• スタジアムパーク

「サッカースタジアム建設寄附募集」の進捗と御礼について(2021年9月末現在)

 サンフレッチェ広島(以下、当社)は、「サッカー事業を通じて、夢と感動を共有し、地域に貢献すること」をクラブ理念に掲げ、設立以来、日本一の育成・普及型クラブをめざして事業を展開しております。
 また、当社は2024年開業予定のスタジアムパークが365日にぎわうスタジアムパークとなるよう、その実現に向けて広島市、県、広島商工会議所等と協力して計画を推進しております。

 2019年10月1日から募集しております「ふるさと納税制度」を用いた『サッカースタジアム建設寄附募集(個人)』が、2021年9月末時点で、6,215件、303,427,337円 のご賛同、お申し出をいただきました。(※1)これも新サッカースタジアム建設へのご賛同、ご期待の大きさを示すものと、改めて、感謝申し上げます。

 サッカースタジアム、そしてPark-PFIで整備される広場側の事業者も決まり、スタジアムと商業施設を内包する新たな都市公園が一体となった『スタジアムパーク』は、2024年開業予定です。

 当クラブは、今後も継続して、より多くの方々からのご賛同を得られるように、広島市に全面的に協力し、サッカースタジアム建設に向けた寄附募集活動に注力してまいります。
 現在、ホームゲーム試合会場(エディオンスタジアム広島)では、機運醸成を目的とした『スタジアムパークPRブース』を設置しております。(※2)
 本ブースでは、公募パースパネル・1/500スケールの模型展示、および募金箱の設置を行っており、多くの皆さまからのご寄附やお声がけを賜っております。
 引き続き、お一人でも多くの方のご理解とご賛同をいただき、お力を賜りますようお願い申し上げます。

※1:上記の件数及び金額は申出状況であり、入金済の件数、金額ではございません。
※2:V-POINTやエディオンスタジアム等での現金による寄付(募金)については、税控除及び特典等(記念カード、内覧会への招待、芳名板(ネームプレート)の掲出、ふるさと納税の返礼品)を受けることはできません。十分にご注意ください。

■ふるさと納税制度を用いた寄附募集について
現在、広島市が主体となり、ふるさと納税制度を用いた寄附募集を行っております。
集まった寄附金は、市の設置する「サッカースタジアム建設基金」に全額積み立てられます。
詳細につきましては、広島市・サッカースタジアム建設寄附募集ページへおすすみください。
https://www.city.hiroshima.lg.jp/soshiki/345/40036.html

photo