゅうごく5県プロスポーツネットワーク」(プロスポーツを核としたビジネス面における連携ネットワーク。通称、スポコラファイブ)の連携事業として募集を開始致します。本中国地域からは、サンフレッチェ広島、広島ドラゴンフライズ、レノファ山口の3チームが事業参画します。

https://eiicon.net/about/innovation-league-sportsbb2021-chugoku/
応募締切:2021年10月29日(水)
※応募資格等の詳細につきましては、上記URLよりご確認の上お申し込みください。

当社は、『新スタジアムから拡がる新たな地域連携』を募集テーマとし、以下の課題解決を募集しております。
①地域から巻き込んだ、新たなエンターテイメント
②スタジアムから始まる街づくり
③ファンのエンゲージメントを高めるソリューション

■応募に関するお問い合わせ先

eiicon company広報
電話番号:03-6370-8360(代表)
メールアドレス:pr@eiicon.net

2021/09/02
新サッカースタジアム 広場側の公募設置等予定者が決定しました!

サンフレッチェ広島(以下、当社)は、「サッカー事業を通じて、夢と感動を共有し、地域に貢献すること」をクラブ理念に掲げ、設立以来、日本一の育成・普及型クラブをめざして事業を展開しております。
また、当社は2024年開業予定のスタジアムパークが365日にぎわうスタジアムパークとなるよう、その実現に向けて広島市、県、広島商工会議所等と協力して計画を推進しております。
31日、「第5回広島市サッカースタジアム等整備事業者選定審議会」が開催され、新サッカースタジアム東側に整備される中央公園広場エリア等整備・管理運営事業(Park-PFI事業)のプレゼンテーションが行われました。
その審議結果が答申され、事業主体である広島市より、下記のとおり公募設置等予定者が選定されました。

■公募設置等予定者

代表者 構成員 :エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社

構成員 :株式会社RCC文化センター、株式会社エディオン、NTTアーバンバリューサポート株式会社、株式会社NTTファシリティーズ、大成建設株式会社 中国支店、株式会社中国新聞社、日本工営株式会社、広島電鉄株式会社、株式会社UID

https://www.city.hiroshima.lg.jp/soshiki/345/241687.html
※公募設置等予定者の提案イメージ図になります。今後、設計などにより、内容が変更となる場合があります。

広場側の整備事業(Park-PFI事業)の公募設置等予定者が選定されたことにより、世界に誇れるサッカースタジアムと、青空と広大な芝生広場を満喫できる憩いの空間を中心とした「スタジアムパーク」の実現にまた一歩近づきました。
引き続き皆様のご理解ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

2021/08/30
第5回広島市サッカースタジアム等整備事業者選定審議会のライブ配信(YouTube)について

8月31日(火)に開催する第5回選定審議会で、新サッカースタジアムの東側に整備される中央公園広場エリア等整備・管理運営事業(Park-PFI事業)の公募に参加する各事業者によるプレゼンテーションが行われます。
この模様は、広島市公式YouTubeチャンネルでライブ配信されます。

詳細は、広島市のホームページをご覧ください。
https://www.city.hiroshima.lg.jp/soshiki/345/240965.html

※ライブ配信は、8月31日(火)8:55~12:00の予定です。

2021/07/21
サッカースタジアム本体の外観及び広場のデザイン一部変更について

サッカースタジアム本体の外観の一部と広場デザインの一部がブラッシュアップされ、イメージパース(修正後)が公開されました。年間220万人以上を集客する、365日賑わうスタジアムパークの2024年開園に向けて、プロジェクトが具体的にまた一歩前進しました。

詳細は、広島市のホームページ内<都市整備局スタジアム建設部>広島市サッカースタジアム整備等事業者選定審議会の審議状況のページをご覧ください。
https://www.city.hiroshima.lg.jp/soshiki/345/190669.html

※赤着色部はPark-PFI 事業の提案区域

2021/04/30
サンフレッチェ HIROSHIMA スタジアムパーク PROJECT スタジアムパークイメージ動画 
第3弾 公開のお知らせ 公募提案バージョン『WING of HOPES HIROSHIMA PEACE STADIUM 編』

サンフレッチェ広島(以下、当社)は、「サッカー事業を通じて、夢と感動を共有し、地域に貢献」 をクラブ理念に掲げ、設立以来、日本一の育成・普及型クラブをめざして、事業を推進しております。また当社は、年間220万人以上を集客する、365日賑わうスタジアムパーク実現に向けて、広く県民・市民に向けた情報発信を強化することにより、更なる機運の醸成を図っていくことを目的として、「HIROSHIMA スタジアムパーク PROJECT」に取り組んでおります。

