10.31 13:00

WEリーグ 第7節 vs. ノジマステラ神奈川相模原
HOME広島広域公園第一球技場

試合終了

サンフレッチェ広島レジーナ S広島R
0
0
ノジマステラ神奈川相模原 N相模原
0
前半
0
0
後半
0

試合前情報

photo 本日のスターティングメンバーです! photo 選手がピッチに登場。まもなくキックオフです。 photo チームバスがスタジアムに到着しました! photo 本日のロッカールームです! photo 本日はホーム・ノジマステラ神奈川相模原戦!

監督 ハーフタイムコメント

・守備は誰がいくのか、はっきりしよう
・点を取りにいこう
・しっかりハードワークしよう

ゲームレポート

監督 試合後コメント

相手はここまで3失点しかしていない。チーム全体で90分ハードワークができる相手と分かっていた。自分たちがボールを動かしながら、相手の出方を見極めて仕掛けていこうということを試合前に話していた。
もう一歩のところまで押し込む形はできたが、ゴールを奪いきるところまで繋げることができなかった。

ーーーボールは握れたが、あと一歩というところ。中央を固めた守備について
「相手は、前からくることもあれば、誘い込む部分を使い分けてきた。相手が仕掛けれくればテンポをあげ、仕掛けてこなければ、持ち出すことを途中から選手が使い分けてくれたので、ボールを動かすことはできた。しかし、その先が大事。いい状態で前の選手へ繋がりを作り、スイッチを共有できればスムーズな仕掛けに繋がると思う。そこは、これから継続して取り組む。」

ーーー齋原選手のクロスの対応について
「クロスに対してあのボジションまではいってくれるようになった。トレーニングを積んであの形でも得点がとれるように一緒に成長していきたい。

ーーークロスボールの質はとてもよい。入ってくる枚数やボジションについて
「見方が突破し、チャンスの瞬間に動き出せるような形を増やしていかないといけない。サイドの選手も良いクロスをあげていたが、バリエーションを増やしていけると相手に対し脅威になる。そこはトレーニングで増やしていく。」

ーーー守備について
「守備の部分は前節浦和戦の厳しいゲームのなか、やれることを増やしてくれた。今日も集中を切らさず、準備してくれ、良いトライをしてくれた。」

ーーーホームの勝利への焦りについて
「力が入っていたかもしれない。スタジアムに来てくださっている方や、DAZNを通して応援してくださっている方の為にも勝ち点3を届ける。選手にそこは強く求めてゲームにはいった。だからこそ、硬くなった部分もあるかもしれない。最後の最後まで勝ち点3を目指してピッチで表現してくれた。次こそホームで喜びを皆さまと共感したい。

試合情報をシェア!