育成組織 理念

サッカーを通じて豊かな人間性を育み、社会人としての基礎を築く。

市民・県民に親しまれ、愛される「日本一の育成型クラブ」を目指します。

サッカー事業を通じて、夢と感動を共有し、地域に貢献します
育成イメージ

ユース育成にかける想い

サンフレッチェ広島F.C管理強化本部アカデミー部

日本一の「育成・普及型」クラブ サンフレッチェ広島ユース

サンフレッチェ広島F.C がユースで全寮制を敷いたのは、Jリーグクラブの先駆けでした。

サッカー”を”教えるのではなく、サッカー”で”教える。
サッカーを大事にするためにサッカーをやってない時間を充実させることで、ピッチ上でもいいパフォーマンスができると我々は考えています。

プロ選手を目指していても、サッカーをする時間は毎日1時間半から2時間程度で、それ以外の時間が長い。一日の中でサッカーだけ一生懸命やっておけばプロになれる、社会人として自立した人間になれる、ということはありません。
サンフレッチェ広島ではこの「サッカー以外の部分」を重視しています。

ユース選手が通う吉田高校では、他の生徒と同じようにしっかり勉強してもらいます。サッカー優先ではありません。
サッカー以外の部分にも、サッカー“で”アプローチしていきます。

寮という集団生活の中での規律と仲間意識

寮生活では、規律の中で生活して、仲間とのコミュニケーションを育くみ、学んでいきます。
練習が終わると、監督やコーチも寮で一緒に食事をし、風呂に入り、選手たちと信頼関係を築いています。
練習や試合だけを見たら、熱く厳しいコーチ陣ですが、ONとOFFはハッキリしています。厳しい指導も信頼関係があるからこそ。選手にとって、コーチ達はいい兄貴分です。

ユースを卒業してすぐプロになれる選手は限られています。
そのため、選手の進路指導もしっかりと行います。大学を経由して、クラブに戻ってくる選手もいます。

我々はサッカーのプロ組織です。1人でも多くのプロを育てるというミッションがありますが、まずは1人の社会人として自立でき、豊かな人間性をもった人材に育てるというアプローチで育成活動を行っているのです。

選手を15、16歳の頃からお預かりしているということは、ご両親にとっては大決断だと思います。
ユースで寮をもっているクラブは増えてきており、他クラブと比べて環境に差があるのは仕方がないですが、サンフレッチェ広島の環境や取り組みは、責任を持ってお預かりした選手が大手を振って巣立っていけるものであると自負しています。

これまでの活躍

優勝3

Jユースカップ

優勝9

高円宮杯

優勝3

クラブユース選手権

2018年 第42回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会:3位
高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2018 WEST:優勝
高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2018 ファイナル:優勝
2017年 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグWEST:準優勝
2017Jユースカップ第25回Jリーグユース選手権大会:3位
2016年 高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグWEST 優勝
高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 チャンピオンシップ 準優勝
2016Jユースカップ 第24回Jリーグユース選手権大会 準優勝
2013年 第37回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 準優勝
2013Jユースカップ 第21回Jリーグユース選手権大会 準優勝
2012年 第36回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 3位
高円宮杯U-18サッカーリーグ2012 プレミアリーグWEST 優勝
高円宮杯U-18サッカーリーグ2012 チャンピオンシップ 優勝
2012Jユースカップ 第20回Jリーグユース選手権大会 3位
2011年 高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグWEST 優勝
高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 チャンピオンシップ 優勝
2011Jユースカップ 第19回Jリーグユース選手権大会 3位
2010年 高円宮杯第21回全日本ユースサッカー選手権(U-18)大会 優勝
2009年 高円宮杯第20回全日本ユースサッカー選手権(U-18)大会 3位
第17回Jリーグユース選手権大会(2009Jユースサンスタートニックカップ) 準優勝
2007年 第31回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 3位
高円宮杯第18回全日本ユースサッカー選手権(U-18)大会 準優勝
2006年 第14回Jユースカップ2006Jユース選手権大会 優勝
2005年 高円宮杯第16回全日本ユースサッカー選手権(U-18)大会 第3位
2004年 第28回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 優勝
高円宮杯第15回全日本ユースサッカー選手権(U-18)大会 優勝
第12回Jユースカップ2004Jユース選手権大会 準優勝
2003年 第27回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 優勝
高円宮杯第14回全日本ユースサッカー選手権(U-18)大会 3位
第83回天皇杯全日本サッカー選手権大会 出場
第11回Jユースカップ2003Jユース選手権大会 優勝
2002年 第82回天皇杯全日本サッカー選手権大会 出場
第10回Jユースカップ2002Jユース選手権大会 準優勝
2001年 高円宮杯全日本ユース選手権大会 第3位
第25回日本クラブユース選手権(U-18)大会 第3位
1997年 第5回Jユースカップ 準優勝
1996年 第4回Jユースカップ 3位
1995年 第3回Jユースカップ 優勝

ユースの日程・結果

サンフレッチェ広島で活躍する アカデミー出身選手

  • 4 DF
    荒木 隼人
    (ユース)
  • 23 FW
    鮎川 峻
    (ユース)
  • 24 MF
    東 俊希
    (ユース)
  • 25 MF
    茶島 雄介
    (ジュニア→ジュニアユース→ユース)
  • 26 MF
    土肥 航大
    (ユース)
  • 38 GK
    大迫 敬介
    (ユース)
  • 41 MF
    長沼 洋一
    (ユース)

サンフレッチェ広島スタッフとして活躍する アカデミー出身選手

  • C.R.M.
    森﨑 和幸
  • アンバサダー
    森﨑 浩司
  • アカデミーコーチ
    平繁 龍一
  • アカデミーコーチ
    原 裕太郎

現役プレーヤーとして活躍するアカデミー出身選手

  • 駒野友一(今治)
  • 高萩洋次郎(FC東京)、高柳一誠(沖縄SV)、森脇良太(京都)
  • 槙野智章(浦和)、柏木陽介(岐阜)、森重真人(FC東京)
  • 遊佐克美(福島)、金山隼樹(岡山)、藤澤典隆(沖縄SV)
  • 横竹翔(高知)、内田健太(愛媛)
  • 井林章(清水)、岡本知剛(熊本)
  • 茶島雄介、中山雄登(群馬)、大崎淳矢(富山)
  • 宗近慧(YS横浜)
  • 大野哲煥(岐阜)、川森有真(鈴鹿)、増谷幸祐(岡山)
  • 脇本晃成(盛岡)
  • 野津田岳人(甲府)、大谷真史(新宿)、前川黛也(神戸)、塚川孝輝(川崎F)
  • 川辺駿(スイス・グラスホッパー)、宮原和也(名古屋)、大谷尚輝(愛媛)、高橋壮也(アメリカ・オークランド・ルーツ)、浜下瑛(徳島)
  • 荒木隼人
  • 長沼洋一、加藤陸次樹(C大阪)、糸原紘史郎(鳥取)
  • イヨハ・理・ヘンリー(鹿児島)、山根永遠(水戸)
  • 大迫敬介、川村拓夢(愛媛)、川井歩(山口)
  • 東俊希、松本大弥(大宮)、大堀亮之介(ラトビア・BFCダウガフピルス)
  • 土肥航大鮎川峻

練習場

ユースチームの練習場は、安芸高田市にある吉田サッカー公園です。

〒731-0543
広島県安芸高田市吉田町西浦187-1

吉田サッカー公園の詳細