優先交渉権者に選定された「大成・フジタ・広成・東畑・EDI・復建・あい・シーケィ共同企業体」(以下、優先交渉権者)の公募提案イメージパースを、4月16日と23日に当社公式サイトに公開したところ、ファンやサポーターの皆さんはもちろん、多くの県民、市民の方々から、「完成が楽しみでなりません」「建設されたら、試合日はもちろん、普段も絶対に行ってみたい」「広島の『まち』が変わりますね!」などの高い評価やポジティブな感想・ご意見を多くお寄せいただいております。当社といたしましても、スタジアムパークへの期待の高まりを実感しております。

このたび、当社は更に一層の機運の醸成を目的に、独自で第3弾イメージ動画を作成し、当社公式サイトに公開いたします。このイメージ動画第3弾は、既に公開済みの第1弾・第2弾動画と共通した世界観で、優先交渉権者の公募提案資料に基づいて、当社が独自にイメージし、制作したものです。
世代や国をこえて、人々が集い、楽しみ、歓喜し、憩う、まちなかスタジアム。それは日本で初めての都心交流型スタジアムパークとして、サッカースタジアムと公園がひとつになってさまざまな施設や多目的な機能を融合させる、新しい感動共有拠点です。サッカーの夢と熱狂、緑と水のやすらぎ、そして街のにぎわいが色とりどりの笑顔を咲かせ、広島のまちに新たな魅力が加わります。
広く多くの皆さまに、広島の「まち」を元気にする「スタジアムパーク」の具体的なイメージを膨らませていただければ幸いです。

尚、上記に記述のとおり、このイメージ動画は、優先交渉権者の公募提案時の資料をもとに、当社が独自で作成したものであり、実際の計画とは異なり、今後、変更の可能性があります。現在及びスタジアムパーク完成時の、中央公園広場とは異なる箇所があることにご留意ください。

■イメージ動画第3弾公開スケジュール

・4月30日(金)13:00
スタジアムパークイメージ動画第3弾 公募提案バージョン
「WING of HOPES HIROSHIMA PEACE STADIUM 編」
※優先交渉権者の公募提案時の資料をもとに、サンフレッチェが独自に作成したものであり、実際の計画とは異なります。現在及びスタジアムパーク完成時の、中央公園広場とは異なる箇所があります。

■「HIROSHIMA スタジアムパーク PROJECT」公式サイト

【スタジアムパーク 公式サイト トップページURL】
https://www.sanfrecce.co.jp/stadiumpark/
※「スタジアムパーク 公式サイト トップページ」のメニューボタンから、「GALLERY ページ」へ遷移してください。

【スタジアムパーク 公式サイト GALLERYページURL】
https://www.sanfrecce.co.jp/stadiumpark/gallery/

【留意事項】
今回公開する第3弾イメージ動画は、優先交渉権者の公募提案時の資料をもとに、サンフレッチェが独自に作成したものであり、実際の計画とは異なります。現在及びスタジアムパーク完成時の、中央公園広場とは異なる箇所があります。

■お問い合わせ

株式会社サンフレッチェ広島 広報部
TEL(082)259-3220(代表)
営業時間 9:00~18:00(土・日・祝・試合の翌月曜日は休業)

2021/04/23
サンフレッチェ HIROSHIMA スタジアムパーク PROJECT スタジアムパーク 公募イメージパース 第2弾公開のお知らせ

サンフレッチェ広島(以下、当社)は、「サッカー事業を通じて、夢と感動を共有し、地域に貢献」 をクラブ理念に掲げ、設立以来、日本一の育成・普及型クラブをめざして、事業を推進しております。また当社は、年間220万人以上を集客する、365日賑わうスタジアムパーク実現に向けて、広く県民・市民に向けた情報発信を強化することにより、さらに一層の機運の醸成を図っていくことを目的として、「HIROSHIMA スタジアムパーク PROJECT」に取り組んでおります。

当社は、2024年のスタジアムパーク開業に向けて、さらに一層の機運の醸成を図っていくことを目的として、ファン・サポーター、県民・市民の方々、県内外のすべての皆様に向けた情報発信の強化に取り組んでおり、その一環として4月16日(金)より、優先交渉権者に選定された「大成・フジタ・広成・東畑・EDI・復建・あい・シーケィ共同企業体」(以下、同共同企業体)が作成したイメージパースを、当社スタジアムパークプロジェクト公式HPに、公開しております。

