10.16 11:00

WEリーグ 第6節 vs. 三菱重工浦和レッズレディース
AWAY浦和駒場スタジアム

試合終了

三菱重工浦和レッズレディース 浦和
1
2
サンフレッチェ広島レジーナ S広島R
  • 前半39分
    菅澤優衣香
1
前半
1
0
後半
1
  • 前半14分
    谷口木乃実
  • 後半45+4分
    齋原みず稀

試合前情報

photo 本日のスターティングイレブンです。 photo ウォーミングアップ中の選手の様子です。 photo チームバスがスタジアムに到着しました! photo 本日のロッカールームです。リーグ戦初スタメンの谷口木乃実選手のユニフォームです! photo 本日アウェイゲーム!相手は三菱重工浦和レッズレディースです。皆さまの応援がチームの力になります!応援よろしくお願いいたします。

監督 ハーフタイムコメント

・奪った後のプレーを大切にしよう
・守備のスイッチの共有、続けていこう
・後半もっとギアを上げていこう

ゲームレポート

監督 試合後コメント

今日のゲームに関しては、ここ数試合、ゲーム内容と結果がマッチしていない試合が続いていた。結果に拘ってゲームに挑んだ。
試合に向けて、チーム全体で緊張感のある質の高い練習をしてくれていた。今日ピッチに立った選手はそこをしっかり表現してくれた。

ーーー劇的な展開。齋原選手を途中起用した理由

練習で、自分のストロング、チームとしてやるべき部分を少しづつ出してくれていた。
最近の練習で自分のやれることを表現してくれていた。今日のような展開の中で、間で受けた場合、彼女の強みが出るのではないかと思っていた。
最後のシュートも彼女の高い能力。その能力に期待してピッチに送り出した。こちらの期待にしっかり応え、よくやってくれた。

ーーー谷口選手を右サイドに置き、ダブルボランチに。谷口選手のプレーについて

谷口選手も途中からの出場が多かったが、練習や練習試合でも、彼女のストロングを出し続けてくれていた。
今こそ、最初からトライさせてあげるべきタイミングと思い、スタートから起用した。
よくやってくれたと思う。

ーーー前節、大宮戦での課題の守備がきちんと修正されていた。守備について

ピッチの中でしっかり表現してくれた。プレシーズンマッチの時を振り返ると、プレシーズンマッチの時の方が守備がよくできていた。
最近はその出来ていた守備プラスアルファを選手と共有していた。その為、少し迷いがでたプレーになっていた。
今日はまず、やれていたこをしっかりやろうと伝え、それを表現した上で、エラーがでたら、それはみんなでカバーしようということを選手と話をし、試合に挑んだ。

ーーー最後にひと言

今日の試合、最後に得点をしたのが齋原選手というのはチームにとって大きなこと。
練習の中で、今日来ていないメンバーにも、試合に出ていたメンバーを上回るようなパフォーマンスをしてくれていたので、
彼女たちに対しても良い刺激になると思う。これが我々レジーナだという風に、みんなで自信を持って前に進んでいける。
チームにとって大きな勝利になった。

試合情報をシェア!