• 社長通信

サンフレッチェ広島レジーナが記念すべき開幕戦に勝利

 社長の仙田です。

 サンフレッチェ広島レジーナが、WEリーグ開幕初戦を勝利で飾りました。
 サンフレッチェ・ファミリーの皆様の応援に心より感謝申し上げます。

 中村伸監督が、ここまでのチームによくぞ育ててくれました。

 ゼロからのスタートだったチームが初めて顔合わせしたのは、今年の2月15日です。
 監督就任をお願いした時の中村監督の気持ちを考えると、
 「自分しかいない」と受け止めて頂いたとはいえ、不安があり、その後は焦燥もあったと思います。

 中村監督は、かつて選手時代にベガルタ仙台でプレーを共にし、
 当時のサンフレッチェ広島の監督だった森保一さんに誘われて、
 2014年にサンフレッチェ広島のトップチームのコーチに就任しました。

 2015年の歓喜の優勝から一転、2017年には降格の危機を体験しました。
 そして、2018年には、城福監督を支えるヘッドコーチに就任します。

 レジーナ初戦は、城福監督の目指す「繋ぐサッカー」を見るようでした。

 中村監督は、男子チームで培った試合運びと躍動感を、女子のチームにそのまま持ち込んで、
 サンフレッチェらしさを存分に発揮したと感じました。


 そういえば、私どものスタッフが感激したのは、中村監督が城福監督と同様にスーツを着て指揮を執ったことでした。