この度、第2弾公開として、本日(4月23日・金)、主にスタジアムの内部の様子を中心に、21枚のイメージパースを公開いたします。広く皆さまに、広島の「まち」を元気にする「スタジアムパーク」の具体的なイメージを膨らませていただければ幸いです。

尚、これらのイメージパースは、同企業体の公募提案時のものであり、今後、変更の可能性があります。 また、4月30日(金)に公開を予定しているイメージCG動画は、同企業体の公募提案時の資料をもとに、当社が独自で作成するものであり、実際の計画とは異なります。今後、変更の可能性があり、現在及びスタジアムパーク完成時の、中央公園広場とは異なる箇所があります。

■イメージパース、イメージCG動画

公開スケジュール
・4月16日(金)13:00【公開済】
外観パース+鳥瞰パース 14枚(HP上に既公開分3枚を含む)
※これらのイメージパースは、優先交渉権者の公募提案時のものであり、今後、変更の可能性があります。
・4月23日(金)13:00【本日公開】
※これらのイメージパースは、優先交渉権者の公募提案時のものであり、今後、変更の可能性があります。
内観パース+鳥瞰パース 24枚
・4月30日(金)13:00【公開予定】
イメージCG動画

※優先交渉権者の公募提案時の資料をもとに、サンフレッチェが独自に作成したものであり、実際の計画とは異なります。現在及びスタジアムパーク完成時の、中央公園広場とは異なる箇所があります。

■「HIROSHIMA スタジアムパーク PROJECT」公式サイト

【スタジアムパーク 公式サイト トップページURL】
https://www.sanfrecce.co.jp/stadiumpark/
※「スタジアムパーク 公式サイト トップページ」のメニューボタンから、「GALLERY ページ」へ遷移してください。

【スタジアムパーク 公式サイト GALLERYページURL】
https://www.sanfrecce.co.jp/stadiumpark/gallery/

【留意事項】
これらのイメージパース、イメージCG動画は、サッカースタジアム等整備事業公募時のプランであり、今後の基本設計・実施設計により変更の可能性があります。

■お問い合わせ

株式会社サンフレッチェ広島 広報部
TEL(082)259-3220(代表)
営業時間 9:00~18:00(土・日・祝・試合の翌月曜日は休業)

2021/04/16
サンフレッチェ HIROSHIMA スタジアムパーク PROJECT スタジアムパーク イメージパース・イメージCG動画 追加公開のお知らせ

サンフレッチェ広島(以下、当社)は、「サッカー事業を通じて、夢と感動を共有し、地域に貢献」 をクラブ理念に掲げ、設立以来、日本一の育成・普及型クラブをめざして、事業を推進しております。また当社は、年間220万人以上を集客する、365日賑わうスタジアムパーク実現に向けて、広く県民・市民に向けた情報発信を強化することにより、さらに一層の機運の醸成を図っていくことを目的として、「HIROSHIMA スタジアムパーク PROJECT」に取り組んでおります。

去る3月31日、「大成・フジタ・広成・東畑・EDI・復建・あい・シーケィ共同企業体」(以下、同共同企業体)が優先交渉権者に選定されました。このことにより、スタジアムパークは2024年の開場に向けて、大きな一歩を踏み出すことができました。選定に関わっていただいた全ての皆様に心より感謝申し上げます。

さて、当社は、2024年のスタジアムパーク開業に向けて、さらに一層の機運の醸成を図っていくことを目的として、ファン・サポーター、県民・市民の方々、県内外のすべての関係者に向けた情報発信の強化に取り組んでおります。この度、当社は、優先交渉権者に選定された同共同企業体が作成したイメージパースやイメージCG動画を、当社スタジアムパークプロジェクト公式HPに、本日から公開いたします。広く皆さまに、広島の「まち」を元気にする「スタジアムパーク」の具体的なイメージを膨らませていただければ幸いです。

なお、今回公開するイメージパースは、広島市公式YouTubeチャンネルで配信された、第2回「広島市サッカースタジアム整備等事業者選定審議会」の事業者プレゼンテーション部分で既に配信されたものを含んでおります。また、これらのイメージパース、イメージCG動画は、サッカースタジアム等整備事業公募時のプランであり、今後の基本設計・実施設計により変更の可能性があります。

