10.2 14:00

WEリーグ 第4節 vs. アルビレックス新潟レディース
HOME広島広域公園第一球技場

試合終了

サンフレッチェ広島レジーナ S広島R
1
1
アルビレックス新潟レディース 新潟L
1
前半
1
0
後半
0
  • 前半21分
    道上彩花

試合前情報

photo 本日のスターティングイレブンです! photo 選手がピッチに登場しました! photo チームバスがスタジアム到着しました! photo 本日のロッカールームです。 photo 本日はホーム・アルビレックス新潟レディース戦!WEリーグホーム初勝利を目指し戦います。熱い後押しをよろしくお願いします!

監督 ハーフタイムコメント

・ハッキリしたプレーをしよう
・奪った後のボールを丁寧に
・全員で繋がりをもってプレーしよう

ゲームレポート

監督 試合後コメント

ゲームの入り、相手のプレッシャーのやじるしを感じることが出来ず、リズムをつくることができなかった。
しかし、飲水タイムで「相手の出方を見てサッカーをしよう」と話をした後は、それを意識して取り組んでくれ、
いい時間帯に同点に追いつくことができたのは、彼女たちの力だと思う。
試合を通して、押し込む形を沢山つくれたが、その後のゴールを決めきる形をもっと増やしていくことが課題。
少し余裕がなかった部分、余裕を持たしてあげることが出来なった部分があるので、継続して取り組んでいく。

ーーー立ち上がり決して悪い入りではなかった、ビルドアップのところのミスが多く、相手を呼び込んでしまうという場面がみられた。
こちら、次に向けての改善は。

より相手の出方をみて、選択肢を増やしていけるか。一つしかないと、相手の圧力もよりかかっていくる。
その圧力を分散する為には、選択肢をもつことが必要になってくる。そこを高めてやっていく必要がある。

ーーー得点シーンも左サイドから生まれた。木﨑選手を起点にした攻撃が上手くいったことについて。

チームを立ち上げてからも、トレーニングを通して、良い連携を見せてくれていた。
何より選択肢を持ってプレーしてくれているので、相手はやりにくいと思う。
自分達の形をもった中でベストなチョイスをしてくれる強みは、これからも高めてやっていきたい。

ーーー最年少柳瀬選手のプレーの成長について。

立ち上がり、少し硬かったが、ゲームに馴染んでからは、選択肢を持ちプレーしてくれた。
試合を重ねるごとに、やれることを増やしてくれる印象。
ただ、この先、彼女がもっと成長するには、どれだけ形を増やしていけるか、質を高めていけるかだと思う。

ーーー次の大宮戦に向けて
勝ちにいきます。

ーーー上野選手が得点を決めましたが、ベレーザ戦ではシュートも放てず前半で交代した。
彼女の今日の活躍、これから彼女に期待することは。

チームの中で得点を奪うところ、自覚とプレーで表現することを彼女には求めている。
そこだけではなく、守備の部分、作りの部分でもっと関わりを増やして欲しい。

ーーー今日の苦しい場面での得点、追加点もとれそうな場面もあった。上野選手の存在について。

あのワンチャンスを決めれる部分はさすがだと思う。
しっかり起点になるところ、チャンスメイクしていた部分もあるので、
もっと貪欲に彼女には要求していきたいと思う。

試合情報をシェア!