• チーム

鹿児島キャンプ6日目

ようやく太陽の日差しが降り注いだ鹿児島キャンプ6日目。
南国・鹿児島らしい気持ちの良い気候の中で今日は午後練習に臨みました。

午前はオフだったからこそ、中身はハードなメニューが待っていました。
まず最初に取り組んだのは、選手を5つのグループに分けた走り込みです。
グループごとに走る距離や本数を変えて行われた素走りは、300mを走る選手たちは8本で200mは10本。
スタッフがタイムを計測しているため、選手たちは一切手を抜くことができません。
見ているだけでもキツそうな厳しい走り込みを、選手たちは歯を食いしばりながら、そして時には声を張り上げて仲間を盛り上げながら、1本ずつ着々と消化していきました。

そして、この日はこれだけでは終わりません。
その後の締めに行われたのは、ハーフコートを使った攻撃のコンビネーション練習です。
スタッフ陣がDF役となって取り組んだこのトレーニングでは、チームとしての攻撃のイメージを全員で共有。
「ポケットを使うこと!」
「いいクロスを上げるためにやり直すこと!」
城福監督がこの二つを強調していたように、チームとして狙うスペースを体に染み込ませ、そしてサイドでは何回も何回も攻撃をやり直して相手DFを攻略していきます。
サイドで攻撃が詰まってしまえば、「勇気をもってやり直す。それを楽しむ!」。
そう指揮官の声が飛んでいたように、サイドを崩していくコンビネーションプレーの精度を高めるためにじっくりと時間をかけて取り組みました。

「フィジカルの上げ方は通常より1週間早く進められている。今後は戦術的なところや試合での技術も取り入れていきたい」と城福監督。
1年間を戦い抜く下地作りは順調に進んでおり、ここからは体力作りに加えて、より細かな戦術練習にも突入していきます。
11日間の鹿児島キャンプは半分を過ぎて残り5日。
残りも1日1日を全力で駆け抜けていきます!

photo