■イメージパース、イメージCG動画

公開スケジュール
・4月16日(金)13:00
外観パース+鳥瞰パース 14枚(HP上に既公開分3枚を含む)
・4月23日(金)13:00
内観パース+鳥瞰パース 23枚
・4月30日(金)13:00
イメージCG動画

■「HIROSHIMA スタジアムパーク PROJECT」公式サイト

【スタジアムパーク 公式サイト トップページURL】
https://www.sanfrecce.co.jp/stadiumpark/
※「スタジアムパーク 公式サイト トップページ」のメニューボタンから、「GALLERY ページ」へ遷移してください。

【スタジアムパーク 公式サイト GALLERYページURL】
https://www.sanfrecce.co.jp/stadiumpark/gallery/

【留意事項】
これらのイメージパース、イメージCG動画は、サッカースタジアム等整備事業公募時のプランであり、今後の基本設計・実施設計により変更の可能性があります。

■お問い合わせ

株式会社サンフレッチェ広島 広報部
TEL(082)259-3220(代表)
営業時間 9:00~18:00(土・日・祝・試合の翌月曜日は休業)

2021/04/14
サンフレッチェ全面協力!マチナカを紫に染めよう!DXを活用したマチナカイベント『IN TOWN WALK』開催について

サンフレッチェ広島(以下、当社)は、「サッカー事業を通じて、夢と感動を共有し、地域に貢献」 をクラブ理念に掲げ、設立以来、日本一の育成・普及型クラブをめざして、事業を推進しております。
当社は従前よりDXを活用した都心エリアの活性化に着目しており、スタジアムパークプロジェクトの一環として、「サンフレッチェコイン」の実証実験に取り組んでまいりました。
このたび、当社はDXによる都心部活性化推進の観点から、「サンフレッチェコイン」の取り組みとは別に、広島市中心部の商店街の方々が開催する「街歩きゲームイベント『IN TOWN WALK 一歩が積み上げる 私の健康と“新しいマチナカ”』」に、協力企業として参加いたします。
なお、当イベントは、広島県サンドボックス事業を活用して実施されます。

街歩きゲームイベント『IN TOWN WALK 一歩が積み上げる私の健康と新しいマチナカ』

■イベント主旨

今回のゲームイベントは、『位置情報』を活用することで、三密回避をしながら、ヒロシマ マチナカの魅力をゲーム参加者に知ってもらうことに加え、3年後のスタジアムパークオープンを見据えて弊社もコラボレーションさせていただき、街の新たな魅力創出イベントとして企画されました。
また、フラワーフェスティバルのフィールドと広島市中心部の商店街エリアを融合するとともに、弊社も全面協力させて頂き、それぞれがコロナ禍で『つながり』をDX(デジタルトランスフォーメーション)で強化するチャレンジ企画として実施します。
なお、今回のイベントでは、マチナカにおける新たなユーザーエクスペリエンス(顧客体験)の提供に加え、イベントの客観的データの入手・分析も行い、エリアの価値向上や発展に繋げる取り組みの第一歩としても位置づけられております。

■イベント実施期間 ※期間内時間に関係なくいつでもご参加いただけます。

①ゲームイベント:4月24日(土)~5月5日(水・祝)
※景品の引き換えは3日(月)~5日(水)間ですが、イベントは9日(日)までお楽しみ頂けます。
②フォトコンテスト: 4月24日(土)~5月9日(日)

■イベント内容

本イベントは、デジタルヘルスケアを目的とした歩行アプリ『ビットにゃんたーず』を活用して開催されます。アプリ内に設けられた広島市中心部のスポットを実際に歩き回り、到達すると確率で出てくるサンフレッチェ広島の選手コレクション(デジタルカード)のコンプリートを目指します。集めたコレクション数の段階に応じた景品をもらえます!

≪参加手順≫

①アプリ『ビットにゃんたーず』をダウンロードしよう!
開催期間に合わせて出てくるアプリ内のイベントバナーからご参加ください!

