• チーム

鹿児島キャンプ9日目

チームが鹿児島入りしてから一番と言えるほど暖かな陽気となったキャンプ9日目。
日々、ハードに体を追い込んできたこともあり、昨日に続いて午前練習をオフにし、午後のみのトレーニングとなりました。

今日はいよいよ実戦を意識した練習内容となりました。
明日に今季初の対外試合となる宮崎産業経営大学とのトレーニングマッチが組まれていることもあり、「実戦に近い準備をし、試合を意識して明日を迎えたかった」(城福監督)。
その言葉どおり、ウォーミングアップの後は11対11の紅白戦を実施しましたが、今日は流れのままにプレーさせるのではなく、指揮官がワンプレーごとに区切りながら細かく指示。
「簡単にやらせるな!」
「今ぐらいの意識を持って!」
そんな城福監督の言葉が飛ぶ中で、スローインやFK時の守備のポジショニングを入念に確認するなど、約15分間の紅白戦は明日のゲームを意識した内容となりました。
「(一昨日の)紅白戦で出た課題をみんなが修正してくれている」と指揮官。
昨日の夜にチーム全員でミーティングを行って頭の中を整理し、今日の紅白戦では課題を意識してピッチで取り組んでいく。
全員がバラバラにプレーするのではなく、戦うイメージを共有しながら、しっかりとチーム力を高めています。

明日のトレーニングマッチに向けて城福監督は「上がってきたコンディションをどう生かすか。それを見せてもらいたい。今までやってきたことを試合の入りからできれば」と1次キャンプの総決算として選手に期待しています。
これまでの厳しいトレーニングで選手には当然ながら疲労はありますが、その中でいかにチームのためにプレーし、自分の存在をアピールしていくか。
今後のレギュラー争いにもつながってくる重要な一戦です!!

photo