2021WEリーグプレシーズンマッチ

試合開始日時
2021年05月22日(土)  13:00キックオフ 
試合会場
広島広域公園第一球技場
天気・気温
晴、弱風 、気温24.8℃ 、湿度47.0%
入場者数
1,075人
芝状況
全面良芝
主審
中本早紀
副審
萩尾麻衣子 、 朝倉みな子
第4の審判
兼松春奈
試合終了
18

サンフレッチェ広島レジーナ

Home

2-0

0前半0
2後半0
23

ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

ゲームレポート

50'山口 千尋
72'谷口 木乃実
得点
10 シュート 13
11 GK 10
6 CK 1
3 直接FK 9
0 間接FK 1
0 オフサイド 1
0 PK 0
監督
中村 伸 猿澤真治
スターティングメンバー
控え
交代
46' 内田 好美 → 松原 志歩
56' 小澤 寛 → 藤代 真帆
61' 川島 はるな → 島袋 奈美恵
56' 曽根 七海 → 鴨川 実歩
61' 山口 千尋 → 中嶋 淑乃
56' 安齋 結花 → 大澤 春香
61' 上野 真実 → 谷口 木乃実
76' 大熊 環 → 城和 怜奈
70' 立花 葉 → 近賀 ゆかり
88' 今井 裕里奈 → 石田 菜々海
88' 松原 優菜 → 左山 桃子
88' 南野 亜里沙 → 井上 千里
警告
退場

試合前情報

photo
本日のスターティングイレブンです! 応援よろしくお願いします!

photo
ウォーミングアップの様子です。

photo
選手を乗せたバスがスタジアムに到着しました。それぞれ気合い十分です!

photo
「広島広域公園第一球技場」のロッカールームです! スターティングイレブンが発表になりました!

photo
レジーナ初のホームゲーム!相手はジェフユナイテッド市原・千葉レディースです。試合が出来ることに感謝し、チーム全員の力を合わせて勝利を目指しますので、熱いご声援をよろしくお願いします!

中村伸監督 ハーフタイムコメント

・しっかりサポートしよう
・相手をみてプレーすること
・後半も全員でいこう!

GAME PHOTO REPORT

photo
photo

photo
photo

photo
photo


中村伸監督 試合後コメント

「前回の大宮戦に続き、ここまで我々が取り組んできたことを積極的にトライしようとして試合に入ったが、選手たちは思った以上に、相手のプレッシャーを感じてしまい、なかなかのびのびとしたプレーが出せなかった。あのような状況でも自分たちが何をしてきたかということだけは整理して、自信をもってやれるようにしなければいけない。だた、ハーフタイムを挟んで後半、もう1回やってきたことを思い出そうと話して試合に入ったところ、切り替えて自分たちの形を取り戻してプレーしてくれた。チームとしてスタートから出た選手、途中から出た選手がいいつながりをもってゲームをしてくれたと思う」

--2戦続けての勝利。ここまでに積み重ねてきたものは何か。
「シンプルに話すと、ボールを握ったとき、パスを出す人をしっかりとサポートし、相手の狙い目を感じながら判断をして仕掛けていこうとしていた。前半はなかなかうまくできなかったが、後半に関しては相手をはがす部分や、DFラインの背後を狙うところ、ゴールにつながるところでも、いい形でのプレーをたくさん見せてくれたことはよかった。守備では、チームのために今、何をすべきかを考えながらハードワークし、自主的にやっていこうとしたが、前半はうまくいかないなかでも表現してくれた。後半も最後まで切れることなくやってくれたと思う」

--小川選手のプレーについて。
「彼女はトレーニングでもっと難しいシチュエーションのなかでもしっかりとプレーできている。精度、判断を含めて、まだこの先もやれることが増えてくるのではないかと練習から感じさせてくれている。だからこそ逆に言えば、特に前半はボールにからむ回数は少なく、窮屈にプレーしているように感じた。相手がフレッシュな状態でもやれるだけの力を、これから示していけると思っている。もっとやれることを増やしてもらいたいし、まだまだやれると思う。今日のゲームも含めて、期待する部分はさらに大きくなっている」

--山口選手、谷口選手が得点を決めたが、2人を含めたポジション争いは激しくなっているのでは。
「各ポジション、2~3人で競争してもらっている。中身も大事だが、今日のように結果を示してくれると、より競争のレベルがあがる。いいものを示してくれたので、今後もやってくれるのではないかと思う」

--近賀選手のプレーについて。
「復帰してトレーニングできる時間が増え、今はフルメニューをこなしてくれている。本人の感覚とこちらが要求する感覚の部分で、少しおいついてきていないところもあったが、きちんと理解して取り組んでくれている。トレーニングの強度も上がり、自信をもってプレーできるところまできてくれたので、最後は試合に絡んでもらった。存在感を示してくれたので、彼女のポジションもこれから競争になってくると思う」

--ここまでのチームの仕上がりをどのようにみているか。
「仕上がりについては、まだそれほど考えてはいない。(チームを)0から立ち上げたばかりで、自分たちがどういう形で攻撃をするか、どういう形で守備をするか、まずはベースをつくっているところ。引き出しの中身を作り始めている段階で、まだそう多くない引き出しからプレーしている状況だと思っている」

--ホームでの勝利は、今後にとっても大きいのでは。
「自分たちがどんなサッカーをしようとしているのか見てもらおうと試合に入った中で結果が伴い、彼女たちもやってきたことに自信をもてる部分はあると思う。まだ先の話になるが、リーグ戦が始まれば結果を求めるゲームばかり。そういう意味では、2試合続けてこれまでやってきたことをたくさんトライできたのは自信になると思う。結果に対してもこだわって取り組んでくれたので、これからも続けていきたい」