②アプリ内に設けられたスポットを回ってサンフレッチェ選手たちのコレクションを集めよう!※歩きスマホにご注意ください!
コレクションは、プロチームに所属する27選手、城福浩監督、森﨑和幸C.R.M、森﨑浩司アンバサダー、サンチェ、フレッチェの計32個です。

③集めたコレクションの数で、もらえる景品が豪華になります!※一部抽選有
景品の引き換えは、5月3日(月)~5日(水)アリスガーデンで各日11:00~17:00に行われます。
(景品の引き換えは3日(月)~5日(水)間ですが、イベントは9日(日)までお楽しみいただけます。)

併せて、本イベントをさらに楽しんでいただくためのフォトコンテストも4月24日(土)~5月9日(日)に開催されます!
本イベントに参加しながら、マチナカで『買った・食べた・楽しんだ』、マチナカで見つけた『サンフレッチェ・紫』、ひろしまフラワーフェスティバルに関する花の写真を、#マチナカウォーク#サンフレウォーク#FFそれでも花は咲くのハッシュタグと共に投稿しよう!
Instagram公式ページのフォローもぜひよろしくお願いします♪

詳細は、イベント掲載ホームページをご覧ください。→ https://www.cocoro-to.com/itw

■お問い合わせ先

IN TOWN WALK実行委員会:奥村 sf@amatou-hachinoki.com
〒730-0035 広島市中区本通1-6 ミタキヤビル4階

2021/04/12
「中央公園広場エリア等整備・管理運営事業」の事業者公募開始のお知らせ。

4月12日(月)より、広島市の「中央公園広場エリア等整備・管理運営事業(Park-PFI)」の事業者公募が開始されます。3月31日に優先交渉権者が決まったスタジアムDB事業に続いて、広場側の整備計画もスタートします。2024年のスタジアムパーク開業に向けて、プロジェクトは、また大きな一歩を踏み出しました。

公募開始日:2021年4月12日(月)

公募資料について:公募資料のうち、公募等指針及び別冊資料が広島市のホームページに掲載されます。その他の資料については、受領を希望される事業者に電子メールにより提供されます。提供方法については、広島市のホームページをご確認ください。

今後の予定:「広島市サッカースタジアム等整備事業者選定審議会」が、事業者からの提案内容を審査・選定されます。開催は、2021年8月下旬を予定。

2021/03/31
新サッカースタジアム優先交渉権者が決定しました!スタジアムイメージを公開中!!

サンフレッチェ広島(以下、当社)は、「サッカー事業を通じて、夢と感動を共有し、地域に貢献」をクラブ理念に掲げ、設立以来、日本一の育成・普及型クラブをめざして事業を展開しております。また、現在、当社は、2024年開業予定の、年間220万人を集客する、365日にぎわうスタジアムパーク実現に向けて、広島市、県、広島商工会議所等と協力して計画を推進しております。さて本日、「広島市サッカースタジアム整備等事業者選定審議会」から審議結果が答申され、それにともない、事業主体である広島市により、下記のとおり、優先交渉権者が選定されました。

■優先交渉権者

C共同企業体:大成・フジタ・広成・東畑・EDI・復建・あい・シーケィ共同企業体

代表者 構成員:大成建設株式会社 中国支店

構成員 :株式会社フジタ 広島支店、広成建設株式会社、株式会社東畑建築事務所 広島支所、 株式会社環境デザイン研究所、復建調査設計株式会社 広島支社、株式会社あい設計、株式会社シーケィ・テック

DB事業の優先交渉権者が選定されたことにより、2024年のスタジアムパーク開業に向け、プロジェクトは新たなフェーズに入ります。引き続き、当社は広島市、県、商工会議所等と協力して、広島市の都心部に位置する中央公園広場に、世界に誇れるサッカースタジアムと、青空と広大な芝生広場を満喫できる憩いの空間を中心とした「スタジアムパーク」の実現をめざしてまいります。

■イメージパースの公開

優先交渉権者に選定された共同企業体(代表企業:大成建設株式会社)が作成したイメージパースを、当社スタジアムパークプロジェクト公式サイトにて公開します。
https://www.sanfrecce.co.jp/stadiumpark/library/

■代表取締役会長 久保允誉 メッセージ

この度の優先交渉権者の選定により、スタジアムパークは2024年の開場に向けて、大きな一歩を踏み出すことができました。選定に関わっていただいた全ての皆様に心より感謝申し上げます。

全国で初となる「まちなかスタジアム」は、観戦時にはサッカーの真の魅力を体験していただき、スタジアム内には様々な施設を設けることで、中央公園一帯をプラザ(公共の広場)として、多くの人々が365日集うことができます。その結果、平和公園からスタジアムや広島城に向けての人の流れができ、シャレオや本通りなども含めて一帯に活気が生まれるものと考えます。今後も、当社はサッカースタジアムの主たる利用者として、広島市、県、広島商工会議所等と協力し、サンフレッチェを愛し応援していただいている皆さんや、全てのサッカーファン、広く県民・市民に喜んでもらえる方法・施設をしっかりと提案していきたいと思います。

