• チーム

宮崎キャンプ3日目

朝から雨が降り続ける悪天候に見舞われた本日。
始動日となったキャンプ初日からハードにトレーニングに励んでいたこともあり、この日は午前練習のみとなりました。

もっとも、その午前練習は今年のキャンプの大きな特長である“実戦”がメインとなりました。
10時にピッチに表れた選手たちは、試合時と同じようなウォーミングアップメニューを消化していくと、その後に待っていたのはフルコートでの紅白戦。
例年に比べると、始動日から3日目で紅白戦を実施するのは異例の早さ。
もちろん、広島で始動する予定がズレこんだのはありますが、翌日にロアッソ熊本とのトレーニングマッチが控えていることもあり、「明日は予定どおり熊本と練習試合をやる。(フルコートでの試合が)初めてという状況は避けたかった」(城福浩監督)。
紅白戦は約14分×2本。
メンバーは主力とサブに関係なくシャッフルしたメンバー構成となり、指揮官の言う「新たなチャレンジ」の戦術を選手たちは実戦の場で確認しながら白熱の戦いを繰り広げました。

紅白戦を終えて城福監督は「(昨日はコートを縮めた紅白戦で)ポジショニングのズレが失点につながった。今日は守備を含めてフルコートで確認できたのは良かった」。
昨日は主に攻撃に重点を置いてのゲームとなりましたが、今日は初めてのフルサイズのコートで守備のポジショニングを入念に確認。
監督の指示だけでなく、ハーフタイムには選手同士で積極的にコミュニケーションを取って戦術のすり合わせをする姿も見られるなど、連係を高めました。

いよいよ明日は今季初となる熊本との対外試合。
試合となれば当然ながら勝負にもこだわっていきますが、「トライすること、今年チャレンジしていることを少しでも出せればと思っている」(城福監督)と2021年のスタイルを作っていく第一歩となります。
現状でどんな戦いを披露することができるのか楽しみなゲームです!

photo