• チーム

宮崎キャンプ5日目

空が雲に覆われ少し肌寒い天気となった5日目の本日、宮崎キャンプ初の2部練習を敢行。
午前、午後ともに1時間半弱のトレーニングに取り組みました。

午前の練習前にサンフレッチェ広島後援会の皆さまに激励してもらい、加藤義明会長からは「今年のスローガンである積攻の言葉のとおり、積極的に攻めてほしい。(今年のリーグが始まることを)非常に楽しみにしています」と励ましの言葉をいただきました。

その後の午前練習では、攻撃陣と守備陣が二手に分かれてのファンクション練習がメイン。
4対2のボール回しなどで体を温めた後は、攻撃陣はクロスからのシュート。守備陣はクロスボールの対応及びミドルシュートの練習となりました。
攻撃では、1度目のクロスが跳ね返された後も、2度目、3度目と波状攻撃を繰り出すように、実際の試合と同じシチュエーションでトレーニングは進行。
「(攻撃の)イメージ合わせて!」「良いアイデア!」などと城福監督の声が響く中、約30分間の時間を割き、意識統一を図っていきました。

そして午後は7対2、6対3、6対6と人数に変化をつけながらボール回しに取り組んだ後、ピッチの縦の長さを約60mと、プレッシャーがかかる状態をあえて作り出した状況で11対11の紅白戦を実施。
「アタッキングサードの部分(の崩し)を意識したい」と指揮官が紅白戦の意図を示したように、得点力アップに向けて相手が密集するエリアでもテンポよくボールを回し、幅も使いつつチームで崩していく形に取り組みました。

現在は「(2月5日の)FCソウル戦までは少し負荷をかけながらトレーニングしていきたい」(城福監督)と言うように練習試合も意識した上でコンディショニングを上げ、戦術の浸透も進めています。
1月30日から始まった宮崎キャンプも明日で早くも折り返し。タイトル獲得というチーム目標を達成する為に、今後も1日1日を大切に取り組んでいきます!

photo