最後になりますが、広島市、県、広島商工会議所等を始め、スタジアム建設に協力いただいた皆様に、改めて御礼申し上げるとともに、引き続きご協力いただきます様、宜しくお願いいたします。

詳細→ LIBRARYページ

2021/02/24
まちづくりプラットフォーム『カミハチキテル-HEART OF HIROSHIMA-』への参加について

サンフレッチェ広島(以下、当社)は、「サッカー事業を通じて、夢と感動を共有し、地域に貢献」をクラブ理念に掲げ、設立以来、日本一の育成・普及型クラブをめざして、事業を推進しております。
このたび、当社は、スタジアムパークプロジェクトの一環として、紙屋町八丁堀エリアを中心に産官学24団体が参画する、まちづくりプラットフォーム 『#カミハチキテル』 への参加を決定しましたので、お知らせいたします。

■参加の理由

当社は、2024年開業予定の、年間220万人を集客する、365日にぎわうスタジアムパーク実現に向けて、広島市、広島県、商工会議所等と協力して計画を推進しております。当社が取り組むスタジアムパークプロジェクトは、広島市の都心部に位置する中央公園広場に、世界に誇れるサッカースタジアムと、青空と広大な芝生広場を満喫できる憩いの空間を中心とした「スタジアムパーク」の実現をめざすプロジェクトです。広域に多世代の人々を惹きつける魅力的な施設や機能が集積した「スタジアムパーク」の建設は、広島都心部の回遊性を高め、広島の街が「遊びに行きたい・働きたい・住みたい・暮らしたい」、いっそう魅力のある都市に発展していく契機になることをめざしています。

また、当社は「スタジアムパーク」の継続的なにぎわいの創出には、周辺団体・商業施設との緊密な連携が欠かせないものと認識しており、将来的な取り組みのひとつとして、地域活性化を目的としたサンフレッチェコインの実証実験を重ねております。昨年10月に実施した第2回実証実験では、広島市中央部商店街振興組合連合会(中振連)様と連携させていただき、それをきっかけに、中振連様が参画されている本プラットフォームを紹介いただく運びとなりました。

当社は本プラットフォームへ参加し、同じ志を持った皆さまから「まちづくり」について学ぶことで、さらに地域貢献に積極的に取り組んでまいります。

■#カミハチキテル-HEART OF HIROSHIMA-とは…

2019年に紙屋町・八丁堀エリアマネジメント実践勉強会として活動を開始したまちづくりプラットフォーム。将来ビジョン実現のためのファーストアクションとして、広島市のメインストリートである相生通りにおける公共空間活用社会実験「カミハチキテル※1- URBAN TRANSIT BAY -」※2(令和2年3月~4月)を実施。 2020年5月に現在の「カミハチキテル-HEART OF HIROSHIMA-」として改組し、国土交通省「官民連携まちなか再生推進事業」の採択を受ける。現在、カミハチエリアの将来ビジョンを策定中。 広島の企業を中心に産官学24団体が参画している。

※1 紙屋町・八丁堀地区を一体的に表現した「カミハチ」。そして、そのカミハチに「来てる(もうそこに居る)」し、カミハチって「キテルよね(いい感じだよね)」という意味を込めて命名
※2 広島都心のメインストリートである相生通りを「車を捌く道」から「歩行者が憩い、出会いが起こる道」へ転換を図るべく、バスベイなどの車道、民地内空地、民地再開発を待つ遊休地を転用し、ひとの居場所を創出する公共空間社会実験を行い、2020年度グッドデザイン賞を受賞
https://kiteru.site/urban-transit-bay/

■カミハチキテル-HEART OF HIROSHIMA- 代表 若狭利康様 コメント

江戸時代から広島の商業の中心地であった本通・八丁堀地区と、1974年に広島バスセンタービルにそごう広島店と広島センター街が開店して以来、急成長した紙屋町・基町地区は、ライバルとして広島の商業を牽引してきました。しかし、市民球場の移転、相次ぐ郊外への大型商業施設出店、そして広島市の「楕円形の都心づくり」の提唱などの要因によって、ライバルの時代は終わり、お互いに寄り添うまちづくりに向けて歩みはじめています。

今から大きく変貌するこのエリアにおいて、最も注目されているのが中央公園に建設される「サッカースタジアム」でしょう。広島駅地区のマツダスタジアムと、このカミハチエリアに建設予定のサッカースタジアムが揃うことによって「楕円形の都心づくり」のエンジンがいよいよ始動することになります。それぞれに集まる人たちの「回遊性」「滞在快適性」を高め、にぎわいを創出することが我々の使命だと考えています。そんな中、スタジアムの中核である「サンフレッチェ広島」さんが我々の仲間になってくださることは大変心強く思います。ぜひとも手を取り合って広島を盛り上げるためのまちづくりに、ともに邁進いたしましょう!

■ただいま、基町クレドふれあい広場にてカミハチキテル第2弾-MOTOMACHI CRED URBAN TERRACE- 実施中!

【期間】:~3月28日(日)まで ※延長の可能性あり

「ひとが居心地良く歩きやすいストリート空間(ウォーカブルな空間)」という趣旨のもと、都心の「広場」をコロナ禍で有効活用することに主眼をおいた社会実験。オープンエアーの下、ソーシャルディスタンシングをとりながら、ゆっくりと滞在や飲食ができるなど、with コロナ時代における都市の新しいスタンダードの創出を目指しています。環境負荷の少ない高級人工芝、広島県江田島市産のオリーブの樹(花言葉のひとつは “平和” )、冬の屋外でも暖をとれる「ヒートパラソル」、ベルギーのアウトドア家具ブランド「extremis(エクストレミス)」のテーブルやベンチ・パラソルの設置。さらにはコロナ禍における飲食店支援・飲食空間を創出するべく、広場内にコンテナ店舗を置き、ランチのテイクアウト販売・カフェ営業を実施中。ぜひ、足をお運びください。

詳細→ https://kiteru.site/

2021/02/19
「イメージCG動画 第2弾」を公開しました。

第2弾のイメージCG動画では、広島城を起点に広場東側や南側を巡りつつ、スタジアムパークの全体を俯瞰して見ていただくことができます。また、ナイトゲームのイメージも作成しました。

https://www.sanfrecce.co.jp/stadiumpark/concept/index.html#concept02

2021/02/17
「新サッカースタジアム建設寄附」 2020シーズンの募金の御礼と御報告

サンフレッチェ広島(以下、当社)は、2024年開業予定の、年間220万人を集客する、365日賑わうスタジアムパーク実現に向けて、広島市、広島県、商工会議所等と協力して推進しております。
2019年10月1日から募集しております「ふるさと納税制度」を用いた「サッカースタジアム建設寄附募集」には、多くの方々から寄附が寄せられており、2021年1月31日現在、5,797件、281,395,837円 のご賛同、お申し出をいただいております。これもひとえに「新サッカースタジアム」へのご賛同、ご期待の大きさを示すものと、心より感謝申し上げます。今後も継続して、より多くのご賛同を得られるように、広島市に全面的に協力し、寄附募集活動に注力して参りますので、皆さまのご理解とご賛同を賜りたく、何卒よろしくお願いいたします。
また、上記の「寄付募集」とは別に、スタジアムパークプロジェクトの一環として、当クラブのオフィシャルショップV-POINTや試合日にエディオンスタジアムに設置する寄付ブース等で、ふるさと納税制度の対象とならない無記名の募金をお受け付けしておりますが、2020シーズンの募金額を下記の通りご報告させていただきます。

【2020シーズン募金額】1,071,057円 

内訳 ホームゲーム試合会場 875,874円
V-POINT 120,275円
その他 74,908円

(2020年2月1日~2021年1月31日)

2019シーズンの募金額は、3,510,900円。
募金総額は、4,581,957円となります。

新型コロナウィルスの流行による社会的、経済的影響が深刻な中、皆さまから寄せられた募金と、時に当社社員にお声掛けくださる温かい言葉に、改めて深く御礼申し上げます。皆様からお寄せ頂いた無記名の募金につきましては、整備主体である広島市に寄附を行い、その全額が広島市の設置する「サッカースタジアム建設基金」に、積み立てられます。
当社は、今後も継続して、ふるさと納税制度を活用した「サッカースタジアム建設寄附募集」に注力するとともに、無記名の募金活動につきましては、ホームゲーム全試合で、寄附募集ブースを設置いたします。また、V-POINTでも引き続き現金による寄附(募金)をお受けしております。皆様のよりいっそうのご理解とご賛同を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

※V-POINTやエディオンスタジアム等での現金による寄付(募金)については、税控除および特典等(記念カード、内覧会への招待、芳名板(ネームプレート)の掲出、ふるさと納税の返礼品)を受けることはできません。ご注意ください。

■ふるさと納税制度を用いた寄附募集について

現在、広島市が主体となり、ふるさと納税制度を用いた寄附募集を行っております。
集まった寄附金は、市の設置する「サッカースタジアム建設基金」に全額積み立てられます。
詳細につきましては、広島市・サッカースタジアム建設寄附募集ページへおすすみください。
https://www.city.hiroshima.lg.jp/soshiki/345/40036.html

■寄附お問い合わせ先

広島市都市整備局スタジアム建設部スタジアム調整担当
Tel: 082-504-2237
Email:stadium@city.hiroshima.lg.jp

2021/01/25
第3回サッカースタジアム建設推進会議が開催されました。

第3回サッカースタジアム建設推進会議が、1月25日(月)、JMSアステールプラザで開催されました。弊社からは久保允誉代表取締役会長が出席し、スタジアムパークの整備等の取り組み状況について協議がおこなわれました。
第3回サッカースタジアム建設推進会議開催を伝える報道記事はこちらから。

日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJB252480V20C21A1000000
中国新聞 https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=721169&comment_sub_id=0&category_id=112
RCC中国放送 https://news.rcc.jp/archive.php?i=8332
TSSテレビ新広島 https://www.tss-tv.co.jp/tssnews/000008573.html
広島ホームテレビ https://www.home-tv.co.jp/news/content/?news_id=20210125087955

2021/01/21
1月21日の中国新聞にスタジアムパークについての記事が掲載されました。

1月21日(木)の中国新聞に「【空撮点検・中国地方の大型事業】<広島の新サッカースタジアム>街なか、にぎわいの核へ」と題し、スタジアムパークに関わる記事が掲載されました。
記事はこちらでご覧になれます。

https://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=719689&comment_sub_id=0&category_id=1282&fbclid=IwAR2iVa-AvGwHzK9dqE7CWTTH4FRq2EXMZNq7GLBPpGHT5x6PzfAwVpUQgYM

2021/01/19
「中央公園広場エリア等整備・管理運営事業公募設置等指針(素案)」の提供開始。

広島市により、Park-PFI及び公園部の指定管理者制度への応募を検討する事業者を対象に、「中央公園広場エリア等整備・管理運営事業公募設置等指針(素案)」の提供が開始になりました。これは、事業の公募に先立ち、Park-PFI及び公園部の指定管理者制度への応募を検討する事業者に、早い段階で情報提供を行うことで、応募に向けて十分な準備を行っていただき、より良い提案がいただけるようになることを期待するものです。
資料の受取りには、所定の申請書で広島市にEメールで申請する必要があります。
申請の受付期間は、1月19日(火)~1月26日(火)です。
詳細は、広島市ホームページをご確認ください。

https://www.city.hiroshima.lg.jp/soshiki/345/202698.html?fbclid=IwAR2wDLwp-_yqUQSWJ02keW-h0DsSyrmRVqVMPzPzqynilbPyVHtLzzi-p_8

2021/01/19
広島県議会総務委員会に「中央公園広場 4者が期待する整備の方向性」が報告されました。

サッカースタジアム建設推進会議に係る関係4者(広島県、広島市、広島商工会議所、サンフレッチェ広島)は、中央公園広場におけるサッカースタジアム、広場エリアに求められる機能等について議論し、「4者が期待する整備の方向性」を取りまとめました。その内容は、1月19日に開催された広島県議会総務委員会に報告されました。
報告資料はこちら

① https://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/attachment/417395.pdf
② https://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/attachment/417396.pdf
③ https://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/attachment/417397.pdf

2021/01/15
1月15日の中国新聞にスタジアムパークについての記事が掲載されました。

1月15日(金)の中国新聞に「【サンフレQ&A】新サッカースタジアムにどう関わっていく考えですか」とのタイトルで、スタジアムパークに関わる記事が掲載されました。
当社スタジアム総合戦略推進室長の信江雅美が取材を受けました。
記事はこちらでご覧になれます。

https://www.chugoku-np.co.jp/sanfrecce/article/article.php?comment_id=718018&comment_sub_id=0&category_id=131&fbclid=IwAR2ugNOa11wfOMDkli6aO3vqEc4zrrPia_-_H47N13zHfvB9T4P0jEzILuE